HOME観光スポット > 冨士美園

観光スポット

冨士美園

城下町村上町屋エリア
喫茶・軽食
村上茶

茶寮カネエイ

村上茶入り抹茶ソフトクリーム

「城下町村上 春の庭 百景めぐり」の様子

「城下町村上 町屋の屏風まつり」の様子

創業・明治元(1868)年の村上茶の老舗

●茶寮カネエイについて
[営業日]平日のみ(予約制・土日祝は休み)
[営業時間]11:00~17:00(Lo 16:30)
[予約方法]冨士美園facebookメッセージ、下記メールアドレスに前日までにご予約ください。
※当日予約(当日に空席がある場合に限る)は下記の電話番号にお願いします
※詳しくは下記ホームページや当店SNS(Facebook・Instagram)でご確認ください
※冨士美園は通常通り営業しています
おすすめ! 【茶寮カネエイについて】
店舗奥にオープンしたカフェスペースです。
※コーヒー、食事はございません

【お品書き】
●セット …以下の茶種(煎茶・抹茶・雪国紅茶・雪国烏龍・ほうじ茶・手もみ茶)よりお選びいただけます。お菓子は和菓子・洋菓子からお選びいただけます。
●単品
・村上茶ジェラート4種盛り
・ボトリングティー
・日本酒
住所 村上市長井町4-19
電話番号 0254-52-2716 0254-52-2716
FAX 0254-62-7727
メールアドレス tea@fujimien.jp
URL http://www.fujimien.jp/
営業時間 8:00~19:00 【茶寮カネエイ】11:00~17:00(LO 16:30)
アクセス(車) 日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から車で約3分
アクセス(電車・バス) JR羽越本線「村上駅」から徒歩で約18分
駐車場(台数) 3台
定休日 元日(「茶寮カネエイ」は水曜定休)
大きなマップで目的地までのルートチェック
スポットを
お気に入りに登録して
オリジナルのMy旅コースを作ろう!
My旅コースの作成

関連スポット

小坂園

町屋のお休み処 えんや

越後村上、町屋のお休み処 えんやです。 えんやの「えん」は、ご縁の縁、円満の円、そして気持ちが丸く、穏やかになる心の円。訪れる方々との「えん」を大切に思いながら皆様をお待ちしております。喫茶も営業しておりますが、町屋見学や休憩だけでも大歓迎です。どなた様もお気軽にお立ち寄りくださいませ。 【建物のご紹介】 当町屋の建物は、大正14(1925)年の建築で、家主は大工さんでした。随所に良質な木材を使った建物は見応えがあり、茶の間に上棟式で使われた矢羽根が飾られているのは大工さんの家ならではの光景です。平入りの村上町屋特有の造りを、ぜひご覧ください。

町屋のギャラリー やまきち

歴史ある町屋を利用したギャラリーで、地元の作家や伝統工芸士が手がけた作品を展示販売しています。羽越しな布や山辺里織(さべりおり)、塩引き鮭のパッチワークなど、村上ならではの温かみが感じられる手仕事の数々をご覧ください。町屋造りの通り土間や茶の間も見学可能。「さかなや」と入った自在鉤や「嫁隠し」と呼ばれる建具等も必見です。

松本園

北精園

駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」

村上へお越しの際は、ぜひ駅前観光案内所へお立ち寄りください。 楽しい旅のプランをご提案、村上のさまざまな観光情報をご案内します。

民泊 宗田(みんぱく そうだ)

築150年前の古町家を利用した素泊まりの宿です。(自炊可能) お客様のご要望があれば、村上市内のご案内もいたします。 連泊はお得となっております。 【部屋・料金】※全室禁煙 ●竹(10帖和室・4名様まで) …~10,000円/お一人様 ●桜(6帖和室・3名様まで) …~8,000円/お一人様 ●松(6帖和室・3名様まで) …~8,000円/お一人様 ●朝顔(4.5帖洋室・2名様まで) …~6,000円/お一人様 ※相部屋(2段ベッド) ※ペットは応相談 【共同設備】 シャワー、トイレ、洗面台、キッチン、冷蔵庫、ドライヤー、自転車(3台) ※インターネット、Wi-Fi利用可 【備品】 ひげそり、シャンプー、リンス ※浴衣やパジャマ、タオル、歯ブラシ等の用意はありません 【民泊 宗田のイチオシポイント】 ●海外・都会からいらした方・子どもたちの日本古町家体験 ●お祭りやイベント等の観覧 ●裏の畑での農耕体験・自炊調理 ●大工さんの道具で木工作体験

益田甚兵衛酒店

当店にお越しになったら、遠慮なく店の奥の「町屋造り」の建物もご覧ください。大正時代のまま、ゆっくり時間が流れています。村上の地酒、おまかせください!

村上市コミュニティデイホーム

約100年近くにわたって少しずつ手を加えられながら大切に守られてきており、黒く光る梁や柱に時を経たこの家の歴史が感じられます。皆様が交流しながら、集える施設を目指しています。

晩翠堂(ばんすいどう)

空き家となっていた町屋を再生し、芸能や生活文化を体験できる施設にしました。「晩翠堂」とは、明治6(1873)年に村上につくられた塾の名に由来します。

関連観光コース

先頭に戻る