HOMEおすすめ特集 > チビせなみんとおでかけ♪

チビせなみんとおでかけ♪ チビせなみんとおでかけ♪

突然ですが、皆さんはせなみんをご存じですか?
せなみんは、瀬波温泉をPRするために生まれたマスコットキャラクター。

 

%e5%a4%a7%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93

 

瀬波温泉の魅力の一つである
日本海に沈む真っ赤な夕日をモチーフにしており
愛くるしい真ん丸ボディが特徴です。

 

このコーナーでは、瀬波温泉と温泉街の魅力を紹介するため
せなみんの分身・チビせなみんとあちこちお出かけします。

 

2020/03/23

瀬波温泉 福めぐり【1】

%e3%83%81%e3%83%93%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

 

今回の「チビせなみんとおでかけ♪」では、瀬波温泉街に点在するご利益スポットを紹介します。初回は、瀬波温泉 噴湯公園の一角にある伊夜日子(いやひこ)神社の奥の院にある、鳴らすと幸せになれるといわれている「龍神の鐘」を訪ねました。もちろん、チビせなみんも一緒です。暗い話題が多い中、村上・瀬波温泉から少しでも明るい・楽しい話題を発信したい。そんな想いでお参りしてきました。

 

%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%8a%e5%a5%a5%e3%81%ae%e9%99%a2%e3%81%ae%e6%9c%ad

以前、ぶらぶら瀬波【1】でも訪れた瀬波温泉 噴湯公園。高台にあるこの公園からは温泉街が一望でき、温泉櫓の下、源泉が流れる木箱では温泉卵(瀬波温泉の場合は「温泉ゆで卵」)が作れます。伊夜日子神社はこの公園の奥にあります。

 

%e6%9c%ac%e6%ae%bf%e3%81%ab%e5%8f%82%e6%8b%9d

明治37(1904)年の温泉湧出時から、この地の守護神として崇敬してきた弥彦神社(いやひこ神社)のご神霊を昭和2(1927)年に分神いただき、瀬波温泉で一番高い峰に建てたのが始まりです。現在の社は、平成8(1996)年に峰より少し下がった温泉噴湯櫓脇に改築したもので、それまでの峰には奥の院を建ててあります。
『瀬波っていいね』(編集・発行:活気ある街瀬波まちづくり推進協議会 ふるさと歴史部会)より

 

%e6%9c%ac%e6%ae%bf%e3%81%ae%e9%90%98%e3%82%92%e9%b3%b4%e3%82%89%e3%81%99

瀬波の龍神を祭っているという伊夜日子神社、奥の院参拝前にお参りしましょう。

 

%e3%81%ae%e3%81%bc%e3%82%8a%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81

それでは、満を持して奥の院を目指します。伊夜日子神社 奥の院は、この鳥居の先に見える石段約180段(!)を上った先にあります。

 

180段と聞いて「あら、楽勝でしょ?」とお思いの方もいらっしゃることでしょう。「日本一の石段」といわれる釈迦院御坂遊歩道(熊本県)の石段は3,333段。「山寺」こと立石寺(山形県)の石段は1,050段。それに比べればお茶の子さいさい、赤子の手をひねるがごとし(?)……

 

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e3%82%92%e8%a6%8b%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b

……のはずなんですがねぇ。

 

なんの準備も心構えもなく「ちょっとそこまで♪」みたいなノリで行くと結構辛いです。その理由を考えてみると、石段の一段の奥行きが狭い=上りにくい・休めない。傾斜が急=つらい・怖い。踊り場(?)も2カ所ほどあるのですが、こちらも狭くて休憩するにはちょっと不向き。一気にのぼってしまったほうがいいでしょう。

 

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e3%82%92%e8%a6%8b%e4%b8%8b%e3%82%8d%e3%81%99

踊り場から振り返ってみるとこんな感じです。やっぱり怖い!

 

%e5%a5%a5%e3%81%ae%e9%99%a2%e3%81%ab%e5%88%b0%e7%9d%80

一気呵成にのぼること約5分、奥の院へ無事到着。日頃の運動不足がたたり、息があがり、太ももから膝にかけてがプルプルします。しかし、伊夜日子神社に祭られている龍神様、無事にのぼれましたよ。ありがとうございます!

 

%e6%99%af%e8%89%b2%e3%82%92%e7%9c%ba%e3%82%81%e3%82%8b

振り返ればこの眺め。眼下には瀬波の温泉街が広がり、その先には春の穏やかな日本海と青空が広がっています。周囲の木々にまだ葉が付いていないため、視界が遮られることもなく爽快な眺望です!

 

%e9%be%8d%e7%a5%9e%e3%81%ae%e9%90%98%e3%81%a8%e5%af%be%e9%9d%a2

奥の院へのお参り・素晴らしい眺めを堪能したのち、今回の目的である「龍神の鐘」へ。鐘は、奥の院に向かって右手側にあります。大小3つの鐘が並んでおり、それを太鼓のばちのような棒で叩いて鳴らすようです。

 

%e9%be%8d%e7%a5%9e%e3%81%ae%e9%90%98%e9%b3%b4%e3%82%89%e3%81%99

それでは…… えいやッ!

 

澄んだ鐘の音が、森閑とした奥の院境内に鳴り響きます。日本全国・世界各地にお住いの皆様が幸せになりますように   。壮大すぎるお願いですね。瀬波の龍神様、お願いします!

 

さて、「龍神の鐘」も鳴らしたし、そろそろ帰ろうかな……。

%e9%99%8d%e3%82%8a%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%ae%e5%a4%a7%e5%a4%89

……
………帰りの石段、かなり怖い。

 

伊夜日子神社 奥の院参拝後は(も?)、十分気を付けてお帰りください。

 

 

今回のお出かけ場所      

%e4%bc%8a%e5%a4%9c%e6%97%a5%e5%ad%90%e7%a5%9e%e7%a4%be%e5%85%a8%e6%99%af

伊夜日子神社(いやひこじんじゃ)
所在地 村上市瀬波温泉2-5-1

 

%e5%a5%a5%e3%81%ae%e9%99%a2

伊夜日子神社 奥の院

 

%e9%be%8d%e7%a5%9e%e3%81%ae%e9%90%98

龍神の鐘

 

 

 

 

 

2020/02/15

ぶらぶら瀬波【4】 温泉街の人気ベーカリー

%e3%83%81%e3%83%93%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

 

瀬波温泉街の人気スポットや新店を紹介する「ぶらぶら瀬波」シリーズ第4弾! 今回は、昨年8月にオープンしたばかりのベーカリーパン屋 ぬくぬくに行ってきました!

 

これまでの「ぶらぶら瀬波」シリーズはこちらから。
ぶらぶら瀬波【1】 温泉卵作り&足湯
ぶらぶら瀬波【2】 新店・Seed Cafeへ行ってみた!
ぶらぶら瀬波【3】 温泉街のたこ焼き屋さん

 

%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93%ef%bc%86%e5%a4%96%e8%a6%b3

黒っぽい外壁にオレンジ色のひさしが目印。湯元 龍泉の隣り、道を挟んだ向かいには瀬波グランドホテル はぎのやがあります。パンの焼けるいい香りが、店の外にまで流れてきます。はぁ~ 幸せの匂いですねぇ。

 

%e5%86%85%e8%a6%b3

%e5%b1%b1%e5%9e%8b%e3%83%91%e3%83%b3

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%af%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%b3

%e7%b7%8f%e8%8f%9c%e3%83%91%e3%83%b3

ちんまりとした店内にはショーケースが2台。中には、定番から季節限定など常時20種類くらいのパンが並んでいます。国産小麦・国産バターを使用した無添加生地のパンは、どれも安心して食べられる優しい味です。

 

%e9%85%92%e8%b0%b7%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%e5%b0%8f%e9%87%8e%e5%a1%9a%e3%81%95%e3%82%93

店のオーナーでブーランジェの酒谷さん(写真左)とスタッフの小野塚さん。素敵な笑顔でわれわれを迎えてくれました。

かつては県外で医療従事者として働いていたという酒谷さん。家族の介護のために帰郷しましたが、時間に少し余裕が持てるようになったため、「温泉街や周辺のにぎわいにつながれば……」という想いから、趣味であったパン作りの技術を生かし、パン屋開業を決めました。

 

いくつも並ぶパンの中には、瀬波温泉や村上市への想いが詰まったアイテムも   

%e3%81%b1%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86

それがこちら、瀬波温泉ぱんじゅう(220円・税込)です。瀬波温泉の定番土産といえば、やっぱり温泉まんじゅう。この歴史ある名菓をモチーフにし、パンで表現したのが瀬波温泉ぱんじゅうなのです!

%e3%81%b1%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88

うぐいす色の生地には村上茶の粉末を混ぜ込み、塩は笹川流れで作られている天然塩を使っています。中のこしあんが求肥で包まれているため、食べた時の食感はふっくら・もっちり。永く愛されている温泉まんじゅうのように、こちらも瀬波温泉の定番土産になるかもしれません。
※瀬波温泉ぱんじゅうは土・日曜日だけの限定商品です

 

%e3%81%8a%e3%82%84%e3%81%8d

%e3%81%8a%e3%82%84%e3%81%8d%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88

また、好評なのがおやきシリーズ。(写真はきんぴらごぼうとチーズのおやき 170円・税込)。米粉配合の生地は、外側パリッ・内側モチモチッ。少しトーストしてからいただくのがオススメです。

 

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%b3

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9

他にも、冬季間限定のとろとろグラタンパン(写真上200円・税込)や練乳入りの甘いクリームがたっぷり入ったミルキーフランス(写真下150円・税込)も人気です。

 

 

瀬波温泉街にオープンしたばかりのパン屋さん。温泉街散策の際にはぜひお立ち寄りください。瀬波温泉帰りのお土産に瀬波おんせんぱんじゅう、オススメですよ。

 

 

 

今回のお出かけ場所      

%e5%a4%96%e8%a6%b3

パン屋 ぬくぬく
所在地 村上市瀬波温泉2-2-18
電話番号 0254-53-2452
営業時間 10:00~16:00
定休日 木・金曜日
公式Instagram >>> https://www.instagram.com/panya_nuku_nuku/

※営業時間内(10:00~16:00)は隣接するはぎのや駐車場が利用可能です

 

2019/12/20

ぶらぶら瀬波【3】 温泉街のたこ焼き屋さん

%e3%83%81%e3%83%93%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

 

今回は「ぶらぶら瀬波」シリーズの第3弾! 瀬波温泉を訪れたのなら、ぜひとも食べていただきたい! アツアツで、とろとろ~&ふかふか~食感の絶品たこ焼きをご紹介します。

 

これまでの「ぶらぶら瀬波」シリーズはこちらから。
ぶらぶら瀬波【1】 温泉卵作り&足湯
ぶらぶら瀬波【2】 新店・Seed Cafeへ行ってみた!

 

 

%e3%81%9f%e3%81%93%e5%90%89%e3%81%ae%e5%89%8d

今回、チビせなみんとおじゃましたのはたこ焼きのたこ吉。瀬波温泉街にオープンして6年目になるたこ焼き屋さんです。

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89

瀬波温泉観光案内所「瀬波ゆけむり会館」駐車場の真向かい。元祖きむらやコンコンちゃん足湯の並びにあります。

 

%e3%81%94%e4%b8%bb%e4%ba%ba%e3%81%a8%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93

たこ吉の店主・阿部勝良さん(58歳)。本業は大工(店舗は阿部さんの手作り!)ですが、たこ焼き好きが高じて店を構えるまでになりました。大阪のたこ焼きが大好きで、研修という名の食べ歩きにもよく行かれるとか。

 

%e7%84%bc%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%94%e4%b8%bb%e4%ba%ba

黙々と焼き続ける阿部さん。その鮮やかな手技に見とれてしまいます。

 

%e4%bb%95%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%81%ab%e3%83%9e%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%ba

たこ吉のたこ焼きの特徴は、中はとろとろ~・外はふかふか~というもの。中のタコは、焼いても硬くならないたこ焼き専用のものを使っています。そして、仕上げにはマヨネーズでこくをプラス。この時に使うマヨネーズは、最後にかけるマヨネーズとは別のものとのこと。細かい部分にもこだわっています。

 

%e7%84%bc%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%82%92%e5%be%85%e3%81%a4%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93

さて、解説もそこそこに、われわれも出来立てのたこ焼きをいただきまーーーす!

 

%e3%81%9f%e3%81%93%e7%84%bc%e3%81%8d

こちらが定番のたこ焼きソースマヨ[※1](8個500円/6個400円)[※2]です。とろとろ・ふかふかが身上のため、時間が経つとふにゃ~んとしてきます。そこをすかさず口の中へ! あっちちちち…… 
[※1] 醤油マヨもあります。
[※2]2020年1月より価格が変更になります(8個550円/6個450円)

外側は香ばしくてふかふか、中はとろ~っとしていてタコも柔らか。出来立て・アツアツはまた格別! 口の中は大惨事になったけど、次から次へと口中に放り込みたくなるおいしさです。

 

%e3%81%ad%e3%81%8e%e3%83%9e%e3%83%a8

こちらは、たこ焼きのねぎポン酢マヨ(8個600円/6個500円)。長ネギの辛み&シャキシャキ感とポン酢の爽やかさで、これも何個でもいけちゃいます。

 

たこ吉のたこ焼きは他にも    
●平日限定・揚げたこ焼き(8個550円/6個450円)
●平日限定・黒玉(竹炭パウダー入り)(8個600円/6個500円)があります。
※上記のメニューは注文から10分ほど時間がかかります

 

 

店主のこだわりが詰まった、瀬波温泉街のたこ焼き。瀬波を訪れた際には、ぜひ食べてみてくださいね。キャッシュレス決済対応(PayPay・メルペイ)で便利ですよ♪

 

 

今回のお出かけ場所      

%e5%a4%96%e8%a6%b3%e3%83%a8%e3%83%aa

たこ焼きのたこ吉
所在地 村上市瀬波温泉2-6-26
電話番号 090-2884-9508
営業時間 11:00~18:30頃
定休日 木・日曜日、その他不定休 ※お出かけ前にご確認ください

 

先頭に戻る