イヨボヤ小ネタ帳 イヨボヤ小ネタ帳

 

鮭のまち 村上の、鮭に関する話題をこつこつ紹介していきます。
あなたが知らなかった鮭トリビアにも出合える!?かもしれませんよ。

 

 

こちらもご覧ください!
鮭 ― いよぼや ―

 

2019/03/20

鮭の一生【6】 生まれた川に戻れる理由

これまでの鮭の一生シリーズはこちらをご覧ください。

鮭の一生【1】 卵~稚魚に育つまで
鮭の一生【2】 川から海へ……
鮭の一生【3】 鮭の回遊ルート
鮭の一生【4】 鮭が海で食べているもの
鮭の一生【5】 産卵のため、母なる川へ

 

 

 

産卵のため、ベーリング海から日本の生まれた川へと戻ってくる鮭。


鮭が日本まで戻ってこられる理由は、地形を記憶しているとか太陽コンパス等いわれていますが、まだ解明には至っていません。ただ、泳ぐ速さが満月の夜は速く、月が欠けると遅くなることから、鮭は視覚に頼って回帰しているのでは?と考えられています。

 

さて、ようやく日本まで戻ってきた鮭。
この鮭は、どうやって自分の生まれた川を判別するのでしょうか?

 

%e9%ae%ad%e3%81%ae%e9%bc%bb%e3%81%ae%e7%a9%b4

 

鮭は、生まれた川を匂い(アミノ酸)で識別するといわれています。
鮭の鼻の穴は2つあり、水が鼻孔内を通過することで水中の匂いがよく嗅げるのです。

 

また、鮭の嗅細胞*(きゅうさいぼう)は約1,420万個あるといわれています。
人間の嗅細胞は約300万個といわれているので
鮭の嗅覚はかなり優れているといえます。
*匂いを感じる細胞。ちなみに犬の嗅細胞は約2億個

 

2019/03/13

案内所の鮭の稚魚、旅立ちました

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190313-1

 

昨年11月30日から、駅前観光案内所「むらかみ旅なび館」で飼育していた鮭。
3月11日(月)に旅立ちの時を迎えました。

 

これまでの成長の様子はこちらをご覧ください。
どんどん成長中!
さらに成長中!

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190313-2

およそ100日を過ごした水槽を出て、一旦バケツへ。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190313-3

車に揺られ、着いたのは三面川(みおもてがわ)右岸。
毎年4月半ばに行われる、三面川鮭稚魚放流式の場所と同じです。

約1カ月早い旅立ちでしたが
ことしは雪解けも早く、暖かい日が続いたので
川の中にも仲間がいっぱいいることでしょう。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190313-4

ちなみに、放流を手伝ってくださった方は
この日たまたま案内所に立ち寄った、滋賀県からお越しの橋 元輝さん。

かつて、琵琶湖のビワマスやフナの保護等に携わっていたそうで
「貴重な体験をさせていただきました」と仰っていました。

 

ことし放流した鮭が戻ってくるのは3~5年後のこと。
大きく育って、無事にまた三面川に戻ってくることを願います。

 

2019/03/06

まちの中の鮭【3】

村上のまちを歩いていると
まちのあちらこちらに、が描かれていることに気が付きます。

 

今回紹介するのは、旧村上市街地に設置されている案内サイン。
ここにも鮭が描かれています。

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190306-1

この案内サインの正式名称は「村上市歩行者サイン」。
平成12~15年度にかけて、村上市商工観光課(当時)が設置し
現在は、観光客が多く行き来するエリア内の17カ所で見ることができます。

 

上記写真の鮭(塩引き鮭が下がっている様子)の案内サインは
町屋地区専用マークとして、町屋が多く残るエリアの10カ所に設置されています。

※マークの位置は大体の目安です

 

 

絵柄は鮭のほかにも    

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190306-2
武家町地区専用マーク「武士」
撮影:村上小学校脇の村上市役所駐車場近く

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190306-3
寺町地区専用マーク「仏様」
撮影:浄念寺近く

 

%e5%b0%8f%e3%83%8d%e3%82%bf20190306-4
上記地区以外の城下町専用マーク「お城山」
撮影:村上駅前交差点付近

    の4種類があります。

 

村上のまちを訪れた方たちに
まち歩きをより楽しんでもらおうと設置しているサインです。

切り絵のような白黒のイラストは味わいがあります。
見かけた際は、ちょっと立ち止まって眺めてみてください。

 

先頭に戻る