HOMEおすすめ特集イヨボヤ小ネタ帳 > 【2021-22】鮭の子 観察日記(3・最終回)

イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2022/03/30

【2021-22】鮭の子 観察日記(3・最終回)

 

これまでの記録はこちらをご覧ください。
【2021-22】鮭の子 観察日記(1)
【2021-22】鮭の子 観察日記(2)

 

 

2022年3月16日(水)

20220316%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88

昨年12月3日から駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」で飼育している鮭の子たち。発眼卵(はつがんらん)からふ化して、仔魚(しぎょ)から稚魚へと成長、今では水槽の中を自在に泳ぎ回っています。3月も半ばになり、体はさらに大きくなりました。旅立ちのときも迫っています。

 

*****

 

2022年3月21日(月・祝)

20220321%e6%94%be%e6%b5%811

飼育をはじめて109日目、「春分の日」だったこの日に、案内所の鮭の子50匹は三面川(みおもてがわ)に放流されることになりました。

 

20220321%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82
撮影のためマスクを外しています。

今回、放流を手伝ってくれたのは加藤暁人(あきと)君(左)と惟月(いつき)君の兄弟*です。
*案内所スタッフのお子さんです。

 

20220321%e6%94%be%e6%b5%812

お父さんと一緒に放流です。大きな声で「バイバーイ!!」と言いながら、鮭の子たちの旅立ちを見送りました。

この春に旅立った鮭の稚魚が、産卵のために生まれた川へ戻ってくるのは3~5年後といわれています。外海での回遊を経て成魚となり、再び三面川に帰ってくる日を楽しみに待ちたいと思います。

 

先頭に戻る