イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2018/11/28

テンカラ漁

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181128-1

鮭の遡上が最盛期を迎えようとしている三面川です。
三面川で実施されている鮭漁には、居繰網漁(いぐりあみりょう)やウライ漁などがありますが、今回はテンカラ漁について紹介します。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181128-2

テンカラ漁は三面川の伝統漁法の一つで、テンカラと呼ばれる3本のカギをいかり型に組み合わせた針を使い、遡上してきた鮭を引っ掛けて釣り上げます。

 

テンカラ漁は12月上旬頃まで実施予定。
火・木・土・日曜日の三面川左岸で見ることができます。

 

2018/11/21

サーモンフィッシング

%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%bf
荒川でサーモンフィッシングを楽しむ、千葉県からお越しの林さん(11/15撮影)

 

現在、村上市内を流れる荒川と三面川でサーモンフィッシング(鮭(サケ)有効利用調査)が実施されています。

 

鮭(サケ)有効利用調査とは    
サケの増殖事業を妨げない範囲で、サケを利用した食材への活用方法の検討や、遡上するサケの体長測定などの資料収集を目的とした調査会です。
荒川鮭(サケ)有効利用調査委員会ホームページより

 

サーモンフィッシングの調査員募集は夏頃からはじまり、全国からたくさんの応募があります。
※募集時期・実施期間は河川によって異なります
※2018年の募集は各河川とも終了しています

 

大型魚である鮭とのやり取りは豪快でスリリング! ことしも全国各地から集まった愛好家たちが、村上の河川でサーモンフィッシングを楽しんでいます。

 

2018/10/24

三面川の鮭漁が始まりました

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181024_1

 

2018年10月21日(日)、三面川で鮭漁が始まりました。

伝統漁法・居繰網漁(いぐりあみりょう)やウライ漁*が実施され
三面川の川岸から、漁の様子を見学できます。
※三面川の川幅いっぱいに設けた一括採捕に「おとし柵」を設置し、その中に入った鮭を捕る漁

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20181024_2
ウライ漁の様子

 

三面川鮭産漁業協同組合直営の鮭販売所も同日オープンしました。
鮭漁見学後には、こちらにもお立ち寄りください。

 

 

居繰網漁
期間 2018年10月21日(日)~11月30日(金)
時間 9:00~10:30 ※日曜日・祝日は左記の他に13:00~14:30
場所 村上市羽下ヶ渕2135 三面川鮭産漁協 第三ふ化場前(右岸)
※漁の状況によって早く終了する場合があります
※悪天候や西風のときは出漁しない場合があります

 

先頭に戻る