HOMEおすすめ特集旬、とれたて! > 観光農園

旬、とれたて! 旬、とれたて!

 

食材の宝庫である新潟県村上市。
その魅力たっぷりの海の幸・山の幸・里の幸の情報をいち早く皆さまにお届けします!

 

※写真に写っている価格は取材当日のものです
※品ぞろえは天候や収穫・漁の状況などにより変わります

  

2021/07/02

旬を摘もう【6】観光ブルーベリー園 たかのファーム

image_%e3%83%88%e3%83%ad

6月はベリーの季節、ラズベリーやジューンベリーといった小粒で甘酸っぱい果実が次々に実ります。今回紹介するブルーベリーもまさに今が旬、先月19日に開園した観光ブルーベリー園 たかのファームへおじゃまし、濃紫色の実が鈴なりの農園内を見学してきました。
(取材日:2021年6月30日)

 

まずは、たかのファームへの道順を紹介します。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

国道7号から清流・荒川の右岸を走る道へ進み、小岩内集落へ。集落内で道が二又に分かれるので、国道113号に向かう方へ進み、写真矢印の道(農道)へ進みましょう。
開園期間中はのぼりも立っています。

 

%e9%81%93%e9%a0%861

のぼりに沿って農道を行くと、青い防風ネットに囲まれた農園が見えてきます。
小岩内農村公園のすぐ近くです。

 

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%9c%a8%e3%81%8c%e4%b8%a6%e3%81%b6%e6%a7%98%e5%ad%90

18アールの休耕田に約20品種・800本ものブルーベリーを育てている、たかのファーム。早生~晩生の多品種を扱うことで、開園期間中はいつでも完熟の実を摘んでもらえるよう工夫しています。

 

%e9%85%b8%e6%80%a7%e3%81%ae%e5%9c%9f

木は一本ずつコンテナで栽培し、ブルーベリーが好む酸性で水はけのいい培地を保っています。コンテナ同士の間隔も広くとっていて、ブルーベリー狩りを楽しむ人たちが快適に過ごせるように工夫されています。

 

 

たかのファームにある主な品種は次の通り。

%e3%82%aa%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%ab

オニール[サザンハイブッシュ系]
早生品種で皮が薄く、とてもジューシー。

 

%e3%83%8c%e3%82%a4

ヌイ[ノーザンハイブッシュ系]
大粒の早生品種。甘みと酸味のバランスがいいのが特長。

 

%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

ミスティ[サザンハイブッシュ系]
6月中旬~7月上旬が旬。食味・香りがいい。

 

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%97

ブルークロップ[ノーザンハイブッシュ系]
6月中旬に旬を迎える、酸味と甘みの調和がとれた品種。

 

%e3%83%87%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc

デニスブルー[サザンハイブッシュ系]
大粒でバランスのいいおいしさ。

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%bc

チャンドラー[ノーザンハイブッシュ系]
500円玉大に育つ最大品種。旬は6月下旬~7月中旬。

 

農園の最盛期は7月10日頃とのことですが、それ以降も糖度の高いサンシャインブルーオザークブルー、サクランボのように赤いピンクレモネードといった晩生品種が楽しめるそうです。

 

 

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%8b%a9%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%9e%e3%83%80

この日は、小岩内集落の女性3人がブルーベリー狩りを楽しんでいました。

 

%e6%91%98%e3%82%93%e3%81%a0%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc

入園料500円*で60分食べ放題。摘んだブルーベリーは100g 200円で持ち帰れます。
*開園3周年特価

 

大粒で皮が柔らかく、種も口の中に残らない、たかのファームの完熟ブルーベリー。次々に旬を迎える、いろいろなおいしさのブルーベリーを食べ比べてみてください。

 

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%8f%a3

観光ブルーベリー園 たかのファーム
所在地 村上市小岩内中野堂1920(小岩内農村公園近く)
電話番号 090-2492-2025
開園期間 例年6月中旬~7月末頃 ※なくなり次第閉園する場合があります
営業時間 10:00~16:00
定休日 不定休
駐車場 あり

【料金】
●入園料 …500円(60分食べ放題)※幼児無料
●摘み取り量り売り …100g 200円~
●パック販売 …100g 300円~
※料金はすべて税込です

※新型コロナウイルス感染症の流行状況によって休園や入園制限をする場合があります。お出かけ前にお問い合わせください

 

2021/04/28

旬を摘もう【5】荒島わらび園

%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93%e3%81%9f%e3%81%a1

山の緑も日々濃くなっていき、もうすぐ5月。早春のフキノトウから始まり、タラの芽やコシアブラ、コゴミといった山菜が次々に芽を出して、爽やかでちょっとほろ苦い春の味がわれわれを楽しませてくれます。

 

さて、5月といえば新潟県村上市はワラビの季節。例年多くの方が訪れる荒島わらび園も5月1日(土)に開園し、同月末まで収穫が楽しめるとのこと。今回は、開園直前のわらび園へおじゃまして収穫体験をしてきました!
(取材日:2021年4月22日)

 

%e9%81%93%e9%a0%86

まずは、荒島わらび園への行き方を紹介します。国道7号と国道113号が交わる村上市坂町「十文字交差点」を関川村方面へ。約500m先に「グリーンパーク荒川総合運動公園」の看板が見えてくるので、そちらへ進入します。ここからは道なりに進み、途中の高坪山登山者用駐車場を過ぎてしばらく行くと到着です。

開園後は、道沿いにのぼり旗等が設置されるので、それをたどって行きましょう。
★十文字交差点から約4km(車で約10分)です
★運動公園を過ぎると道幅が狭くなるのでご注意ください

 

%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93%e5%9c%92%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%81%93

わらび園周辺にはレンギョウ(ことしはもう散ってしまいました。残念!)が連なって植えられています。取材当日はヤマザクラが見頃を迎えていてキレイでした。

 

%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%8f%a3

こちらが荒島わらび園の入り口です。開園すれば受付所が設置され、入園料(大人1,500円・中学生500円)を払うと摘んだワラビを入れる指定の袋(3~4kg入ります)がもらえます。

 

収穫体験をする前に服装・持ち物をチェック!

%e6%8c%81%e3%81%a1%e7%89%a9

ほ場は下草が刈られ整備されていますが、長袖・長ズボン着用、長靴と軍手は必須(枯れた草やトゲのある植物も生えています)です。日をさえぎるものがないので帽子も用意しましょう。かばんは両手が使えるようにリュックサックがオススメです。日焼け止めや虫よけ等もあるとさらに安心です。

 

%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

こちらがワラビ採り初心者(すがいなお)です。
※手に持っているのはワラビを入れる指定の袋

 

%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab

ちなみに、ワラビ採りプロ(荒島わらび会の皆さん)はこのような出で立ち。
※撮影のためマスクを外しています

 

それでは、ワラビ採り体験スタート!

%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93%e7%95%91

荒島わらび園は、かつて桑畑だった山の斜面を整備して2016年に開園しました。約20ha(東京ドーム約4個分!)の広大なほ場にワラビがニョッキ!ニョッキ!!と生えています。

 

%e3%81%84%e3%81%84%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93

ワラビを選ぶポイントは茎が太くてまっすぐ長いもの・先端が開いていないもの

 

%e6%a0%b9%e5%85%83%e3%82%92%e3%81%bd%e3%81%a3%e3%81%8d%e3%82%8a%e3%81%a8

いいワラビを見つけたら、茎の根元をつかんでポキッと折ります。
躊躇なくグイッと傾けると気持ちよく折れます。

 

%e8%a2%8b%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%81%ae%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93

小一時間も採っていると指定の袋もいっぱいになりました。
最高12kgも採った人がいたそうです。

 

%e9%ab%98%e5%8f%b0%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e7%9c%ba%e3%82%81

山の斜面を振り返ると、眼下には清流・荒川や日本海が見えます。
この日は見えませんでしたが、沖に浮かぶ粟島が見えることも。

 

%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93%e5%9c%92%e3%81%ae%e5%b0%8f%e5%be%84

園内には小川が流れ、野花が咲き乱れ、小鳥がさえずり……とまるで楽天地のよう。ワラビ採りの合間に周辺を散策し、のんびり過ごすのもいいですね。

春の山菜・ワラビの収穫が存分に楽しめる荒島わらび園、ぜひお出かけください!

 

 

%e3%83%af%e3%83%a9%e3%83%93%e5%8f%96%e3%82%8a

荒島わらび園
所在地 村上市荒島
電話番号 090-3507-8502(小島)・090-3226-3301(斎藤)
駐車場 約30台分

 

<2021年の開園について>
開園期間 
2021年5月1日(土)~5月末 ※予定
開園曜日 水・土曜日 ※週2回
開園時間 10:30~12:00
料金 大人1,500円・中学生500円 ※小学生以下無料
★雨天でも開園します。料金と引き換えにワラビを入れる指定の袋をお渡しします
★新型コロナウイルス感染症の流行状況や社会情勢等により中止・変更となる場合があります。あらかじめご了承ください

 

2020/09/16

旬を摘もう【4】菅井農園

%e8%8f%85%e4%ba%95%e5%85%84%e5%a6%b9
撮影協力:(左から)菅井なぎさちゃん・勇吹くん・柚季くん

 

9月も半ばになり、日中もずいぶんと過ごしやすくなった新潟県村上市。季節は夏から秋へと移り変わり、田んぼでは稲刈りが始まり、直売所やスーパー等には秋の味覚が並びはじめています。

 

秋の味覚もいろいろありますが、ブドウもその一つですね。今回紹介する菅井農園(SUGAI FARM)は、ブドウ狩りも楽しめる観光農園です。
(取材日:2020年9月2日)

 

%e8%be%b2%e5%9c%92%e3%81%ae%e5%85%a8%e6%99%af

日本海東北自動車道「朝日まほろばIC」から車で約5分、朝日エリアの一大観光拠点・道の駅 朝日(朝日みどりの里)も至近の好立地にある菅井農園。ブドウをメインに、桃やリンゴ等の栽培も手掛けています。

 

毎年秋に開園するブドウ狩り用の広いハウスには13品種ものブドウが植えられ、秋が深まるごとに違った品種のブドウ収穫が楽しめます。

 

おじゃました頃は下記のブドウが最盛期を迎えていました。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%88
ブラックビート

%e7%bf%a0%e5%b3%b0%e3%81%99%e3%81%84%e3%81%bb%e3%81%86
翠峰(すいほう)

%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8a
クインニーナ

 

9月中旬には、「シャインマスカット」や「ゴールドフィンガー」といった、近年人気の品種も収穫できるそうです。

 

%e5%85%84%e5%a6%b9%e3%81%a7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e7%8b%a9%e3%82%8a

ハウスでは、化学肥料を一切使わず、農薬も通常の8割減でブドウを育てています。肥料にもこだわり、カキ殻や乾燥昆布、自家製米ぬかボカシ(年3回)など、有機質100%・天然由来の肥料を与えています。また、除草剤も使っていないため、収穫したブドウはそのまま食べても安心・安全です。

 

ブドウの木を自然のままに、かつ健康に育てるためには大変な手間と労力とがかかります。しかし、エコファーマー認定を受け、「自然にやさしく、お客様に感動を与える農作物を作る」を理念に掲げる菅井農園では、これらの努力を惜しみません。

 

%e4%bc%91%e6%86%a9%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

%e3%82%b3%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%81%ae%e9%81%8a%e5%85%b7

例年、ブドウ狩りのシーズンは多くのお客様でにぎわいますが、ことしは新型コロナウイルス感染症対策のため完全予約制で営業中です。休憩スペースや遊具も数を減らして対応中とのこと。

 

菅井農園の新型コロナウイルス感染症対策については公式サイトをご覧ください。
>>http://sugai-fruits.com/(外部リンク)

 

%e5%a3%b2%e5%ba%97%e5%86%85%e9%83%a8

ブドウ狩りをしない方でも、併設の売店で完熟の摘みたてブドウが購入できます。

 

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%81%ae%e5%b9%b2%e3%81%97%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%a1%83%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%a0

菅井農園オリジナルの加工品も並びます。自然な甘さの大粒干しブドウや添加物を一切使用していない桃のジャム、また、仙台のワイナリーで仕込んでもらった無濾過・自然派ワイン(白ワイン・スパークリングワイン)も人気です。

 

%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%a0

%e9%ab%99%e6%a9%8b%e8%be%b2%e5%9c%92%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%a0

%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4

理念を同じくする人たちが手掛けるジャムやハチミツ等も取り扱っています。

 

菅井農園が丹精込めて育てたこだわりのブドウ、ぜひご自身で摘み取って、そのおいしさをじかに味わってみてください。

 

 

 

%e8%8f%85%e4%ba%95%e8%be%b2%e5%9c%92_%e5%a3%b2%e5%ba%97%e5%a4%96%e8%a6%b3

菅井農園
所在地 村上市猿沢字田添4119-2
電話番号 0254-60-2770
駐車場 20台
公式サイト>>http://sugai-fruits.com/

 

<ブドウ狩りについて>
開園期間 2020年9月1日(火)~10月中旬 
開園時間 9:00~17:00
料金 入場料無料 ※収穫したブドウは量り売り
★新型コロナウイルス感染症対策として完全予約制で営業しています。詳細は上記公式サイトをご確認ください。
★荒天の場合は臨時休業する場合があります。

 

先頭に戻る