HOME観光スポット > 中国料理 四川飯店 村上

観光スポット

中国料理 四川飯店 村上

瀬波温泉・岩船港エリア
中華

豚肉入りあんかけご飯(930円・税込)

本場・四川の味でおもてなし

四川飯店 村上は、新潟県村上市瀬波温泉にある本格中国料理店。陳さんの麻婆豆腐やエビのチリソース炒め煮など、豊富なメニューをそろえています。
おすすめ! 「村上どんぶり合戦」に参加しています!

【参加どんぶり】
豚肉入りあんかけご飯(930円・税込)

【どんぶり紹介】
四川料理というと辛い料理を想像しますが、今回は辛くない「隠れた一品」をご紹介します。
住所 村上市瀬波温泉2-2-25 湯元 龍泉隣接
電話番号 0254-52-0311 0254-52-0311
FAX 0254-52-5254
メールアドレス info@niigatashisen.jp
URL http://niigatashisen.jp/
営業時間 11:00~14:00、17:00~21:00
アクセス(車) 日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から車で約12分
アクセス(電車・バス) JR羽越本線「村上駅」から車で約10分
駐車場(台数) 86台(湯元 龍泉と共用)
定休日 火曜日
大きなマップで目的地までのルートチェック
スポットを
お気に入りに登録して
オリジナルのMy旅コースを作ろう!
My旅コースの作成

関連スポット

和風レストラン 平内(へいない)

ホテル1Fにあるお店ですが、もちろんどなたでもお気軽にお食事できます。各定食・丼物・ラーメン類、そして一品料理まで、幅広いメニューでお待ちしております。お座敷もあるので、会合等にもぜひご利用ください。Twitterにて、新メニュー・限定メニュー等の情報も配信中です。

椿の宿 吉田や

星空を眺めながら、大浴場の露天風呂で温泉三昧。無料の檜の貸切風呂・ご家族風呂でお二人水入らずの温泉を満喫。日本海の新鮮な海の幸・旬の食材を、温かいお料理は温かく、心を込めてサービスさせていただきます。お食事は、朝食・夕食ともお部屋出ししております。木のぬくもりと、真心のサービスでお客様をお迎えいたしております。

たこ正

店主自らが厳選した、日本海産のマダコを使用したたこ焼きは、外はカリッと、中はとろとろになるように焼き上げています。一度食べたらクセになるおいしさです。

六斎市

毎月2と7の付く日(2・7・12・17・22・27)に開催される朝市です。村上市民や近郊の人々の台所。約400メートルにわたってお店が並びます。とれたての野菜や魚など旬の幸、衣料品や日用雑貨、生花など、さまざまなお店でにぎわっています。 ※1月2日と7月7日は休みです ※7月5日と12月30日は特別に開きます

TOTO passeggiata(トト パッセジャータ)

瀬波温泉街の一角、ひときわゆったりとした佇まいのお店「TOTO passeggiata」(トト パッセジャータ)。TOTOはイタリア語で「幸運」、passeggiataは「散歩」という意味の店名です。 看板メニューの「TOTOサンド」は、トルコ名物サバサンドをアレンジした一品。国産サバをカラッと揚げ、シャキシャキの野菜と一緒にパンに挟んでいただきます。パンは地元・村上のものを使用。レモンを絞って食べれば、ビールもぐいぐい進みます。 他にも、ランチやデザートメニューも豊富。瀬波温泉散策の際に、ぜひお立ち寄りください。

フジ 夢レストラン料理工房

季節の食材を使ったコース料理(要予約・3,240円~)を提供いたします。

Casa del Faro(カーサ・デル・ファーロ)

潮の香が漂う「柏尾」 ちょっとなつかしい「昭和の家」 地元の海や畑で採れる「食材」 東京から移住してきた「頑固なシェフ」 ここだから作れる「イタリア料理」 お箸で気軽にお召し上がりください。

民家レストラン 凪のてらす 仲(なぎのてらす なか)

レストランの真向かいには、粟島が浮かぶ日本海。 海の旬の恵みを主役に、地元食材を生かした手作り料理のおもてなし。 心安らぐ空間でのひとときをどうぞ。

だちょうや本店

世界最大級の鳥類ダチョウの肉は、脂身が少なくビタミン豊富。癖もないので食べやすいのが特長です。だちょうや本店は、普段なかなか食べる機会のないダチョウが食べられるお店。たたきやハム、数量限定「だちょうラーメン」などでお楽しみください。ダチョウの卵とジャージー牛乳で作ったアイス「だちょうのたまご」もオススメです! ※ダチョウ以外のメニューも豊富にそろっています

特産品直売所「名水の里おおごと」

平成2年度から旧山北町の「魅力ある集落づくり事業」に取り組み続け、平成12年度からは中産間地域等直接支払制度を活用し、生産基盤の整備の他、都市部の人々との積極的な交流に取り組んできました。 これら交流イベントを重ねる中、「大毎の特産品が欲しい」との参加者からの声を受け、平成20年4月29日に農産物直売所「名水の里おおごと」を立ち上げました。 大毎で採れた新鮮な山菜・農産物加工品などを取りそろえ、大勢の来訪者でにぎわい、交流が育まれています。同時に、新たな産物の栽培や加工品の検討も行っており、集落全体が活気づいています。

先頭に戻る