旬、とれたて! 旬、とれたて!

 

食材の宝庫である新潟県村上市。
その魅力たっぷりの海の幸・山の幸・里の幸の情報を
いち早く皆さまにお届けします!

 

※写真に写っている価格は取材当日のものです
※品ぞろえは天候や収穫・漁の状況などにより変わります

  

2019/11/12

六斎市 ― 立冬の候 ―

%e5%a4%a7%e5%88%a4%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%ae%e6%8f%90%e7%81%af

 

前回の六斎市 取材から、はや3カ月    

市場通りに立つ東まんじゅうの店先には
11~3月までの期間限定「大判焼」の提灯が下がっていました。
甘い匂いに、ついつい引き寄せられてしまいます。

立冬も過ぎ、季節は秋から冬へと刻々と移り変わっています。
六斎市に並ぶ品々も、随分と変わっていました。
(取材日:2019年11月7日)

 

%e7%94%9f%e9%ae%ad

村上の秋~冬の魚といえば、なんといってもです。
写真は、岩船沖で捕れたものとのこと。

%e7%94%9f%e3%81%af%e3%82%89%e3%81%93

生はらこ(いくら)も並んでいました。

 

他にも、山や里の秋の味覚がいっぱい!

%e5%a4%a9%e7%84%b6%e3%81%aa%e3%82%81%e3%81%93

天然なめこは、ほとんどが売れてしまっていて
取材時にはこの一袋だけ。

%e3%83%92%e3%83%a9%e3%82%bf%e3%82%b1

こちらは、原木栽培のヒラタケ。
肉厚でおいしそうです。

%e6%b8%a9%e6%b5%b7%e3%82%ab%e3%83%96

これも村上を代表する秋~冬の味覚・温海カブ(赤カブ)。
赤カブ漬けも並んでいました。

%e3%81%a8%e3%81%a1%e9%a4%85

ことし採れた、トチの実を使ったとち餅
独特の香気や味は、他では味わうことができません。

%e7%94%9f%e8%90%bd%e8%8a%b1%e7%94%9f

落花生の新豆も並んでいました。
塩ゆでや素焼きで、簡単・おいしいおつまみになります。

%e3%82%80%e3%81%8b%e3%81%94

袋いっぱい、山芋のむかごです。
炊き込みご飯に、塩ゆでや素揚げで、こちらもおつまみに。

 

そして、冬といえば鍋ですよね。

%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e7%99%bd%e8%8f%9c

%e6%b0%b4%e8%8f%9c

大きな白菜、水菜などの葉物野菜も
いっぱい並んでいましたよ。

 

秋から冬にかけ、どんどん魅力が増す村上の食。
村上へ来たなら、ぜひ六斎市ものぞいてみてください。

 

 

 

六斎市
開設位置 村上市三之町(村上市役所脇道路)
開設日時 毎月2、7、12、17、22、27日 8:00頃~12:00頃
※1月2日と7月7日は休み、7月5日と12月30日は特別に開設されます
※毎月12日は「おまけの日」です

お問い合わせ 0254-53-2111(村上市役所 地域経済振興課)

 

2019/07/30

2019 旬の天然岩ガキ!

村上地域では夏が旬の岩ガキ。
ことしは身入りが良いと聞きます。

今回は、岩ガキ漁をしている
裕漁丸の渡辺裕太さんにお会いしてきました!

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%931

真ん中にいるのが渡辺さんです。
新潟漁業協同組合岩船港支所 技術改良研究会青年部の会長です。

渡辺さんは、普段は裕漁丸で板びき網漁をしていますが
7・8月の禁漁期間は採貝藻漁(モズク・サザエ・岩ガキ等)を行っています。
この日も、朝8時から11時まで漁を行ってきたそうです。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%932

岩船支所の漁師さんの岩ガキ漁は、三面川から荒川までが漁場。
岩ガキは、水深3mくらいのところに生息しているそうです。

1回の潜水で1~2個獲れるときもあれば
かたまりで6個(!)一緒に獲れるときもあるそうです。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%933

獲ったばかりの岩ガキには
写真のように海藻がたくさん付いています。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%934

この黒っぽい海藻、実はテングサなんです。
あの、ところてんの原料です。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%935

海藻等の付着物をきれいに取り除いてから競りに出します。
家族みんなで作業をされていました。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%936

渡辺さんのところでは
この道具でカキをきれいにしたり、カキむきしたりします。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%937

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%938

むき身を袋詰めしたものも取り扱いしています。

カキの形は一つ一つ異なるため
きれいに開け、身を取り出すには熟練した技術が必要です。

岩ガキは、お盆を過ぎると身入りが落ちるそうで
その頃になると漁を終了するそうです。

 

 

さて、来る8/3(土) には岩船港直売所にて
毎年恒例の「貝フェスティバル」が開催されます。
天然岩ガキファンの皆さん、ぜひお出掛けください!

%e8%b2%9d%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97

山と海が育んだ、ミネラル豊富な天然岩ガキ!
岩ガキは、山から注がれるミネラル豊富な場所に生息しています。
岩船では、三面川や荒川から山の豊かな栄養分が運ばれるため
大ぶりで良質な岩ガキが育ちます。

 

貝フェスティバル

【開催日時】
2019年8月3日(土) 9:00~14:00 (なくなり次第終了)
※外でお待ちいただく場合があります。暑さ対策をお願いいたします。
※水揚げ状況に応じて、内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

【内容】
漁師市場にて    
●天然岩ガキ販売(カキはその場で割って召し上がれます)
●つぶ貝煮付け、つぶ貝炊き込みご飯の販売

市場内にて    
●浜焼き(カキ・サザエ・ホタテ・イカ)
●魚のフライ各種
●かき氷
●ツブ貝入りタコ焼き
●生ビール 他

※割った岩ガキのお持ち帰りはできません。
※お買い上げいただいた岩ガキ等の商品は食堂内にて食べられます。
※食堂の全メニューは販売いたしませんのでご了承ください。

【お問い合わせ】
TEL 0254-56-7107(新潟漁業協同組合岩船港直売所)

 

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%939

現在も、岩船港直売所には大ぶりの岩ガキがありました。
岩ガキは店頭に置いてないので、店の方に声を掛けください。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%9310

ゆでガキも販売されていましたよ。こちらもおいしそうです。
今の時期は、岩ガキ1個600円、ゆでガキ1個500円で販売されています。
※時期によって価格が変わる場合もあります。ご了承ください。

 

この旬の季節、岩船港の天然岩ガキをぜひ味わってください。

 

 

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%9311

岩船港直売所
所在地 村上市岩船港町3144-21
電話番号 0254-56-7107
営業時間 8:30~17:00(冬期間 9:00~16:00)
定休日 水曜日
公式サイト

2019/04/18

岩船港直売所より「旬、とれたて!」

今日は、岩船港直売所に来ました!
4~6月は天候も良く、ヒラメやカレイ類など多彩な魚が獲れる季節です。

 

カナガシラも多く獲れているそうですよ。

57370532_1211949058981465_8287755944482308096_n

57198858_1211949178981453_3702206086246301696_n

さて、問題です!
上の2枚の写真のうち、カナガシラはどちらでしょう?
正解はのちほど……。

 

57262912_1211949162314788_3080070791996375040_n

カスべも大きいものがありましたよ。
私は唐揚げにしたり、煮魚で食べるのが大好きです。

 

57127048_1211949135648124_9176588761985712128_n

カマスやハタハタもありました。
ハタハタは、こみそ煮*にして食べるのが私の定番です。
*砂糖を入れたみそ仕立ての煮物。甘じょっぱい味付けです

 

日本海に面している村上は、白身の魚が多く獲れます。

57454607_1211949042314800_7966240027053129728_n

57190337_1211949075648130_4127589139119865856_n

タイやスズキ、ヒラメも獲れていますよ。
それから、今が旬のサクラマスもありました!
この時期はサクラマスの塩焼きなんか最高ですね。

 

57393082_1211949218981449_7946915010683338752_n

ゆでズワイガニもありました!
カスべの切り身は、すぐに調理できるので主婦には助かりますね。

 

 

さて、先程の問題の正解は……
1枚目の写真、横に並んでいる魚がカナガシラでした!
下の魚はホウボウです。

見た目が似ている魚ですが、触った感触で違いが分かります。
カナガシラは硬めのウロコで覆われているので、触るとザラザラした感触です。
一方、ホウボウは滑らかです。

でも一番の違いは、海にいるときにハッキリと分かります。
エメラルドグリーンの胸ビレをヒラヒラさせて
泳いでいる(海底を歩いている)のがホウボウです。

カナガシラの胸ビレは赤い色です。
店頭では、なかなか胸ビレは見れませんが
ぜひ購入して、胸ビレを広げてみてください。
魚は色彩豊かであることが分かりますよ。

 

 

第26回 さかな祭 2019 in 岩船港 のお知らせ!】

%e3%81%95%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a

毎年好評のさかな祭、今年は4月28日(日)に開催されます。
午前8時のセレモニー終了後から販売が始まります。

カニ・せり市コーナーは午前9時から。
ヒラメ活け越し神経締めの実演は午前11時から。
漁船見学コーナーは午前10~12時までやっています。

鮮魚・水産加工品・ヒラメ柵取り・カニ……。
女性部コーナーには、浜のかあちゃんたちが真心込めて作った干物が並びます。
ぜひ、ご来場ください!

 

 

 

 

img_8409_880

岩船港直売所
所在地 村上市岩船港町3144-21
電話番号 0254-56-7107
営業時間 8:30~17:00(冬期間 9:00~16:00)
定休日 水曜日
自店ウェブサイト

 

先頭に戻る