HOMEおすすめ特集 > イヨボヤ小ネタ帳

イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2018/09/19

鮭の一生【1】 卵~稚魚に育つまで

秋、メス鮭は川底に作った産卵床(さんらんしょう)に卵を産みます。
卵は3~4週間ほどが経つと、発眼卵(はつがんらん)という状態になります。

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20180919_1

卵の内部に鮭の原型が出来上がり、上の写真でも眼が確認できます。
この状態からさらに2~3週間ほどが経つと、いよいよふ化します。

生まれたばかりの鮭の仔魚(しぎょ)は、腹部に大きなさいのうを付けています。
仔魚は餌を捕らず、さいのうの栄養(卵黄)を吸収して成長します。
こうして鮭の仔魚は、約6~7週間ほどを川底の石と石の間で過ごします。

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20180919_2

上の写真は、水槽の底で静かに横たわる仔魚。
これは弱っているからではなく、鮭の仔魚本来の姿なのです。

さいのうの栄養を吸収してしまうと
袋は体内に吸収され、稚魚と呼ばれる状態になります。

 

 

 

2018/09/12

「鮭の一生」を学ぶ勉強会

%e5%85%a8%e4%bd%93

9月9日(日)、イヨボヤ会館にて「鮭に関する勉強会」が催されました。

当日は、村上市内の大人12名・子ども6名の合計18名が参加。
皆さん、真剣な表情で講師の話に耳を傾けていました。

%e5%85%88%e7%94%9f

この日の講師は、日本海区水産研究所の主任研究員・飯田真也さん。自身が撮った画像や動画を交えながら、勉強会のテーマである「鮭の一生」について、分かりやすく説明してくれました。※勉強会の内容については、今後の「イヨボヤ小ネタ帳」で紹介していきます

 

最後の質問タイムでは、「おいしい鮭の切り身の見分け方は?」や「なぜオスの鮭は、メスの産卵床づくりを手伝わないの?」など、ユニークな質問が飛び出しました。勉強会に母親と参加した大滝心菜(こな)さん(7歳)は、「サケのことがよく分かった。楽しかった」と笑顔で話していました。

 

 

2018/09/05

足元にも鮭【2】

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20180905_1

村上市・旧荒川地区のマンホールのふたにも、ご覧の通り、が描かれています。

このデザインのマンホールのふたは、1994年に設置が始まりました。
荒川を遡上する鮭、地域の名産・クロッカス、その奥に描かれた山は高坪山です。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20180905_2

このマンホールも、「マンホールカード」になっています。
カード配布場所は、荒川地区公民館(村上市羽ヶ榎104-25)です。

村上を訪れた記念の一枚として、ぜひ手に入れてください。

 

 

荒川地区のマンホールカードについて
>>> http://www.city.murakami.lg.jp/soshiki/52/mhcard-arakawa.html

先頭に戻る