HOME食べる > 村上茶

村上茶

香り高き銘茶 村上茶

村上茶の歴史は古く江戸時代初期までさかのぼります。海から寒風が吹きつけ、雪が積もる村上市は決して栽培に適した土地柄とはいえません。しかし、北限の茶処・村上の今日があるのは先人をはじめ、茶業に携わる人たちのたゆまぬ努力があったからにほかなりません。現在は、若い担い手による
村上茶の紅茶の復活などもあり、村上茶は日々深化しています。

村上茶の歴史

村上茶の歴史

江戸時代初期(1620年代)、時の城主・堀直竒(ほり なおより)が江戸駒込の藩邸で栽培されていた種子を村上に移植した、という説と、同年に村上藩の大年寄・徳光屋覚左衛門(とくみつや かくざえもん)が宇治から種子を買い求めて植えさせた、という説の2説があります。いずれにしても、村上茶には約400年の歴史があります。

おいしいお茶のいれ方

おいしいお茶のいれ方

お茶は嗜好(しこう)品なので、人によって好みが異なります。また、お茶はいれ方によっても味が大きく変化します。つまり、決まった「おいしいお茶のいれ方」というものはなく、その人が好きないれ方・楽しみ方があり、それを探求することがお茶の世界を広げてくれるのです。では、上記を踏まえた上で、おいしいお茶をいれるためのポイントを数点お教えします。

村上茶をより楽しむ! 茶摘体験・村上茶ムリエ講座

村上茶をより楽しむ! 茶摘体験・村上茶ムリエ講座

村上茶をもっと楽しみたい!もっと知りたい!という方を対象に、毎年5月下旬に「茶摘体験」、10~12月に「村上茶ムリエ講座」を開催しています。募集のお知らせは、イベント情報などをご覧ください。

こんな村上茶もあります!!
詳しくはこちら


先頭に戻る