イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2019/01/30

まちの中の鮭【2】

村上市内の人気観光スポット、黒塀通り(安善小路)

城下町の情緒が感じられるこの小路には、古刹や老舗割烹等が点在し
四季を通じて、散策を楽しむ観光客の姿が見られます。

今回は、この黒塀通りで見ることができる鮭を紹介します。

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190130-2

上の写真は、黒塀通りにある老舗、割烹 新多久(しんたく)。
こちらの黒塀、矢印の先に鮭がいます。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190130-1

黒塀の上に、鮭の透かし彫りが施されているのです。
訪れた際には、ぜひご覧ください。

 

2019/01/23

どんどん成長中!

現在、駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」では鮭の稚魚を飼育しています。
今回はその成長の様子を、これまでの今日の村上の写真を使って振り返ります。

 

 

2018年11月30日(金)

20181130%e7%99%ba%e7%9c%bc%e5%8d%b5880

イヨボヤ会館から、観光案内所や村上市内の小学校8校・JR村上駅大観荘汐美荘に鮭の発眼卵(はつがんらん)が贈られました。10年以上続くこの取り組みは、鮭のふ化~稚魚に至るまでの成長過程を子どもやまちの人たち、そして観光に訪れたお客様に見てもらおうと実施されています。

この日、観光案内所には50個の発眼卵がやってきました。
卵の中央に黒いものが見えます。これが鮭の眼です。

 

 

2018年12月10日(月)

20181210%e4%bb%94%e9%ad%9a880

2018年12月5日(水)に、今シーズン一号目となる鮭がかえりました。
それからさらに5日が経ち、全ての卵がふ化して写真のような状態に。

生まれたばかりの鮭は仔魚(しぎょ)と呼ばれ
おなかには「さいのう」という、栄養が詰まった袋を付けています。

 

 

2018年12月24日(月・休)

20181224_880

クリスマス・イブの水槽の様子です。

通常は川底を模した背景を設置しているのですが
この日は案内所スタッフがクリスマスのイラストに変えていました。

仔魚のさいのうも少し小さくなっています。
対して体は大きくなり、しっかりとしてきました。

 

 

2019年1月23日(水)

20190123

上の写真から約1カ月が経った、きょうの水槽の様子です。

さいのうはすっかり吸収され、スッキリとした体になりました。
水槽の底から浮上し、元気に泳ぎ回っています。餌も食べるようになりました。
体長は2~3cmくらいでしょうか。

餌を食べるようになった鮭は、稚魚と呼ばれるようになります。

 

2019/01/16

まちの中の鮭【1】

鮭をこよなく愛する、村上の人たち。
まちの中を注意深く見ていると、あれ? こんなところにも鮭!?
    なんてことがよくあります。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190116-1

写真は、村上市大工町のとあるお宅。
外壁に鮭が2匹、泳いでいますね。

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190116-2

玄関の前には塩引き鮭も下がっています。
ちゃんと「止め腹*」になっています。
※腹を全部開かず、一部を残して切る城下町・村上ならではのさばき方

 

白壁土蔵造の本堂で知られる浄念寺の近くです。
個人のお宅なので、見学の際は迷惑がかからぬようにご注意ください。

 

先頭に戻る