HOMEおすすめ特集 > 瀬波大祭

瀬波大祭 瀬波大祭

 

木遣り唄は勇壮でテンポが速く、引き手の心意気が感じられる祭りです。

 

○●○

 

開催日
毎年9月3日 宵祭り(午後 町内巡行)/ 4日 本祭り(本巡行)

 

 

露店開設期間
例年 9月4日・5日(予定)

 

2017/03/25

瀬波大祭の屋台

瀬波大祭の屋台5台について紹介します。

 

 

瀬波浜町 せなみはままち

01hamamachi_img_6110

瀬波浜町の屋台は、明治18(1885)年に火災に遭い、その後に再建されました。
そのため、屋台に漆は塗られてなく、白木の屋台です。

屋台には、気比丸(けひまる)という
神様が瀬波の浜に上陸した際に乗っていた船をかたどったものを飾っています。

 


 

瀬波中町 せなみなかまち

02nakamachi_img_6107

瀬波中町の屋台は、瀬波では一番大きな屋台です。
昔、村上の大工町から購入したと伝えられています。
屋台には恵比須(えびす)像が飾られています。

 


 

瀬波新田町 せなみしんでんまち

03shindenmachi_img_6099

浜町同様に火災に遭い、戦後の昭和24(1949)年に再建された屋台で白木造りです。
屋台の飾り物は、大きな御神酒徳利(おみきどっくり)です。
※昔は布袋(ほてい)像だったそうです

 


 

瀬波上町 せなみかんまち

04kanmachi_img_6097

彫刻を施した総漆塗りの華麗な屋台です。二階の飾り物は、大黒天(だいこくてん)像です。
屋台の道具を収納する箱書きには、享保の年号が書かれており、歴史のある屋台といえます。

 


 

学校町 がっこうちょう

05gakkou_img_6116

町自体が新しいので、屋台も平成8(1996)年に造られた屋台です。
二階の飾り物は、町名にふさわしく、学問の神様・菅原道真(すがわらのみちざね)像です。

 

先頭に戻る