HOME観光スポット > 九重園

観光スポット

九重園

城下町村上町屋エリア
村上茶

店舗外観

「城下町村上 町屋の人形さま巡り」の様子

「城下町村上 町屋の屏風まつり」の様子

住所 村上市小国町3-16
電話番号 0254-52-2036 0254-52-2036
URL https://www.kokonoen.com/
営業時間 8:30~17:30
アクセス(車) 日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から車で約6分
アクセス(電車・バス) JR羽越本線「村上駅」から徒歩で約15分
駐車場(台数) 10台
定休日 元日
大きなマップで目的地までのルートチェック
スポットを
お気に入りに登録して
オリジナルのMy旅コースを作ろう!
My旅コースの作成

関連スポット

北精園

松本園

サードプレイス ふくちゃcafe

野菜好きの管理栄養士が手掛ける料理は、食べる人の健康を考え、旬の食材・地元の食材がふんだんに使われています。 また、食事やスイーツを提供するだけでなく、店舗の一角を子どもたちの「学習ルーム」として開放したり、管理栄養士・保健師として食・健康に関する相談に応じる「ふくちゃ保健室」(要予約)を実施したりと、家庭や学校・職場以外の“第3の居場所”としての活動も行っています。

民泊 宗田(みんぱく そうだ)

築150年前の古町家を利用した素泊まりの宿です。(自炊可能) お客様のご要望があれば、村上市内のご案内もいたします。 連泊はお得となっております。 【部屋・料金】※全室禁煙 ●竹(10帖和室・4名様まで) …~10,000円/お一人様 ●桜(6帖和室・3名様まで) …~8,000円/お一人様 ●松(6帖和室・3名様まで) …~8,000円/お一人様 ●朝顔(4.5帖洋室・2名様まで) …~6,000円/お一人様 ※相部屋(2段ベッド) ※ペットは応相談 【共同設備】 シャワー、トイレ、洗面台、キッチン、冷蔵庫、ドライヤー、自転車(3台) ※インターネット、Wi-Fi利用可 【備品】 ひげそり、シャンプー、リンス ※浴衣やパジャマ、タオル、歯ブラシ等の用意はありません 【民泊 宗田のイチオシポイント】 ●海外・都会からいらした方・子どもたちの日本古町家体験 ●お祭りやイベント等の観覧 ●裏の畑での農耕体験・自炊調理 ●大工さんの道具で木工作体験

常盤園

江戸時代後期、天保10(1839)年に創業し、現在まで村上茶を家業として守り、受け継いできました。栽培・製造・販売までを一貫して行っています。特に「火入れ(乾燥)」工程にこだわり、その季節に合わせた味・香りを引き出すように仕上げています。店舗では、明治時代に建てられた町屋も見学できます。

千年鮭 井筒屋

かつて旅籠であった建物は、江戸時代中期の俳人・松尾芭蕉とその弟子の曾良が「おくのほそ道」の道中で二泊した宿としても知られ、国の有形文化財にも指定されています。 店内では、鮭の名店「千年鮭 きっかわ」(村上市大町)の塩引鮭をはじめとした鮭加工品・珍味を提供し、土鍋で炊いた関川村産コシヒカリとともに味わえます。そのままはもちろん、特別に仕立てた出汁茶をかけて、塩引鮭のお茶漬けにして食べるのもオススメです。 【お品書き】※価格は全て税込です ●鮭料理8品 …2,475円 ●鮭料理11品 …3,520円 ●鮭料理14品 …4,620円 ●鮭料理19品 …5,720円 ●鮭料理22品 …6,820円 ●極上・豪快はらこ丼 …3,895円 ◆2022年5月16日より営業時間・定休日が変わります <営業時間>9:30~16:00(お食事11:00~15:00 ※Lo 14:00) <定休日>火曜日 ※火曜日が祝日の場合は、翌水曜日がお休みになります。 ※10/1~12/15の期間は、鮭料理の季節のため無休で営業します。 ※1月・2月は火曜日・木曜日が定休日です。 ※ゴールデンウイーク等の大型連休・お盆の期間は変則的な振替休日となりますので、店舗へご確認ください。

晩翠堂(ばんすいどう)

空き家となっていた町屋を再生し、芸能や生活文化を体験できる施設にしました。「晩翠堂」とは、明治6(1873)年に村上につくられた塾の名に由来します。

茶館きっかわ 嘉門亭

村上茶のコースを各種甘味とともに、古民家を改装した非日常的な空間の中でお楽しみいただけます。 ※1月・2月は「御茶サロン」はお休み、「ギャラリー嘉門」のみの営業となります。 ※ゴールデンウイーク等の大型連休・お盆の期間は変則的な振替休日となりますのでご確認ください。

駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」

村上へお越しの際は、ぜひ駅前観光案内所へお立ち寄りください。 楽しい旅のプランをご提案、村上のさまざまな観光情報をご案内します。

野澤食品工業

事前に連絡をもらいましたら、塩谷の町屋をご案内いたします。 【野澤食品工業 店舗兼主屋が国の登録有形文化財(建造物)に登録されました】 平成28(2016)年8月1日、旧マルマス醬油蔵・野澤三次郎住宅・瀬賀惣一郎商店兼主屋と倉庫とともに国の登録有形文化財(建造物)に登録されました。

関連観光コース

先頭に戻る