HOMEおすすめ特集イヨボヤ小ネタ帳 > 案内所の鮭、旅立ち2020

イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2020/03/26

案内所の鮭、旅立ち2020

%e6%94%be%e6%b5%81

2019年11月末より駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」で飼育していた鮭の稚魚が、2020年3月18日(水)に三面川へ無事放流され、元気に旅立ちました。

 

鮭の発眼卵~稚魚への成長の様子は下記をご覧ください。
発眼卵の展示はじめました。(2019年11月28日)
稚魚の模様にご注目!(2020年1月26日)

 

%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%bf

今回、放流を手伝ってくれたのは箭内寿里亜さん(写真左)と河村怜奈さん(右)の女子高生二人。当日は冷たい川風が吹く中でしたが、二人とも笑顔で、楽しそうに放流してくれました。

 

放流後の感想を聞くと「4年後、少しでも多くの鮭が戻ってきてくれればいいな」(箭内さん)、「おいしくなって帰ってきてね」(河村さん)とのこと。

 

2020%e6%94%be%e6%b5%81%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e9%ae%ad

このほど旅立った鮭の稚魚です。今回は112日間を案内所の水槽で過ごしました。水槽を管理し、日々お世話をしていた案内所スタッフの思い入れもひとしおの様子でした。

 

鮭の稚魚が三面川を下り、遥か遠くのベーリング海~アラスカ湾で成長して、再び三面川へ戻ってくるのは約4年後のこと。無事に戻ってきてくれることを願い、その日を楽しみにしていたいと思います。

 

先頭に戻る