HOMEイベント情報 > 食品サンプル展 Fake food exhibition

イベント情報

食品サンプル展 Fake food exhibition

芸術・文化

2021年5月15日(土)~6月20日(日)

食品サンプル作家メコ☆しろsweetsの世界

思わず手を伸ばしたくなる本物そっくりな食品サンプルが大集合! 食品サンプルワークショップも実施します。
※新型コロナウイルス感染症拡大等により開催変更になる場合があります

【料金】
観覧無料

【休館日】
月曜日

【協力】
メコ☆しろsweets 藤井裕子、元祖きむらやの瀬波まんじゅう
おすすめ! 食品サンプルワークショップ

[申込方法]
作りたい食品サンプルを下記の番号(①~⑧)で選び、あかまつ荘の窓口または電話でお申し込みください。
※小学3年生以下のお子さんは保護者同伴(参加者1名につき1名)でお願いします
※5月15日(土)9:00より受付を開始します
※受付は先着順です

●パンケーキ(材料費2,500円/定員各回10名)
①6/19(土)10:00~11:00
②6/19(土)11:30~12:30

●ハンバーガー(材料費2,500円/定員各回10名)
③6/19(土)13:30~14:30
④6/19(土)15:00~16:00

●おかしのキャニスター(材料費2,000円/定員各回10名)
⑤6/20(日)10:00~11:00
⑥6/20(日)11:30~12:30

●フルーツパフェ(材料費2,500円/定員各回10名)
⑦6/20(日)13:30~14:30
⑧6/20(日)15:00~16:00

[注意事項]
●当日は汚れてもいい服装でご参加ください。
●新型コロナウイルス感染症予防対策としてマスクの着用をお願いいたします。
●材料費(表示価格は全て税込)は当日お持ちください。
●新型コロナウイルス感染症拡大等により開催変更になる場合があります。
住所 村上市瀬波温泉1-2-8 老人福祉センターあかまつ荘1F 談話室
電話番号 0254-52-6815 0254-52-6815
開催期間 2021年5月15日(土)~6月20日(日)
開催時間 9:00 ~ 16:30
アクセス(車) 日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から車で約10分
主催者 村上市老人福祉センターあかまつ荘・長岡市栃尾文化センター
大きなマップで目的地までのルートチェック

関連スポット

御蔵屋敷通り

「御蔵」とは、藩の米蔵のことである。この場所には藩の米蔵があったので、米蔵が撤去された以降も御蔵屋敷通りといわれた。 この蔵屋敷の上と下には、吉田門と小石垣門があり、両脇は堀であった。現在、堀は埋められ、土居は崩されて、当時の姿を見ることはできない。しかし、この狭い路を通ると、重要文化財 若林家住宅の裏の生け垣などがあり、武家町の小路としての雰囲気を漂わせている。 村上ロータリークラブ 2017-2018 村上小古路プロジェクト発行「村上小古路マップ」より

牢屋小路

牢屋小路という名前の通り、かつては牢屋があった。現在は加賀町まで通り抜けられるが、当時はできなかった。 牢屋は武家地にあることから藩が直接管理していた。榊原氏当時もここは牢屋であった。牢屋の先に「川原作事」とあり、人足寄場(にんそくよせば)のようなものがあったのではないかと思われる。 明治維新時代の村上絵図では、加賀町との間には堀があるが、現在は清水川であり、橋が架かっていて、かつては「なみだ橋」または「見返り橋」と呼ばれていた。 村上ロータリークラブ 2017-2018 村上小古路プロジェクト発行「村上小古路マップ」より 榊原候時代の村上城下絵図をひろげると、庄内町から加賀町の方にぬける路のところに「御材木蔵」とあり、その横の小路を入った奥に「籠屋」と書かれています。これは牢屋があったところです。どんな建物であったのかは資料が残っていないのでわかりませんが、テレビによく出る江戸は伝馬町の牢屋を小さくしたようなものだったのでしょうか。 鈴木鉀三 著『村上市歴史散歩』より抜粋

小俣宿

かつて日本の主要道であった出羽街道の宿場町として、出羽三山への参拝者など多くの人々が訪れました。明治維新では戊辰戦争の戦場となり、集落のほとんどが焼き払われましたが、その跡に再建された家々が現在も残っており、この貴重な小俣集落の町並みをつくっています。心のふるさとを感じさせてくれる趣があります。

旧マルマス醬油蔵(旧野澤豊五郎醸造醬油蔵)

明治初期からしょうゆの醸造を手掛けていましたが、平成15(2003)年に廃業。百数十年の歴史に幕を降ろしました。 現在は、蔵の大空間を利用した多目的ステージやカフェスペースとして利用されており、イベント時などに開放しています。また、平成27(2015)年7月には、映画『殿、利息でござる!』の撮影が行われました。 平成28(2016)年8月1日、塩谷集落内の野澤食品工業店舗兼主屋・野澤三次郎住宅・瀬賀惣一郎商店兼主屋と倉庫とともに国の登録有形文化財(建造物)に登録されました。

ポーラースター神林

1994年に完成したツインドームの天体観測施設です。口径35センチメートルと40センチメートルの望遠鏡が2台配置されており、素晴らしい星空の眺めと神秘的な宇宙観察をすることができます。

大川のコド漁

山北地区の勝木川や大川にも晩秋~初冬にかけ、たくさんの鮭が群れをなして帰ってきます。 なかでも、大川は昔から鮭漁が盛んに行われ、毎年鮭漁の時期を迎えると、鮭が帰ってくるのを心待ちにしていた漁師たちで川原もにぎわい、活気づきます。大川の鮭漁は、古くから伝えられている「コド漁」という漁法で行われており、この漁法は、全国的にも他に類を見ない大川独特のものです。 漁の最盛期は9~12月中旬で、時期になると大川の河口付近はコドで埋め尽くされます。

はんにむ小路

現在の北線道路北側、久保多町(くぼたまち)から片町に入る辺りから山辺里川(さべりがわ)(門前川)の堤防に通ずる小路は市道半右ェ門線であるが、小路の入り口に半右ェ門という人の家があったことから、「半右ェ門」が「はんにむ」となり、通称になったと伝えられる。 この山辺里川の河原には、罪人の打ち首を行う首切場があった。現在、この場所には供養塔が建てられている。脇にある地蔵様は「首切り地蔵」とも呼ばれる。刑を言い渡された罪人は、庄内町にあった牢屋から、市中引き回しの上、ここで刑が執行された。 村上ロータリークラブ 2017-2018 村上小古路プロジェクト発行「村上小古路マップ」より

九品仏 中品中生 肴町・保育園前

宝暦8(1758)年頃から宝暦10年頃にかけて、城下の安寧と藩主・内藤信成侯150回忌のため、城下の要所に建てられた石仏です。「九品」とは、極楽浄土の九つの階級のことで、九品仏は浄土におられる阿弥陀様の姿。上品上生から下品下生を示すのは「手の印の結び方」によります。2時間位で全部を見て回れます。

三面川中州公園(みおもてがわ なかすこうえん)

国の「ふるさとの川モデル事業」で三面川の河川敷を利用して造られた、緑豊かな公園です。多目的芝生広場やバーベキュー施設、観光茶畑などがあります。

まいづる公園

まいづる公園は、皇太子殿下・雅子妃殿下の御成婚を記念した公園であり、南東方向に舞鶴城跡をのぞみ、公園内には雅子妃殿下ゆかりの旧嵩岡家住宅のほか、旧岩間家を移築復原することにより市民の祝意を永く顕すとともに村上藩士の生活文化を展する重要な歴史文化施設としても意義深い公園です。

先頭に戻る