HOMEおすすめ特集 > イヨボヤ小ネタ帳

イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2018/04/18

三面川へのサケ稚魚放流数

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20180418

2018年4月13日(金)に行われた、三面川鮭稚魚放流式。
当日は、約5万尾のサケ稚魚が三面川に放流されました。

 

今回放流された稚魚は、イヨボヤ会館が昨年冬に受精卵を市内各所に配布したもの。
体長は約6~8cm、体重はおよそ2gにまで育ちました。

 

平成29年度の放流数は、今回の約5万尾を含めて約920万尾。
サケ稚魚は、三面川から日本海へ泳ぎ出て、外洋へと至ります。
その後、約4年の回遊を経て、母なる川・三面川へと戻ってきます。

 

2018/04/13

平成30年度 三面川鮭稚魚放流式

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf-20180413

清々しい青空の下、三面川の河岸の桜が咲きそろった今日。
村上市羽下ヶ渕にある、三面川鮭産漁業協同組合 三面川第三ふ化場にて
平成30年度 三面川鮭稚魚放流式が行われました。

 

放流式には、村上市内の小学校6校の児童185名が参加。
バケツの中の稚魚に「元気に戻ってきてね」「待ってるぞ!」などと声を掛け
用意された約5万尾を三面川に放流しました。

 

先頭に戻る