HOMEおすすめ特集むらかみシュラン > 村上市小町にある「千年鮭 井筒屋」でランチ

むらかみシュラン むらかみシュラン

新潟県村上市のうんめもん(おいしいもの)レポートです♪

※メニュー・価格等の情報は、取材日現在のものです

 

 

< 過去の記事はこちら >

2017/04/12

村上市小町にある「千年鮭 井筒屋」でランチ

17760091_1879900895613508_3674326320485234287_n

今回は、城下町村上の町屋エリアにある塩引鮭お茶漬と麹スイーツのお店「千年鮭 井筒屋」さんに5人でランチにきました。※後で1人合流

こちらは、鮭の加工品や麹を販売している村上の千年鮭 きっかわさんのお食事処として、今年の3月17日にオープンしたお店で、個人的にすごく気になっていたので、念願が叶いました!

お品書きは、塩引鮭お茶漬、塩引鮭 お茶漬御膳(鮭料理4品、7品、10品の3種類)、麹プディングセット、甘酒セット、ゆず甘酒セットがあります。

私と2人は、塩引鮭 お茶漬御膳の鮭料理4品(1,600円・税別)を注文しました。

17757547_1879901335613464_4719503895500344163_n

まずはじめに、塩引鮭と七輪が出てきます。お店の方より「塩引鮭は皮目から焼いて、香ばしい匂いがたったら、裏返して3分ほど炙ると出来上がります」と焼き方の説明がありました。

17800365_1879901332280131_4695087488751833088_n

さっそく網に塩引鮭を並べて焼き始めます。なんだかワクワクしてきました。

焼いているうちに、ご飯と鮭料理が登場。はらこの味噌漬と焼漬、かぶと煮があり、白菜の漬物は自家製とのこと。お茶漬け用の三ツ葉と刻み海苔にワサビ、そしてご飯と出汁入りのお茶が入った急須です。ご飯は土鍋で炊いており、村上市のお隣にある関川村の奥山政行さんのコシヒカリだそうです。このご飯は3杯までおかわりできます。

17523237_1879901362280128_1939986615651856199_n

それでは、いただきます。

17796290_1879901365613461_1218196124354794872_n

まずは、炊き立てのご飯の上に焼き立ての塩引鮭をのせて。食べていると、どんどんご飯がすすみます。

17634323_756870037822705_1371262383729280277_n

ご飯のおかわりをして、塩引鮭と三ツ葉、刻み海苔にワサビをのせて、2杯目はお茶漬けです。出汁茶は、村上茶の1番番茶(若柳)を使用し、かつお出汁と生揚げ醤油がお茶漬けにピッタリ合うようブレンドされています。

 

【感想】

名店「村上の千年鮭 きっかわ」の味が町屋の中で楽しめると期待大! はらこの味噌漬やかぶと煮は初めての味で興奮しました。土鍋炊きのご飯や七輪で焼く塩引鮭、出汁茶で食べるお茶漬け等々、おいしいのはもちろん、「楽しい!」という喜びがありました。

 

17796228_1879901398946791_7578394000377181426_n

こちらは、お茶漬御膳の鮭料理7品(2,500円・税別)です。鮭料理4品のお料理に加えて昆布巻、酒びたし、白子煮の3品の鮭料理が加わったものです。

 

【感想】

塩引鮭を焼き始めるとぷーんと香り立つ鮭の香り。焼き上がる頃に届くコシヒカリご飯と鮭料理セット。塩引鮭の身をほぐしながら一膳目のご飯をいただくと、もはや塩引鮭定食。途中、プチはらこ味噌漬丼を楽しみ、ご飯のおかわりをもらい、いよいよ茶漬け。酒びたしと塩引鮭のほぐし身に出汁と村上茶を合わせた茶漬けはとうとう至福の一膳となった。

17523312_1879901392280125_3908382467910148143_n

17523488_1879901395613458_4433912856449528979_n

こんな楽しみ方ができるのも7品の醍醐味です。

さらなる至福を味わいたい方は、10品(3,500円・税別)を注文してみてください。

 

こちらは、塩引鮭お茶漬(800円・税別)です。

17800126_1879901358946795_1126676262595515557_n

塩引鮭は、焼いた状態で登場しますので、手軽に食べられます。
こちらもご飯は3杯までおかわりできるのでビックリです。

 

【感想】

塩引鮭もご飯もおいしい! そして、自家製の白菜漬けもおいしい!
塩引鮭をよく食べている地元の私でも、皮の香ばしい匂いに包まれる炭火の塩引鮭には、五感を刺激されました。

 

%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%81%a1%e7%94%98%e9%85%92620

お料理の最後には、麹の甘酒が出てきます。「きっかわ」さんといえば、鮭ともう一つ「麹」があります。この麹は、4日間寝ずの作業で作り上げるそうです。麹の話はここが始まりで、蔵の話や麹菌の話など、聞いていると改めて村上の食の奥深さを感じました。ぜひこちらでお食事をして、鮭の話と麹の話を聞いていただきたいと思います。

甘酒は食後のデザートという感じで、お口がさっぱりします。私は麹の甘酒大好きなのでラッキー! 帰りに麹プディングをお土産に購入してきました。
おなかも心も大満足のランチでした。また来ようっと。

 

塩引鮭お茶漬と麹スイーツのお店 千年鮭 井筒屋

所在地 村上市小町1-12

電話番号 0254-53-7700
営業時間 11:00~15:00(土・日曜日、祝日 10:30~15:30)
定休日 元日のみ
駐車場 6台(店舗斜め向かい)
自店ウェブサイト

先頭に戻る