HOMEおすすめ特集 > イベントレポート! 行ってきました。

イベントレポート! 行ってきました。 イベントレポート! 行ってきました。

お祭りやイベントの様子を隊員たちがレポート!

 

< 過去の記事はこちら >

2017/06/08

「ヒラメフェスティバル」に行ってきました!

%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88image

6月3日(土)、岩船港直売所で開催された「ヒラメフェスティバル」へ行ってきました!

ヒラメといえば、刺し身や寿司では欠くことのできない高級魚の一つ。
岩船港でも、4~6月にかけて型のいいヒラメが水揚げされています。
今回のイベントでは、岩船港支所 技術改良研究会 青年部による「活け越し神経締め」の実演もあり、開始早々から多くの人出でにぎわっていました。

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e3%81%99%e3%82%8b%e4%ba%ba

活け越し神経締めの解説をするのは、青年部の渡辺さん。

%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1

今から締められるヒラメたち、座布団のような大きさです。
水槽に数日放すことで、リラックスした状態(活け越し)になっています。

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%b7%a0%e3%82%811

水槽から揚げたら即殺!!!

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%b7%a0%e3%82%812

エラの付け根に刃先を入れて

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%b7%a0%e3%82%813

血抜きをします。その後、神経締め(肝心の写真がありません。スミマセン)を施して保冷。
活け越し神経締めは、普通処理(野締め)に比べ、鮮度が長持ちし、ヒラメ自体のうま味もUPするとのこと。
岩船港支所 技術改良研究会 青年部では、活け越し神経締めのヒラメを「越後岩船 白皇鮃(はくおうひらめ)」*と名付けてブランド化し、全国に売り出していくべく活動しています。
※商標登録出願中

%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%81%ae%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%b7%a0%e3%82%81

イベント当日は、活け越し神経締めのヒラメのさく取り等も安く販売していました。

%e4%b8%a6%e3%81%b6%e4%ba%ba

実演を見学した後は、このイベントのもう一つの目玉・100食限定「ヒラメバーガー」を手に入れるべく、長い長い列に加わります。

%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4

きつね色に揚がったフライもおいしそう……。

%e5%a3%b2%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%8f%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1

そうこうしていくうちに、どんどん売れていってしまうヒラメバーガー。
整理券も配られ始め、ソワソワしてしまいます。

%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4

ハラハラしつつも、100食限定ヒラメバーガー無事に買えました!
ついでにヒラメのフライもGET! 大満足うふふ。

 

今回、使用されているヒラメは、全て活け越し神経締めを施したもの。
食べてみての感想は、身がしっかりと引き締まり食感も良く、臭みもなくて実にうまい!
ヒラメのおいしさが、また一段階上がったように感じました。

 

活け越し神経締め「越後岩船 白皇鮃(はくおうひらめ)」。
お見かけの際は、ぜひお試しください!

 

 

先頭に戻る