イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2018/10/31

鮭の一生【3】 鮭の回遊ルート

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181031

 

これまでの鮭の一生シリーズはこちらをご覧ください。
鮭の一生【1】 卵~稚魚に育つまで
鮭の一生【2】 川から海へ……

 

 

生まれた河川を下り、砂浜域で7~8cmくらいにまで育った鮭の稚魚。季節は春から夏へ向かう頃、いよいよ外洋へと泳ぎ出します。

 

鮭の回遊ルートは、現在では上の図のようなルートをたどることが分かっています。生まれた年の夏~秋はオホーツク海、冬は北太平洋で過ごし、翌年の夏にはベーリング海へと至ります。

 

鮭が好む海水温は3~14度と低く、その後は、夏はベーリング海、冬はアラスカ湾とを行き来しながら成長します。

 

 

2018/10/24

三面川の鮭漁が始まりました

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181024_1

 

2018年10月21日(日)、三面川で鮭漁が始まりました。伝統漁法・居繰網漁(いぐりあみりょう)やウライ漁*が実施され、三面川の川岸から漁の様子を見学できます。
※三面川の川幅いっぱいに設けた一括採捕に「おとし柵」を設置し、その中に入った鮭を捕る漁

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181024_2
ウライ漁の様子

 

三面川鮭産漁業協同組合直営の鮭販売所も同日オープンしました。鮭漁見学後には、こちらにもお立ち寄りください。

 

 

居繰網漁
期間 2018年10月21日(日)~11月30日(金)
時間 9:00~10:30 ※日曜日・祝日は左記の他に13:00~14:30
場所 村上市羽下ヶ渕2135 三面川鮭産漁協 第三ふ化場前(右岸)
※漁の状況によって早く終了する場合があります
※悪天候や西風のときは出漁しない場合があります

 

2018/10/10

鮭の一生【2】 川から海へ……  

鮭の一生【1】 卵~稚魚に育つまで の続きです。

 

さいのうの栄養を吸収し、仔魚(しぎょ)から稚魚へと成長した鮭。体長は3~4cmになり、川底から浮上して餌を求めます。

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181010
毎年4月に行われる「三面川鮭稚魚放流式」に用意された鮭の稚魚。このときの体長は5~8cmくらい。

 

鮭の稚魚は餌を捕りながら川を下り、海へと至りますが、すぐに沖に出るわけではなく、しばらくの間は砂浜域で暮らします。水深40~50cmほどの波打ち際で7~8cmくらいになるまで過ごし、その後、遥か遠くのベーリング海を目指して旅立ちます。旅立ちの季節は5月、春から夏へと移り変わる頃です。

 

先頭に戻る