HOME観光スポット > 益田甚兵衛酒店

観光スポット

益田甚兵衛酒店

城下町村上町屋エリア
地酒

店舗外観

村上の地酒 〆張鶴

村上の地酒 大洋盛 紫雲

風呂敷を使ったラッピングも好評です

杉玉

店内の様子

店舗奥の茶の間

「町屋の屏風まつり」開催時の様子

「町屋の人形さま巡り」開催時の様子

「町屋の人形さま巡り」開催時の様子

店に入ると大正時代にタイムスリップ!

当店にお越しになったら、遠慮なく店の奥の「町屋造り」の建物もご覧ください。大正時代のまま、ゆっくり時間が流れています。村上の地酒、おまかせください!
おすすめ! <地元高校生のおすすめポイント!>
・大正時代からの建物は見ているだけで楽しい!!
・現在の社長は10代目!
住所 村上市塩町7-11
電話番号 0254-52-3014 0254-52-3014
FAX 0254-52-6352
メールアドレス jinbe@waltz.ocn.ne.jp
URL http://masudajinbe.com/
営業時間 8:30~18:30
アクセス(車) 日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から車で約6分
アクセス(電車・バス) JR羽越本線「村上駅」から徒歩で約20分
駐車場(台数) 有 ※大型車は事前にご連絡ください
定休日 1月1日
カード 不可
ペット可
大きなマップで目的地までのルートチェック
スポットを
お気に入りに登録して
オリジナルのMy旅コースを作ろう!
My旅コースの作成

関連スポット

冨士美園

●茶寮カネエイについて [営業日]平日のみ(予約制・土日祝は休み) [営業時間]11:00~17:00(Lo 16:30) [予約方法]冨士美園facebookメッセージ、下記メールアドレスに前日までにご予約ください。 ※当日予約(当日に空席がある場合に限る)は下記の電話番号にお願いします ※詳しくは下記ホームページや当店SNS(Facebook・Instagram)でご確認ください ※冨士美園は通常通り営業しています

晩翠堂(ばんすいどう)

空き家となっていた町屋を再生し、芸能や生活文化を体験できる施設にしました。「晩翠堂」とは、明治6(1873)年に村上につくられた塾の名に由来します。

野澤食品工業

事前に連絡をもらいましたら、塩谷の町屋をご案内いたします。 【野澤食品工業 店舗兼主屋が国の登録有形文化財(建造物)に登録されました】 平成28(2016)年8月1日、旧マルマス醬油蔵・野澤三次郎住宅・瀬賀惣一郎商店兼主屋と倉庫とともに国の登録有形文化財(建造物)に登録されました。

田村酒店

大正創業の地酒のお店です。町屋の雰囲気あふれる店内で、ゆっくりお買い物ください。屋根の上に立つ、物見櫓が目印です。

千年鮭 井筒屋

かつて旅籠であった建物は、江戸時代中期の俳人・松尾芭蕉とその弟子の曾良が「おくのほそ道」の道中で二泊した宿としても知られ、国の有形文化財にも指定されています。 店内では、鮭の名店「千年鮭 きっかわ」(村上市大町)の塩引鮭をはじめとした鮭加工品・珍味を提供し、土鍋で炊いた関川村産コシヒカリとともに味わえます。そのままはもちろん、特別に仕立てた出汁茶をかけて、塩引鮭のお茶漬けにして食べるのもオススメです。 【お品書き】※価格は全て税別 ・鮭料理7品 …1,950円 ・鮭料理10品 …2,900円 ・鮭料理13品 …3,900円 ・鮭料理18品 …4,900円 ・鮭料理21品 …5,900円

地酒の店 たむら

村上の二大銘酒「〆張鶴」・「大洋盛」をはじめ、新潟県内の酒がそろっています。 また、鮭のまち・村上の鮭加工品、村上茶、岩船麩といった特産品も充実しています。 瀬波温泉にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

早撰堂

江戸時代から続く、国の登録有形文化財に指定された大正ロマンあふれる和菓子店。建物は明治26年建築、平成16年に町屋再生プロジェクト第1号として外観を大正時代風に改装しました。箱階段に組み込まれた金庫の重厚さが目を引きます。

町屋のギャラリー やまきち

歴史ある町屋を利用したギャラリーで、地元の作家や伝統工芸士が手がけた作品を展示販売しています。羽越しな布や山辺里織(さべりおり)、塩引き鮭のパッチワークなど、村上ならではの温かみが感じられる手仕事の数々をご覧ください。町屋造りの通り土間や茶の間も見学可能。「さかなや」と入った自在鉤や「嫁隠し」と呼ばれる建具等も必見です。

朝日みどりの里 物産会館

地元の特産物や近隣で生産された農産物、地酒や村上木彫堆朱など、お土産品・贈答品も取りそろえています。地元限定品としては「どぶろく雲上(くものうえ)」や「朝日みどりの里限定ブランド米」などがあります。

宮尾酒造

創業文政2(1819)年、朝日連峰を源にする軟水の伏流水をくみ、酒米は主に新潟県内でも良質な地元産の五百万石を高精白し、淡麗なだけではなく、味わいのある酒造りを創業以来行っています。

先頭に戻る