チビせなみんとおでかけ♪ チビせなみんとおでかけ♪

突然ですが、皆さんはせなみんをご存じですか?
せなみんは、瀬波温泉をPRするために生まれたマスコットキャラクター。

 

%e5%a4%a7%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93

 

瀬波温泉の魅力の一つである
日本海に沈む真っ赤な夕日をモチーフにしており
愛くるしい真ん丸ボディが特徴です。

 

このコーナーでは、瀬波温泉と温泉街の魅力を紹介するため
せなみんの分身・チビせなみんとあちこちお出かけします。

 

2020/04/17

瀬波温泉 花だより【1】

 

【ご覧になられる方へ】

掲載している花の画像は2020年4月15日に撮影したものです。外出や村上への来訪を促すものではなく(もちろん、現在の事態が収束した折にはぜひともお越しください!)、外出を自粛されている方や村上への帰省等を控えている方へ向け、いまの村上の姿・瀬波の自然の美しさをお伝えしたいと思い書きました。写真をご覧いただき、少しでも気持ちが晴れやかになっていただければ誠に幸いです。また、自然に生えているものを採取したり、場所を荒らすような行為は絶対に止めましょう。

 


 

%e3%83%81%e3%83%93%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

今回の「チビせなみんとおでかけ♪」は、瀬波温泉の周辺で見つけた季節の花々を紹介します。4月中旬、瀬波温泉街は桜(ソメイヨシノ)やチューリップなど、春の花が美しく咲き誇っています。山野草は少し出遅れた感じですが、それでもいくつかの可憐な花々を写真に収めました。

 

 

まずは、瀬波海岸に咲くこの花から   

%e3%82%bb%e3%83%8a%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%ac

濃い青紫色が特徴のセナミスミレ。例年4月下旬~5月上旬に咲く花ですが、ことしは暖冬の影響でしょうか、もう咲き始めていました。

昭和3(1928)年、植物学者・牧野富太郎博士が来市の際に瀬波海岸で発見、セナミスミレと命名されました。新潟県の絶滅危惧Ⅱ種に指定されており、平成28(2016)年には防護柵を設置しての保護増殖が行われています。

 

 

次に、いこいの森児童公園へ移動して   

%e6%81%90%e7%ab%9c%e3%81%a8%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93
公園名物・恐竜の滑り台。顔が思いのほか怖いです。

 

%e6%bb%91%e3%82%8a%e5%8f%b0
背中が滑り台になっています。

 

%e6%a1%88%e5%86%85%e5%9b%b3%e3%81%a8%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93

児童公園から続く、道玄池いこいの森 森林公園へ。

 

道玄池いこいの森 森林公園(村上市公式ホームページ)
https://www.city.murakami.lg.jp/site/kanko/dougenikekoen.html

 

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%90%e3%82%ab%e3%83%9e

ショウジョウバカマ(猩々袴)

 

%e3%82%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%82%a6

キバナイカリソウ(黄花錨草)

 

%e3%83%a4%e3%83%96%e3%83%87%e3%83%9e%e3%83%aa

ヤブデマリ

 

%e3%83%a4%e3%83%96%e3%83%84%e3%83%90%e3%82%ad

ヤブツバキ

 

%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%ac

スミレ

 

花の名称は、一応調べてから書きましたが、万が一にも間違いがあった場合は誠に申し訳ございません。正しい名称を教えていただけると幸いです。

 

 

次回もお楽しみに   

 

先頭に戻る