HOMEおすすめ特集 > チビせなみんとおでかけ♪

チビせなみんとおでかけ♪ チビせなみんとおでかけ♪

突然ですが、皆さんはせなみんをご存じですか?
せなみんは、瀬波温泉をPRするために生まれたマスコットキャラクター。

 

%e5%a4%a7%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93

 

瀬波温泉の魅力の一つである
日本海に沈む真っ赤な夕日をモチーフにしており
愛くるしい真ん丸ボディが特徴です。

 

このコーナーでは、瀬波温泉と温泉街の魅力を紹介するため
せなみんの分身・チビせなみんとあちこちお出かけします。

 

2020/06/13

瀬波温泉 花だより【3】

%e3%83%81%e3%83%93%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

約1カ月ぶりの「瀬波温泉 花だより」です。6月上旬、穏やかに晴れた日の瀬波海岸はもう初夏の様相。波打ち際には釣り人が等間隔で並び、砂浜を散策する人の姿もちらほら見られました。海岸に咲く花もずいぶんと変化していました。

 

過去の「花だより」は下記をご覧ください。

花だより【1】
>>http://www.sake3.com/senamin/165

花だより【2】
>>http://www.sake3.com/senamin/180

 

 

 

5月上旬、瀬波海岸のあちらこちらで咲いていたハマダイコン(浜大根)。

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3
撮影日:2020年5月8日

 

現在はこのような姿に   

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%ae%9f

このポコポコと膨らんでいる部分には種子が入っています。

 

 

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af

村上市の花・ハマナス(浜茄子)。村上市にゆかりのある皇后陛下雅子様のお印でもあります。バラ科の植物のため、周囲にはとてもいい香りが漂っていました。

 

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%82%b9%e7%99%bd

白いハマナスも咲いていましたよ。

 

 

%e7%80%ac%e6%b3%a2%e6%b8%a9%e6%b3%89%e8%a1%97%e3%81%a8%e3%83%92%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%82%aa

砂浜に目を移せば、愛らしいピンクのハマヒルガオ(浜昼顔)。

 

 

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%93%e3%82%ad%e3%82%bd%e3%82%a6

小さな白い花が可憐なスナビキソウ(砂引草)。

 

 

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%9e

赤と白の小さな花がかわいいマンテマも咲いていました。

 

 

きっと、毎年変わらずに咲く花ばかりなのでしょうが、ことしはこの花々に、私自身たくさんの癒やしをもらいました。皆さんにも村上・瀬波の季節の花々をご覧いただき、四季の移り変わりや自然の美しさといったものを感じてもらえれば    そんな想いで始めた「瀬波温泉 花だより」です。

移動の制限があったり、マスク着用が求められたり、まだまだ不自由なことが多い現在です。でも、可能な範囲でお出かけしたり、おいしいものを食べたりして、上手にリフレッシュしながら乗り越えていきましょう。この「花だより」も、本当にささやかですが、皆さんの気分転換の一助になれば誠に幸いです。

 

それでは、次回もお楽しみに   

 

2020/05/13

瀬波温泉 花だより【2】

 

【ご覧になられる方へ】

下記の花の画像は2020年5月初旬に撮影したものです。現在(5/13)も全都道府県を対象とした緊急事態宣言は継続中です。なので、この記事も不要不急の外出や村上への旅行を促すといった意図があるものではありません。ただ、村上・瀬波温泉の自然をご覧いただき、「自粛疲れ」のようなストレスを解消する一助になればと思い書きました。画面越しではありますが、少しでも気分転換になればうれしいです。
※自然に生えているものを採取したり、場所を荒らすような行為は絶対に止めましょう ※花の名称に間違いがあればご指摘ください

 


 

%e3%83%81%e3%83%93%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

今回の「チビせなみんとおでかけ♪」は、瀬波温泉 花だよりの第2弾! 今の時期、瀬波海岸に咲く海浜植物を紹介します。前回の更新から約1カ月、瀬波海岸はまさに花盛りでした。上の画像にあるように、チビせなみんは不在ですが(誠に申し訳ございません)どうぞお楽しみください。

 

花だより【1】は下記をご覧ください。
>> http://www.sake3.com/senamin/165

 

 

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

5月初旬の瀬波海岸は、辺り一面に咲くハマダイコン(浜大根)の花が見事です。大根が浜辺で野生化したもので、根の部分は太くならないそう。花弁の白~紫のグラデーションがきれいです。

 

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%83%8f%e3%82%bf%e3%82%b6%e3%82%aa

小さな白い花がかわいらしいハマハタザオ(浜旗竿)。株元から茎がすっくと立ち上がり、小さなブーケのようです。

 

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6

鮮やかな濃紫の花をつけるハマエンドウ(浜豌豆)。

 

%e3%82%b7%e3%83%90%e3%82%b6%e3%82%af%e3%83%a9

最後に、自然に生えているものではありませんが、植栽のシバザクラ(芝桜)もきれいに咲いていました。薄いピンクと濃いピンクがあり、陽をあびて輝いていました。

 

どれも珍しい花ではありませんが、それでも眩しいくらい美しく咲き誇っています。これらの花々は、本来ならゴールデンウイークに訪れるはずだった多くの宿泊・観光のお客様の目を楽しませていたことでしょう。そう考えると本当に残念ですが、花はきっと来年も咲くはず。来年のゴールデンウイークは、ぜひ村上・瀬波温泉へお越しください。

 

それでは、次回もお楽しみに   

 

2020/04/17

瀬波温泉 花だより【1】

 

【ご覧になられる方へ】

掲載している花の画像は2020年4月15日に撮影したものです。外出や村上への来訪を促すものではなく(もちろん、現在の事態が収束した折にはぜひともお越しください!)、外出を自粛されている方や村上への帰省等を控えている方へ向け、いまの村上の姿・瀬波の自然の美しさをお伝えしたいと思い書きました。写真をご覧いただき、少しでも気持ちが晴れやかになっていただければ誠に幸いです。また、自然に生えているものを採取したり、場所を荒らすような行為は絶対に止めましょう。

 


 

%e3%83%81%e3%83%93%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

今回の「チビせなみんとおでかけ♪」は、瀬波温泉の周辺で見つけた季節の花々を紹介します。4月中旬、瀬波温泉街は桜(ソメイヨシノ)やチューリップなど、春の花が美しく咲き誇っています。山野草は少し出遅れた感じですが、それでもいくつかの可憐な花々を写真に収めました。

 

 

まずは、瀬波海岸に咲くこの花から   

%e3%82%bb%e3%83%8a%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%ac

濃い青紫色が特徴のセナミスミレ。例年4月下旬~5月上旬に咲く花ですが、ことしは暖冬の影響でしょうか、もう咲き始めていました。

昭和3(1928)年、植物学者・牧野富太郎博士が来市の際に瀬波海岸で発見、セナミスミレと命名されました。新潟県の絶滅危惧Ⅱ種に指定されており、平成28(2016)年には防護柵を設置しての保護増殖が行われています。

 

 

次に、いこいの森児童公園へ移動して   

%e6%81%90%e7%ab%9c%e3%81%a8%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93
公園名物・恐竜の滑り台。顔が思いのほか怖いです。

 

%e6%bb%91%e3%82%8a%e5%8f%b0
背中が滑り台になっています。

 

%e6%a1%88%e5%86%85%e5%9b%b3%e3%81%a8%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%bf%e3%82%93

児童公園から続く、道玄池いこいの森 森林公園へ。

 

道玄池いこいの森 森林公園(村上市公式ホームページ)
https://www.city.murakami.lg.jp/site/kanko/dougenikekoen.html

 

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%90%e3%82%ab%e3%83%9e

ショウジョウバカマ(猩々袴)

 

%e3%82%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%82%a6

キバナイカリソウ(黄花錨草)

 

%e3%83%a4%e3%83%96%e3%83%87%e3%83%9e%e3%83%aa

ヤブデマリ

 

%e3%83%a4%e3%83%96%e3%83%84%e3%83%90%e3%82%ad

ヤブツバキ

 

%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%ac

スミレ

 

花の名称は、一応調べてから書きましたが、万が一にも間違いがあった場合は誠に申し訳ございません。正しい名称を教えていただけると幸いです。

 

 

次回もお楽しみに   

 

先頭に戻る