旬、とれたて! 旬、とれたて!

 

食材の宝庫である新潟県村上市。
その魅力たっぷりの海の幸・山の幸・里の幸の情報をいち早く皆さまにお届けします!

 

※写真に写っている価格は取材当日のものです
※品ぞろえは天候や収穫・漁の状況などにより変わります

  

2020/07/27

六斎市 ― 大暑の候2020 ―

image1

 

ことしの梅雨は長梅雨で、気分までジメジメ湿りがち(>_<)。こんなときは、食べ物で気分転換&エネルギー補給!ということで、毎月2と7が付く日に開設される、村上市民の台所・六斎市へ行ってきました。
(取材日:2020年7月17日)

 

長雨の影響も多少あるようですが、みずみずしい夏野菜がいっぱい並んでいました。

%e6%a1%83%e5%a4%aa%e9%83%8e%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88

大玉で甘みと酸味のバランスがいい桃太郎トマト。旬の完熟トマトは甘みが強く、実もしっかりしているため、生でよし! 調理してもよし!です。

 

%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%83%aa

山盛りのキュウリ。触るとトゲトゲしていて新鮮そのもの。

 

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%a4%e3%83%bc

ゴーヤーもイボイボがしっかりしていて新鮮!

 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b2%e3%83%b3%e8%b1%86

インゲン豆が一皿に大盛り。ゴマ和えやゆでてマヨネーズと和えるだけでもおいしいですね。

 

%e6%9e%9d%e8%b1%86

同じ豆でもこちらは枝豆。夏の晩酌には欠かせません。

 

%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%83%81%e3%83%a3

一年中見かけるカボチャですが、旬はまさに今ですね。

 

%e8%b5%a4%e3%81%97%e3%81%9d%e3%81%ae%e8%91%89

赤シソを扱う店もいくつかありました。シソジュースのレシピを書いているお店も。

 

%e3%83%91%e3%82%bb%e3%83%aa

春から秋にかけてが旬のパセリ。添え物の印象が強い野菜ですが、鉄分やビタミンC、βカロテンなどの栄養成分が豊富に含まれています。

 

%e8%b5%a4%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%83%bb%e9%9d%92%e3%83%9f%e3%82%ba

山菜の一種、赤ミズ(写真左)と青ミズ(右)。赤ミズは粘り気が強く、青ミズはサクサクとした食感が特徴です。

 

 

夏野菜の他には、ドジョウを売るお店がちらほら    

%e3%81%a9%e3%81%98%e3%82%87%e3%81%86

捕ってきたばかりのドジョウは活きがいいです。最近は食べる人も減っているそうですが、ウナギ同様、夏バテ防止の栄養食。柳川鍋やみそ汁の具に。

%e3%81%a9%e3%81%98%e3%82%87%e3%81%86%e8%b1%86%e7%9f%a2%e5%8d%b0

バケツの中には大豆(赤い矢印の先をご覧ください)が入っています。大豆を一緒にしておくとドジョウの泥が抜けるんだとか。昔ながらの知恵ですね。

 

新鮮な野菜を眺めて、朝から元気な出店者とお話しするだけでもいい気分転換になりました。朝の清々しい空気を吸い、旬の食材を買ってしっかりと食べる   。これが来る夏を乗り切る秘けつかもしれませんよ(^_-)~♪

 

 

 

六斎市
開設位置 村上市三之町(村上市役所脇道路)
開設日時 毎月2、7、12、17、22、27日 8:00頃~12:00頃
※1月2日と7月7日は休み、7月5日と12月30日は特別に開設されます
※毎月12日は「おまけの日」です

お問い合わせ 0254-53-2111(村上市役所 地域経済振興課)

【お願い】
六斎市へお越しの際は、マスク着用・手指の消毒・3密を避ける等へのご協力をお願いいたします。

 

2020/06/22

シーズン到来! 天然岩ガキ

%e7%ae%b8%e3%81%a7%e6%8c%81%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%92

 

岩ガキがお好きな皆様、お待たせいたしました。
村上に天然岩ガキの季節がやってきましたよー!

 

%e3%82%ab%e3%82%ad%e3%82%92%e7%8d%b2%e3%82%8b%e4%ba%ba

ちょっと興奮気味にスタートしましたが、新潟県村上市の初夏の味覚・天然岩ガキが旬を迎えています。国道345号の笹川流れと呼ばれる辺りでは、岩ガキやサザエといった貝類を捕る小型船が岩場付近にぽつりぽつりと浮かんでいます。道行けば、あちらこちらでパタパタとはためく「岩ガキ」ののぼり。そのうちだんだん食べたくなってきて、気が付くと店ののれんをくぐって「岩ガキください」なんて口走っていたり。

 

   というわけで、ことしも天然岩ガキをいただいてきました。

 

%e3%81%a1%e3%81%a9%e3%82%8a%e5%a4%96%e8%a6%b3

今回おじゃましたのは、JR桑川駅のすぐ目の前にある民宿・食堂 ちどり。地元の海で捕れた鮮度抜群の魚介を提供する店です。

 

%e5%ba%97%e5%86%85

%e3%81%a1%e3%81%a9%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e6%99%af%e8%89%b2

小上がりは海を臨む特等席。絶え間なく聞こえる波の音や潮の香りに癒やされます。

 

%e5%b2%a9%e3%82%ac%e3%82%ad3%e3%81%a4

さて、そうこうしているうちに運ばれてきた岩ガキがこちら。大きなむき身が3個*で1,200円(税込)、安いぞ!
*岩ガキの大きさによって個数が変わります

 

%e7%a7%98%e4%bc%9d%e3%81%ae%e7%94%98%e9%85%a2%e3%81%bf%e3%81%9d

ちどりの特徴は、岩ガキに甘めの酢みそが添えられていること。岩ガキを食す際はレモンや酢じょうゆが定石ですが、こちらでは酢みそを付けていただくようです。

 

%e7%94%98%e9%85%a2%e3%81%bf%e3%81%9d%e3%82%92%e4%bb%98%e3%81%91%e3%81%a6

わたくし、岩ガキを酢みそでいただくのはこれが初めて。どんなお味なのかしら……とかぶりついてみると、意外や意外(失礼)絶妙のマッチング! 岩ガキのくせのあるうま味(これがうまいのだけど)を酢みそが上手に包み込みます。

ちどりの主人曰く、酢みそで食べさせるのは近辺ではここだけとのこと。もちろん、酢じょうゆの用意もありますが、まずは酢みそでご賞味を。

 

%e3%83%ac%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%92%e7%b5%9e%e3%81%a3%e3%81%a6

残りの岩ガキは、やっぱり慣れ親しんだ味で。添えられていたレモンをギュッと搾り、しょうゆをかけていただきました。

 

ちどりの主人の話しでは、ことしの岩ガキは出始めにしては粒が大きいとのこと。生の天然岩ガキは8月中旬頃まで楽しめるそうです。年に一度のお楽しみ・村上の天然岩ガキ、どうぞ食べ逃さないでくださいね。

 

他のお食事に関する記事はこちらをご覧ください。
>>むらかみシュラン 村上市桑川駅前「民宿・食堂 ちどり」(2017年8月1日)

 

 

 

%e3%81%a1%e3%81%a9%e3%82%8a%e5%a4%96%e8%a6%b32

民宿・食堂 ちどり
所在地 村上市桑川904-3
電話番号 0254-79-2417
営業時間 10:00~19:00
定休日 食堂は年中無休
公式サイト>>http://www.e-chidori.com

 

2020/05/19

六斎市 ― 薫風の候 ―

%e5%85%ad%e6%96%8e%e5%b8%82image

 

前回六斎市を訪れたのは1月後半、二十四節季の一つ・大寒のころでした。あれからおよそ4カ月、当時は想像もしなかった悪い夢のような時間が過ぎて、今ようやく本市がある新潟県も緊急事態宣言の解除に至ります。この間も六斎市は休むことなく開設され、村上市民の台所としての役割を果たし続けました。そこには百年以上*続く、歴史ある市場としての矜持を感じます。*大正8(1919)年開設

 

さて、大寒のころから季節は巡り、今は薫風が吹き抜ける5月半ばです。六斎市の店先には、豊かな山の恵み・山菜をはじめ、初夏へと向かう旬の食材が並んでいました。

 

%e5%b1%b1%e8%8f%9c3%e7%a8%ae

天然採取の山菜の数々。種類も豊富で眺めているだけでも飽きません。

 

%e3%82%bf%e3%83%a9%e3%81%ae%e8%8a%bd

「山菜の王様」と呼ばれるタラの芽

 

%e5%b1%b1%e3%82%a6%e3%83%89

独特の香りと苦みが人気の山ウド

 

%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93

ポピュラーな山菜の一つ、ワラビ

 

%e3%82%a8%e3%83%a9_%e3%83%9f%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%b5_%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%93

店の人は「エラ」と呼んでいたミヤマイラクサ(アイコとも)。

 

%e4%b9%be%e7%87%a5%e3%81%9c%e3%82%93%e3%81%be%e3%81%84

新物の乾燥ゼンマイ

 

%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%83%8e%e3%82%b3

タケノコもたくさん出ていました。

 

海産物も春~初夏の味覚が並んでいました。

%e5%b0%8f%e9%af%9b

タイは通年楽しめますが、小ダイは今が旬。先ほどのタケノコと合わせて、炊き込みご飯や煮物、酒蒸しなんかもいいですね。

 

%e6%b5%b7%e5%ba%9c%e7%94%a3%e6%96%b0%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%82%81

%e6%b5%b7%e5%ba%9c%e7%94%a3%e9%9d%92%e3%81%95

地元・海府で採れた新物ワカメ・あおさ

 

野菜苗を扱う店もいくつか見かけました。

%e9%87%8e%e8%8f%9c%e8%8b%97

トマトやナス、カボチャなど、今植えれば夏~秋に収穫できる野菜・果物の苗が並んでいます。値段もなかりリーズナブルで、自転車のかごいっぱいに買っていく人もいました。外出自粛の影響で家庭菜園を楽しもうと考えている人も多いそうです。

 

いつもと変わらぬ様子で活気ある六斎市でしたが、店の人・買い物客のほとんどがマスクを着用していたのが印象的でした。これから先もどんな変化が起こるのか分かりませんが、六斎市は変わらぬ姿で続いていくのではないか    そんな風に思った取材でした。

 

【お願い】
現在、緊急事態宣言の解除対象となっている新潟県ですが、これまで同様、ウイルスへの警戒は継続中です。マスク着用・手洗いの徹底・3密を避ける等へのご協力をお願いいたします。また、県境をまたいでの移動はお控えいただきますようお願いいたします。

 

 

 

六斎市
開設位置 村上市三之町(村上市役所脇道路)
開設日時 毎月2、7、12、17、22、27日 8:00頃~12:00頃
※1月2日と7月7日は休み、7月5日と12月30日は特別に開設されます
※毎月12日は「おまけの日」です

お問い合わせ 0254-53-2111(村上市役所 地域経済振興課)

 

先頭に戻る