HOMEおすすめ特集 > 村上大祭

村上大祭 村上大祭

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、2020年7月 村上大祭での屋台巡行は中止となりました。

 

○●○  

 

寛永10(1633)年から続く、村上大祭の伝統と文化。
そして、大祭当日の情報をお伝えします。

 

2017/03/30

荒馬

arauma_img_4700

村上大祭でおしゃぎり19台を先導するのが先太鼓・庄内町笠鉾・荒馬14騎です。

 

荒馬14騎は、天正15(1587)年、時の領主・本庄繁長(ほんじょう しげなが)が羽黒山の分霊を奉じて凱旋した姿を模したもので、最初に羽黒大権現を祭った地の庄内町の学童が「イヤハイッ」と声を張り上げて轡(くつわ)を鳴らして行進する姿は、城下町の祭りらしい光景です。

 

荒馬は木製で堆朱を施してあり、後にはそれぞれの武将の旗差物馬標が飾られています。また、荒馬14騎の武将名は、本庄繁長ゆかりの上杉公の軍団にちなみ、名を付けたものです。

 

この荒馬がいつ頃から始められたかは定かではありませんが、松平大和守直矩自筆の寛文7(1667)年の日記に「荒馬乗・庄内町」と書かれています。

 

荒馬14騎

%e3%81%82%e3%82%89%e9%a6%ac

 

先頭に戻る