注目! 村上の“旬”レポート 村上市の旬な情報・話題を隊員たちが報告します!もっと見る

イベント情報もっと見る

  • 「はらこ」とは、村上の方言でイクラのことです。
    ことしのはらこ丼フェスティバルの参加店は総勢21店舗。
    各店独自のはらこ丼が楽しめます。食べ比べが楽しめるのは、旬の今だけ!

    【参加店】
    ●おもてなしの宿 石田屋
    ●割烹 味作
    ●たこ正(たこまさ)
    ●郷土料理 入船(いりふね)
    ●和食四川料理 千経(せんけい)
    ●和風レストラン 平内(へいない)
    ●そば処 桧木屋(ひのきや)
    ●サーモンハウス はらこ茶屋
    ●石挽き蕎麦と和食処 悠流里(ゆるり)
    ●料亭 能登新(のとしん)
    ●やすらぎ処 石亀(いしがめ)
    ●割烹 千渡里(ちどり)
    ●たにがわや
    ●大町文庫 海鮮一鰭(いちびれ)
    ●千年鮭 井筒屋
    ●割烹 善蔵
    ●道の駅 笹川流れ 夕日会館
    ●朝日みどりの里(道の駅 朝日)
    ●和風レストラン 美咲
    ●岩船港直売所 漁師食堂
    ●割烹食堂いそべ

    【備考】
    ●パンフレットの掲載情報は2019年10月1日現在のものです。予告なく変更となる場合があります。
    ●メニュー価格は全て税込価格です。仕入れ状況等により、価格が変動する場合があります。
    ●パンフレットに掲載の写真は実際の提供料理と異なる場合があります。
    ●営業時間および定休日は各店により異なります。詳細は各店舗にお問い合わせください。

  • 居繰網漁(いぐりあみりょう)は、現在は三面川(みおもてがわ)だけに残る江戸時代から伝わる伝統漁法です。
    居繰網漁は、「小回し舟」という川舟3艘で行います。3艘のうち2艘は網を操りながら川下に「八」の字で下ります。もう1艘は、2艘の舟の間に鮭を追い立てます。鮭が網にかかると双方の漁師が網を上げて鮭を捕らえます。
    居繰網漁は、村上の秋~初冬にかけての風物詩です。

    【実施時間】
    平日・土曜 …9:00~10:30頃
    日曜・祝日 …9:00~10:30頃/13:00~14:30頃

    【料金】
    見学無料

    【備考】
    ●漁の状況によって早く終了する場合があります。
    ●悪天候や西風が吹くとき等は出漁しない場合があります。

  • 新潟県・庄内エリア デスティネーションキャンペーン開催記念企画。
    三面川を遡上する鮭や鮭漁の様子、塩引き鮭の干し上げ風景、村上の鮭料理など、写真家・中村修さんが長年にわたり撮影し、このたび村上市へ寄贈いただいた写真により、村上の鮭文化を紹介します。

    【写真家プロフィール】
    中村 修(なかむら しゅう)さん
    昭和14年 東京都世田谷区生まれ。現在は千葉県酒々井町在住。日本写真協会会員。
    東京写真短期大学(現・東京工芸大学)卒業後、交通写真工芸社に8年勤務、その間に国鉄広報部の撮影を担当。全国各地のSL・電車・列車・国鉄バス・連絡船等を撮影する。その後、主婦と生活社 写真部に勤務。皇室と芸能を担当し、のちに実用書など多分野の撮影を担当する。30年勤務し退職、平成10年よりフリーとなり、現在に至る。
    季語の風景、自然とともに暮らす人々などをテーマに撮影する。村上での撮影も、そのテーマに沿ったものである。

    【料金】
    大人600円/小中高生300円(イヨボヤ会館通常入館料)

    【備考】
    ●2019年12月29日(日)~31日(火)は休館します。
    ●2020年1月1日(月・祝)~3日(金)は臨時開館(10:00~15:00[最終入館14:30])します。

2019年11/14今日の村上もっと見る

天皇陛下が本日より臨まれる大嘗宮の儀...

Instagram

#むらかみ旅ってつけて
投稿してください!

皆様からの投稿はこちら

先頭に戻る