HOME見る・楽しむ > まつり

まつり

絢爛・勇壮・心意気 まつり

市内外から多くの観光客が訪れる「村上三大まつり」とは新潟県無形民俗文化財の村上大祭と岩船大祭。そして、瀬波大祭のこと。若衆扮する獅子が躍動する村上七夕祭り。各集落で舞われる神楽舞や獅子踊り。村上には歴史があり、色彩豊かな祭りがあります。地元の人との触れ合いも楽しい。村上人の「まつり愛」がよく分かる。村上の祭りに来てみませんか。

「村上三大まつり」を知る!1 村上大祭 7月6日・7日開催

「村上三大まつり」を知る!1 村上大祭 7月6日・7日開催

寛永10(1633)年に藩主・堀直竒(ほり なおより)が今の地に西奈彌(せなみ)羽黒神社社殿を造営し、臥牛山の元羽黒から御遷宮した時に遷宮祭を執行したのが起こりとされています。県下三大祭の一つにも数えられ、3基の神輿に御神霊を奉遷して、荒馬14騎と稚児行列を先導に町内を巡行する「お旅神事」ですが、その後に続く19台の屋台(通称:おしゃぎり)は圧巻です。

詳しくはこちら
「村上三大まつり」を知る!2 瀬波大祭 9月3日・4日開催

「村上三大まつり」を知る!2 瀬波大祭 9月3日・4日開催

瀬波大祭は西奈彌(せなみ)神社の祭礼です。朝、御神霊が神輿に移されると、先太鼓を先達に渡御行列が始まります。これに5台の屋台が続きますが、先頭の浜町の屋台には、神社の祭神・気比大神が敦賀から海路で瀬波に上陸したことに由来して、気比丸(お船様)が載せられます。祭唄は勇壮でテンポが速く、漁師町の心意気が感じられます。

詳しくはこちら
岩船大祭 10月18日・19日開催

岩船大祭 10月18日・19日開催

岩船大祭は、祭神が「石の舟」でこの地にお越しになったという伝説に由来する、石船(いわふね)神社の祭礼です。「舟囲い」ともいわれ、その年の海の恵み・山の恵み、あらゆるなりわいに感謝する、この地方の一年を締めくくる秋祭りでもあります。絢爛華麗な9台の屋台を中心としており、昭和63(1988)年には新潟県無形民俗文化財に指定されました。

詳しくはこちら
ほかにもあるよ!村上のまつり!!

おまつり情報

こだわり検索をする

大須戸能

大須戸能は、伝えによれば弘化元(1844)年の冬、庄内黒川の能役者・蛸井甚助が大須戸に逗留した際、村人が指導を受けたとされ、嘉永5(1852)年の記録には「古来の能装束が欠損して役に立たなくなったので奉納を願う」と記されています。
現在は、毎年4月3日に大須戸・八坂神社能舞台で行われる定期能と、8月15日に朝日みどりの里 日本庭園特設会場で行われる薪能で鑑賞することができます。

【開催日】
●定期能…毎年4月3日(村上市大須戸 八坂神社)※2021年は観覧者を大須戸区民に限定して実施予定です
●薪能…毎年8月15日(朝日みどりの里 日本庭園特設会場)※雨天時は会場を変更します

西奈彌羽黒神社(せなみはぐろじんじゃ)

一般的には略して羽黒神社と呼んでいます。祭神は奈津比売命(なつめのみこと)・倉稲魂命(うがのみたまのみこと)・月読命(つきよみのみこと)です。
寛永10(1633)年、時の村上藩主・堀丹後守直竒が神社を上(城)から見下ろすのは畏れ多いとして現在の地に遷宮しました。この遷宮祭が行われたのが6月7日で、新暦になってからは7月7日に大祭が行われています。
元禄3(1690)年に村上藩主・榊原勝乗が建立した社殿(神明宮)は、昭和44(1969)年に新潟県有形文化財に指定されています。

塩谷大祭

承安3(1173)年創建の鹽竈神社の秋例祭です。
明治中期に作られた重量800kgの神輿が、ご神体を乗せ、一日かけて村上市塩谷地区を巡行します。
夕暮れ時に、鳥居前で男衆が神輿をもむさまは見ごたえあります。

【開催日】
毎年9月20日

岩船七夕まつり

江戸時代から続く旧盆の民俗行事です。
ガツボ(マコモ)で作った馬を化粧し、茅の船に乗せて先祖の霊を迎えます。

【開催日】
毎年8月6日

村上七夕まつり

村上の七夕は、睡魔を払う「ねぶり流し」、江戸時代に五節句の一つとして中国から伝わった「星祭り」、邪気を払って延命を願う「伊勢信仰」が結び付き、明治時代には現在のような形になったといわれています。
村上七夕の主役は子どもたちです。七夕屋台が各町内を巡行し、ご祝儀をいただいた家の前では獅子舞を踊り、悪鬼を追い払います。

【開催期間】
毎年8月16日・17日

おしゃぎり会館(村上市郷土資料館)

村上大祭で引き回される「おしゃぎり」と呼ばれる山車を常時4台(うち1台は展示用)展示していることから「おしゃぎり会館」と呼ばれています。2階展示場には、村上藩歴代城主の資料や刀剣・甲冑などの歴史資料の展示を行っています。毎年3月には「城下町村上に伝わるひな人形展」を開催しています。

村上大祭

寛永10(1633)年に藩主・堀直竒(ほり なおより)が今の地に西奈彌(せなみ)羽黒神社社殿を造営し、臥牛山の元羽黒から御遷宮した時に遷宮祭を執行したのが起こりとされています。
3基の神輿に御神霊を奉遷して、荒馬14騎と稚児行列を先導に町内を巡行する「お旅神事」ですが、その後に続く19台の屋台(通称おしゃぎり)は圧巻です。

2018年には「村上祭の屋台行事」として、国の重要無形民俗文化財に指定されました。
新潟三大高市(たかまち=縁日)の一つにも数えられる、歴史と伝統ある祭りです。

瀬波大祭

瀬波大祭は、西奈彌(せなみ)神社の祭礼です。朝、神霊が神輿に移されると、祭りの始まりを告げる先太鼓を先達に渡御行列が始まります。これに5台の屋台が続きますが、先頭の浜町の屋台には、神社の祭神である気比大神が敦賀から海路を使い、瀬波の地に上陸したことに由来して、気比丸(お船様)が乗せられます。屋台は夜遅くまで町内を練り歩き、祭唄は勇壮でテンポが速く、漁師町の心意気が感じられます。

【開催期間】
毎年9月3日(宵祭り)・4日(本祭り)

西奈彌神社(せなみじんじゃ)

千年以上も前に書かれた『延喜式神名帳』にある磐船郡8座の中にあり、長い歴史があります。福井県敦賀市にある氣比(けひ)神宮と深く関わりがあるといわれ、明治の初めまでは「氣比大明神(けひだいみょうじん)」「氣比大神宮(けひだいじんぐう)」と呼ばれていましたが、その後「西奈彌神社」と呼ばれるようになりました。現在でも、福井県の氣比神宮と同じ9月4日が祭礼です。江戸時代からの社殿は、明治18(1885)年10月の大火で焼失しました。本殿は、平成3(1991)年に再建されています。
『瀬波っていいね』(活気ある町瀬波まちづくり推進協議会)より

村上市花火大会 in 清流あらかわ

毎年8月の第1金・土曜日に開催される、村上の夏の風物詩。一日目は前夜祭として、JR坂町駅前にて神輿渡御や民謡流し。二日目は清流・荒川の河川敷で花火大会が行われ、夏の夜空を鮮やかに彩ります。フィナーレを飾る尺玉100連発は圧巻です!

【開催日】毎年8月の第1金・土曜日

先頭に戻る