HOMEおすすめ特集むらかみシュラン > 村上市坂町「天ぷら 斉藤」で夜みシュラン

むらかみシュラン むらかみシュラン

新潟県村上市のうんめもん(おいしいもの)レポートです♪

※メニュー・価格等の情報は、取材日現在のものです

 

2017/04/28

村上市坂町「天ぷら 斉藤」で夜みシュラン

%e5%a4%96%e8%a6%b3500

4月上旬、家人と天ぷら 斉藤へ行ってきました。住宅街を行くこと数分、白いのれんのかかった店舗が見えました。昨年11月にオープンしたばかり、店内にはカウンターとテーブル席があります。


メニューは、(3,024円・税込)、(4,104円・税込)、(5,184円・税込)の3種類。われわれは、結コース+飲み物(アルコールは私だけ、うひひ)をオーダーしました。※結コースは先付・おまかせ天ぷら一式・〆のご飯・デザートという構成です

 

 

%e5%89%8d%e8%8f%9c3%e7%a8%ae

まず、出てきたのは先付3種。写真左から、ホタルイカとワケギのぬた、小松菜と油揚げのおひたし、シラスの大根おろし和え。旬のホタルイカはやっぱり美味ですね。桜の塩漬けもあしらってあって春らしい一品。

 

%e6%a4%80%e7%89%a9

次に出てきたのは、朱塗りのお椀に入った若竹汁。タケノコ、春ワカメ、フキとこちらも春の味覚がいっぱい。

 

%e5%a4%a9%e3%81%b7%e3%82%891

待っていました! 天ぷらです。おまかせ天ぷらの第1弾はソラマメとエビ。

 

%e5%a1%a9%e3%81%a8%e3%81%8b

天ぷらに付けるものとして、天つゆ(大根おろし・ショウガ)と塩が出てきました。塩は、山北エリアの手作り塩。ミネラル工房の「白いダイヤ」とのこと。「ぜひ、塩でお召し上がりください」とのことでしたので、塩でいただきます。ソラマメはホ~クホク、エビはサクサクのプリップリ! 幸せ~。

 

%e8%8c%b6%e7%a2%97%e8%92%b8%e3%81%97

グリンピースが入った熱々のあんがかかった茶碗蒸し。滑らかな口当たりで、優しいお味です。

 

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80

サラダに梅肉のドレッシング。

 

%e5%a4%a9%e3%81%b7%e3%82%892

天ぷら第2弾は、大葉を巻いたエビと紅はるか(サツマイモ)。大葉をまとったエビは、風味・食感が変わってまた別の印象。紅はるかは、一度焼いたものを天ぷらにしているとのこと。ねっとりとした舌触りがたまりません。

 

%e5%a4%a9%e3%81%b7%e3%82%893

第3弾は、サヨリと春蕾。サヨリは二切れあり、片方には梅肉ソースがかかっていました。ふんわりした白身に、梅肉ソースの酸味がよく合います。

春蕾とは、高菜の芽のことで、荒川エリアでは「荒川タカ子」の名で売られています。いつもは浅漬けにして食べていたので、ポリポリとした食感だったのですが、天ぷらになったらホコホコとした食感に変化! これには驚きました。荒川タカ子、恐るべし……。

 

%e5%a4%a9%e3%81%b7%e3%82%894

最後の天ぷらは、スモークサーモン×大葉×モッツアレラチーズと生麩×バジル。意外な食材の掛け合わせですが、風味・食感が楽しくて大満足。

 

%e5%a4%a9%e8%8c%b6

〆のご飯は、かき揚げを使った天茶または天丼が選べます。かき揚げには、たっぷりのエビと三ツ葉、私は天茶でいただきました。

 

%e5%a4%a9%e4%b8%bc

天丼には卵もプラス。黄身がとろ~り半熟でおいしそう!
※隣の芝生は青く見えるタイプ

 

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%88

デザートは、一口サイズの瀬波まんじゅうの天ぷら(右)と黒ゴマアイス&牛皮。おまんじゅうの天ぷらもおいしいなぁ~。

 

さて、天ぷらといえば池波正太郎が『男の作法』に「親の敵にでも会ったように、揚げるそばからかぶりつく」と書いていますが、出てきたものは片っ端から胃袋に片付けていくのがいいですね。皆さんも、天ぷら 斉藤で旬の天ぷらをお楽しみください。

 

 


天ぷら 斉藤
所在地 村上市坂町3276-1
電話番号 090-7115-6906(要予約)
営業時間 16:00~22:00 ※ランチタイムの営業についてはお問い合わせください
定休日 不定休


 

先頭に戻る