イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2018/11/28

テンカラ漁

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181128-1

鮭の遡上が最盛期を迎えようとしている三面川です。
三面川で実施されている鮭漁には、居繰網漁(いぐりあみりょう)やウライ漁などがありますが、今回はテンカラ漁について紹介します。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181128-2

テンカラ漁は三面川の伝統漁法の一つで、テンカラと呼ばれる3本のカギをいかり型に組み合わせた針を使い、遡上してきた鮭を引っ掛けて釣り上げます。

 

テンカラ漁は12月上旬頃まで実施予定。
火・木・土・日曜日の三面川左岸で見ることができます。

 

2018/11/21

サーモンフィッシング

%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%bf
荒川でサーモンフィッシングを楽しむ、千葉県からお越しの林さん(11/15撮影)

 

現在、村上市内を流れる荒川と三面川でサーモンフィッシング(鮭(サケ)有効利用調査)が実施されています。

 

鮭(サケ)有効利用調査とは    
サケの増殖事業を妨げない範囲で、サケを利用した食材への活用方法の検討や、遡上するサケの体長測定などの資料収集を目的とした調査会です。
荒川鮭(サケ)有効利用調査委員会ホームページより

 

サーモンフィッシングの調査員募集は夏頃からはじまり、全国からたくさんの応募があります。
※募集時期・実施期間は河川によって異なります
※2018年の募集は各河川とも終了しています

 

大型魚である鮭とのやり取りは豪快でスリリング! ことしも全国各地から集まった愛好家たちが、村上の河川でサーモンフィッシングを楽しんでいます。

 

2018/11/14

【レシピ】しょうゆはらこ

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181114

 

鮭のまち・村上では、遡上のトップシーズンを迎えようとしています。
今回は、今の時期にしか作れない「しょうゆはらこ」のレシピをご紹介します。
生のはらこ(イクラ)を見かけたら、ぜひ挑戦してみてください。
レシピ:三面川鮭産漁業協同組合

 

【用意するもの】
●生はらこ  …1kg ※塩漬け等されていない未加工のもの
●だし汁   …1.5カップ ※水でも可
●しょうゆ  …1カップ
●日本酒   …1カップ

 

【作り方】
①だし汁・しょうゆ・日本酒を合わせてふっとうさせ、冷ましておく。
②海水程度の塩水を用意し、その中で生はらこをほぐして洗う。
 [ご注意ください!] 真水で洗うとはらこが固くなるので気を付けましょう。
③水気を切ったはらこを①に漬け、7~8時間ほど置く。

 

【ポイント】
お好みで①の割合を調節してください。
みりんや調味料を加えて、自分好みの味を探求するのもいいですね。
たくさん作ってしまった場合でも冷凍保存が可能です。
小分けにして冷凍しておくと便利。
食べる際には自然解凍してお召し上がりください。

 

作るのはちょっと…… というアナタは こちら をどうぞ。

 

 

 

先頭に戻る