イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2019/04/15

平成31年度 三面川鮭稚魚放流式

%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%bf

2019年4月12日(金)、三面川鮭産漁業協同組合 第3ふ化場前(村上市羽下ヶ渕)を会場に、毎年恒例の「三面川鮭稚魚放流式」が行われました。

 

%e6%94%be%e6%b5%81%e5%bc%8f_%e8%8a%b1%e8%a7%92%e7%9c%8c%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e7%a5%9d%e8%be%9e

西奈彌羽黒神社の江見宮司による神事が執り行われた後、放流式が行われ
式典では花角英世新潟県知事らが祝辞を述べられました。

 

%e6%94%be%e6%b5%81%e5%bc%8f_%e5%85%90%e7%ab%a5%e3%82%89

放流式には、村上市内の小学校6校の児童202名も参加。

この日、用意された鮭の稚魚5万尾のほか
それぞれの学校で発眼卵から飼育してきた稚魚も放流されました。

%e7%ac%91%e9%a1%94%e3%81%ae%e7%9c%8c%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e5%85%90%e7%ab%a5

花角知事も児童らに加わり、稚魚を放流。
知事は子どもたちにも大人気でした。

 

%e5%90%89%e7%94%b0%e9%80%8f%e7%a9%ba%e3%81%8f%e3%82%93

村上小5年生の吉田透空(とおら)君。
発眼卵から仔魚(しぎょ)になり、稚魚へと育つ様子を日々観察し
「すぐに大きくなると思っていたけど違った」と素直な感想を話してくれました。

今回、放流した鮭が成魚になり、産卵のために戻ってくるのは3~4年後のこと。
透空君も「また来てね!」と声をかけながら放流していました。

 

先頭に戻る