HOMEインフォメーション > 新潟県村上茶手揉保存会が快挙です!

インフォメーション

受賞(認定)

2017/11/27

新潟県村上茶手揉保存会が快挙です!

%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%95%e3%82%93
新潟県村上茶手揉保存会の皆さん(左から 近藤大智さん・飯島剛志さん・矢部智弘さん・尾形俊介さん)

11月22日(水)、京都府宇治市で開催された「第21回 全国手もみ製茶技術競技大会」にて、村上茶の若手製茶関係者でつくる新潟県村上茶手揉保存会が9年ぶり二度目の最優秀賞(一等優勝)を受賞しました。
また、ことし5月に手もみした茶葉を審査した「第25回 全国手もみ茶品評会」の表彰式も行われ、こちらも一等六席を受賞。2年連続 四度目の快挙を手にしました。

%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e4%b8%ad

「全国手もみ製茶技術競技大会」では、静岡や京都、鹿児島等の全国の名だたる茶処から25チームが参加。蒸した茶葉3キロを各チーム3人一組で手もみし、約5時間かけて針金状の細い茶葉に仕上げます。新潟県村上茶手揉保存会では、飯島剛志さん・矢部智弘さん・近藤大智さんが参加。茶葉の状態をみて、力のかけ具合・もみ方や時間を調整しつつ、最良の状態に仕上げました。審査では、形状や色沢(しきたく)、香気、水色、滋味で評価され、保存会の茶葉は「味と香りが調和している」と満点を獲得しました。

新潟県村上茶手揉保存会会長・飯島剛志さんは「村上茶の源流である京都・宇治での大会開催で思い入れもあった。これまでやってきた積み重ねが結果につながった」と大会を振り返りました。

%e8%b3%9e%e7%8a%b6%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e8%8c%b6%e8%91%89

受賞した出品茶は、今後、冨士美園常盤園で販売予定とのこと。
村上茶の気鋭が手掛けた茶葉、ぜひお楽しみください。

 

お問い合わせ
TEL 0254-52-2716(冨士美園)
TEL 0254-52-2024(常盤園)

 

先頭に戻る