HOMEおすすめ特集 > イベントレポート! 行ってきました。

イベントレポート! 行ってきました。 イベントレポート! 行ってきました。

村上市内で行われた、お祭りやイベントの様子を隊員がレポートします!

 

2019/01/21

「縄文の里・朝日 冬まつり」に行ってきました!

%e3%81%9d%e3%82%8a%e9%81%8a%e3%81%b32

1月20日(日)、縄文の里・朝日で催された「縄文の里・朝日 冬まつり」へ行ってきました。

 

縄文の里・朝日は、奥三面ダム建設によって水没した三面集落の民俗資料や旧石器時代~縄文時代の考古資料を展示。また、火起こしや勾玉・石器・土器作り等が楽しめる「体験型の考古・民俗ミュージアム」です。

 

毎年1月に催される「冬まつり」は、この地域ならではの大量の積雪を生かし、そりやかまくら、雪だるま作りといった雪遊びを楽しんだり、屋内では昔ながらの玩具で遊んだり、蜜ろうキャンドル作り等の体験メニュー、そしてこの日のために用意されたランチを楽しむことができます。

当日はあいにくの雨でしたが、市内外から参加した子どもたちとその家族で施設内は大変にぎわっていました。

 

%e3%81%9d%e3%82%8a%e9%81%8a%e3%81%b31

冬まつりの目玉がこれ、 大きな雪のスロープ。
スタッフがこの日のために準備してきた力作です!

冷たい雨が降る中でも
子どもたちは何度もそりを持って登り、楽しそうに滑っていました。

 

%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%a8%e7%94%b7%e3%81%ae%e5%ad%903%e4%ba%ba

%e9%9b%aa%e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be%e3%81%a8%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

大きなかまくら、木の実を使った雪だるまも。

 

施設の中では、昔遊びや体験メニューを楽しむ子どもたち。

%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%90%e3%82%8a%e3%81%93%e3%81%be1

ドングリのこま。これが意外によく回ります。

 

%e8%bc%aa%e3%82%b4%e3%83%a0%e9%89%84%e7%a0%b2

輪ゴム鉄砲には男の子が集まっていました。

 

%e8%9c%9c%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%9d%e3%81%8f2

体験メニューの一つ、蜜ろうキャンドル作り(100円)。

%e8%9c%9c%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%9d%e3%81%8f1

芯になる紐を溶かした蜜ろうに漬け、引き上げたら水に入れて冷やす。
これを繰り返して、どんどん太くしていきます。

蜜ろうキャンドルは、火を付けても煙やすすが出ず
優しいオレンジ色の炎とほのかな甘い香りで人気です。

 

たくさん遊んだ後は、お楽しみのランチです。

%e8%b1%9a%e6%b1%81%e3%81%a8%e7%b8%84%e6%96%87%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc

縄文の里カレー(300円)とさつま芋とん汁(100円)。

ライスは古代米、優しい味のカレーです。
トッピングに地元で採れたオニグルミを振りかけて。

豚汁には、ほくほくのサツマイモがたっぷり。
縄文の里・朝日の自家製みそが使われています。
アツアツで、雨で冷えた体もポカポカになりました。

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e6%bc%ac%e7%89%a9

%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e3%81%a8%e3%81%a1%e9%a4%85%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%a1

漬物やとち餅のかき餅、ホットココア等が無料で振る舞われました。

 

外では雪、中では昔ながらの玩具や体験メニューで遊び
ランチには、古代米や地元の食材をたっぷり使った料理に舌鼓。
大人も子どもも楽しい冬の一日を過ごしていました。

この日のために用意された巨大スロープは、1/26(土)・27(日)にも開放します。
どんどん滑りに行ってください!

 

 

縄文の里・朝日
所在地 村上市岩崩612-118
電話番号 0254-72-1577
開館時間 9:00~16:30
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

 

先頭に戻る