イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2019/02/27

さらに成長中!

1/23(水)更新のどんどん成長中!
駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」で飼育中の鮭の成長について書きました。

さて、あれから約1カ月が経ちました。
水槽の鮭の稚魚はどうなっているでしょう    

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190227-1
撮影:2/27(水)

 

20190123
撮影:1/23(水)

 

体つきや泳ぎ方もしっかりとし
体長も3~4センチ程度と少し大きくなりました。

ちなみに、さいのう(栄養が詰まった袋)が吸収された後
鮭の稚魚は餌を食べるようになりますが
飼育中の稚魚には、アユやマスなどの養殖に用いる餌を与えています。
餌の主な原料はオキアミです。
※自然の川で育つ稚魚は、小さな動物性プランクトンを食べて育ちます

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190227-2

案内所で鮭が見られるのも、あとわずかです。
案内所をご利用の際は、稚魚の様子もぜひご覧ください。

 

2019/02/20

鮭の絵手紙、展示中です

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190220_1

現在、イヨボヤ会館1Fのサーモンシアター裏通路にて
朝日新聞 新潟版「2019年ふるさと名産 村上三昧」鮭 絵手紙展示が開催中です。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190220_3

こちらは、朝日新聞 新潟版の紙面で実施された
「ふるさと名産 村上三昧 新春2019」の絵手紙募集*で
鮭部門に応募があった作品78枚を展示しているもの。
※2019年1月1日~23日まで実施。「鮭」と「酒」の2部門で絵手紙を募集した

 

塩引き鮭が下がっている様子、鮭の切り身、はらこなど
鮭といっても題材はさまざま。
添えられた言葉も味があって見ていて楽しいです。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190220_2

写真中央の絵手紙が最優秀賞、右が「村上三昧賞」の作品です。

 

鮭の絵手紙展示は3月末頃まで開催の予定です。
イヨボヤ会館を訪れた際には、こちらもぜひご覧ください。

 

2019/02/13

お土産にいかが? ~ 三面川鮭もなか ~

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190213-1

今回紹介するのは
永井松栄堂(村上市上町)の「三面川鮭もなか」(1個 130円・税込)です。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190213-3

味は2種類あり、雄魚(カナ)には、村上茶の抹茶入り挽茶あん。
雌魚(メナ)には、小倉あんが入っています。

 

この商品は、昭和40年代に先代の店主が考案したもの。
どちらもこくのある、しっかりとした甘さです。


鮭のまち・村上ならではの和菓子、お土産にいかがでしょう。

 

 

 

永井松栄堂(ながいしょうえいどう)
所在地 村上市上町1-34
電話番号 0254-52-2268
営業時間 7:00~18:15
定休日 無休

 

先頭に戻る