イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2018/05/09

日本で最初の鮭の博物館

%e3%82%a4%e3%83%a8%e3%83%9c%e3%83%a4%e4%bc%9a%e9%a4%a8_%e5%a4%96%e8%a6%b3880

村上市塩町にあるイヨボヤ会館は、昭和62(1987)年4月に日本初の鮭の博物館としてオープンしました。以来、鮭のまち・村上を代表する観光施設として、毎年多くの観光客が訪れています。

 

館内には、村上と鮭の歴史や文化が学べるコーナーや三面川の分流・種川が観察できる「三面川鮭観察自然館」、鮭のふ化の様子が見学できる「ミニふ化場」などがあります。※鮭のふ化は毎年10月~翌1月頃に見ることができます
詳しくは、イヨボヤ会館の公式サイトをご覧ください。

 

%e3%82%a4%e3%83%a8%e3%83%9c%e3%83%a4%e4%bc%9a%e9%a4%a8%e3%81%ae%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%81%ae%e9%ae%ad

さて、イヨボヤ会館といえば、建物正面に飾られた大きな鮭のオブジェ(上記写真)が印象的。この鮭、どのくらいの大きさか分かりますか?

正解は、全長9メートル(最大幅2メートル)です。
実際の海の生き物で例えるとシャチくらい大きさですね。
ちなみに重さは300キログラムあり、性別はオスなんだそうです。

 

イヨボヤ会館を訪れた際には、この鮭のオブジェにも注目してください。

 

先頭に戻る