HOMEおすすめ特集 > むかしの「昔のことせ!」

むかしの「昔のことせ!」 むかしの「昔のことせ!」

 

村上商工会議所「むらかみ商工会議所ニュース」内
『村上市史異聞』(大場喜代司著)を転載するのが
昔のことせ! ―村上むかし語り―です。

 

contents5103_bnr

  

 

現在ご覧のむかしの「昔のことせ!」
昔のことせ!」のかつての原稿を再掲しています。

 

石田 光和さんによる
イラストとともにお楽しみください。
※「むらかみ商工会議所ニュース」掲載は2008~2015年

 

2021/11/15

010 城と道(1)

%e5%9f%8e%e3%81%a8%e9%81%931
イラスト:石田 光和(エム・プリント

 

城と道は密接な関係にある。越後国の阿賀北(あがきた)といえば、下越(かえつ)地方であることはいうまでもない。戦国時代、その阿賀北に存在した城といえば夥(おびただ)しいほどの数にのぼるが、江戸時代まで残り、城下町を形成したところは村松(むらまつ)・新発田(しばた)・村上で、いずれも道路が東西あるいは南北に通じている要衝地である。

 

まず村松城下を見ると、村松街道が南北に走り、北は安田から五泉(ごせん)を経て三国往還道に至る道がある。南は加茂や見附(みつけ)と栃尾(とちお)に至る道がある。

 

新発田城下の場合は、北の米沢往還道の支線が延び、南は大室を経て三国往還道につなぐ。あるいは五十公野(いじみの)から赤谷(あかだに)を経て、津川から会津街道に至る道がある。

 

村上城下は、北の大宝寺城下(現鶴岡市)に達する出羽道と、西から東へ向う米沢往還道の基点であった。さらには柳生戸を経て小国へ達する大峠越の間道もあった。

 

こうして見ると、村上の場合はいずれの道路も直接他国とつながっていることがわかる。村松の主要路はいずれも間接的地方道であるし、新発田は会津街道のみが直接他国との通路である。

 

戦国時代の道路は、物資も運ぶが他国他領を侵略するための軍用に使われた。ゆえに他国との接点に存在する地域、しかも人が居住するに適した場所にこそ城を築き、防衛しなければならなかった。

 

 

大場喜代司
『むらかみ商工会議所ニュース』
(2008年10月号掲載)村上市史異聞 より

 

2021/10/15

009 本庄家の家紋

%e6%9c%ac%e5%ba%84%e5%ae%b6%e3%81%ae%e5%ae%b6%e7%b4%8b
イラスト:石田 光和(エム・プリント

 

戦国時代の村上領主は本庄越前守繁長である。祖は源頼朝の有力御家人であった秩父季長(すえなが)。繁長の代で越後国主・上杉謙信に臣従し、上杉の最有力者となる。

 

繁長の内室は古志十郎景信(謙信の母の実家で、栖吉(すよし)城主=長岡市)の妹、その本庄に謙信の跡を継いだ景勝は、上杉景信の名跡を継がせ、竹に雀の紋を贈った。

 

同紋は米沢城主・伊達稙宗(たねむね)から越後国主・上杉定実(さだざね)に贈られ、定実から謙信に贈られていた。景勝の思惑は、本庄を上杉一門の上座に据えることにより、本庄の支配力の向上をはかり、阿賀北の抑止力にすることにあった。時あたかも新発田重家の反乱の鎮圧中である。

 

本庄家にとっては名誉この上ない話であるが、繁長はこれを辞退している。理由は、本庄は桓武平氏畠山の流れであるから、藤原上杉に替えることはできない。

 

本庄の家紋は源頼朝から拝領した57の桐の紋だ。その由緒ある紋を廃することはできない。

 

上杉の名跡を継ぎ、紋まで替えては先祖に対し筋目がたたぬ、つまり名誉や地位よりも筋目を大切にするというものだ。けれど景勝は引っこみがつかない。

 

結局、竹に雀の紋を表紋にし、桐の紋を裏紋に使用することのみで落ちついた。ほかに上杉家中で竹に雀紋を使用している家は、山浦家(信濃国の亡命大名・村上義清家)であるが、同家の紋は石榴(ざくろ)色である。

 

本庄家の場合は上杉家とまったく同じで黒白である。繁長が越前守の受領名を名乗るのもこのとき、天正11(1583)年7月12日である。

 

算盤ずくで損得勘定の人間からすれば、頑固とか愚直といおうが、血脈とか家筋を重んじるわが国の伝統からすれば当然ともいえよう。しかし、本庄繁長のような武将は地味で自己宣伝が下手だから有名になりにくい。

 

 

大場喜代司
『むらかみ商工会議所ニュース』
(2008年9月号掲載)村上市史異聞 より

 

2021/09/15

008 七夕(2)

%e4%b8%83%e5%a4%952
イラスト:石田 光和(エム・プリント

 

ねぶたは青森や秋田で有名だが、もとは「ねむり流し」あるいは「ねぶり流し」といい、西日本や関東などでも広く行われていた行事である。

 

睡魔を流すために川に入るのだ。それが七夕の禊(みそぎ)と結びついた。『村上町年行事日記』にねぶり流しの記事が見られるのは江戸中後期(1740~)からで、子ども中心の行事であった。

 

太鼓を打ち鳴らしながら川原に出、穢(けがれ)のついた笹を川に流すというものである。獅子舞を舞うようになるのは1700年代の後半からのようだ。これを子ども大々神楽(だいだいかぐら)と呼んでいた。広めたのは伊勢内宮御師(おし)と考えられる。

 

しかし、その七夕信仰はわが国古来の祖霊を迎え、延命を祈願することから離れ、中国からもたれされた乞巧奠(きっこうでん)=星祭りである。短冊に願いごとを書いて星神に祈る。あるいは諸芸の上達を祈願する行事である。

 

そこで欠かすことができなかった食物はそうめんであった。大名の七夕の祝儀物にも使われるほどだ。また、和歌を7枚の梶の葉に書き、7筋のそうめんで束ねる、とは松平大和守が記している。

 

獅子舞の囃し言葉に「小野小町の花の色」という文句がある。これは簓摺(ささらすり)の衣装と相まって、七夕の日に京都などで行われていた華やかな衣装の小町踊りの影響であろう。「花の色も移りて小町踊」の文言が残っている。それを風流踊と呼んでいた。「ふうりゅう」とは呼ばない、「ふりゅう」である。

 

 

大場喜代司
『むらかみ商工会議所ニュース』
(2008年8月号掲載)村上市史異聞 より

 

先頭に戻る