HOME観光スポット > 笹川流れ遊覧船

観光スポット

笹川流れ遊覧船

笹川流れエリア
喫茶・軽食
自然
レジャー
体験
お菓子
その他
多目的トイレ

船内の様子

遊覧船

あなたも潮風とカモメに出逢える旅しませんか?

潮風とカモメに会える40分コースの船旅。新潟県の名勝・笹川流れのエメラルドグリーンと白砂、ダイナミックな奇岩が体感できます! 特別便「笹川流れ夕暮れクルーズ」(4~11月の各月1回・要予約(定員60名)/大人1,400円・小人700円)も人気です。

【運航期間】
例年3月末~11月中旬

【2022年の運航期間】
2022年3月27日(日)~11月中旬
おすすめ! 遊覧船乗り場では、地魚の天日干しや炭火焼きコーナーもあり「食」も楽しめます!
「カナガシラの一夜干し」や「地魚スモーク」がオススメです。
住所 村上市桑川975-44
電話番号 0254-79-2154 0254-79-2154
FAX 0254-79-2357
メールアドレス yuransen@sasagawanagare.net
URL http://www.sasagawanagare.net
営業時間 9:00~16:00
アクセス(車) 日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から車で約30分
アクセス(電車・バス) JR羽越本線「桑川駅」から徒歩で約15分
駐車場(台数) 60台
料金 大人1,200円・小人600円(3歳以上12歳未満) ※団体(30名以上)大人1,080円・小人540円
定員 120人乗り/95人乗り
定休日 冬期
カード 不可
ペット可
バリアフリー 多目的トイレ
大きなマップで目的地までのルートチェック
スポットを
お気に入りに登録して
オリジナルのMy旅コースを作ろう!
My旅コースの作成

関連スポット

山正鮮魚

JR桑川駅前にある、創業100年以上にもなる鮮魚店です。 ご家庭だけでなく、旅館・ホテル、料亭、飲食店からもご用命をいただいております。 遠方のお客様には、電話・FAX・ホームページからのご注文で全国発送可能です!

鷲ヶ巣山

◇標高1093.3m ◇所要時間約4時間 建久(1190)年間に開山した山で、13体の祭神が祭られ、前ノ岳・中ノ岳・奥の院の三峰から成り立っており、尾根伝いに続く山稜は登り・下りが激しいのが特徴です。峰々の頂からは、三面ダムの湖水が静けさの中にくっきりと見え、人造湖とは思えない神秘性を漂わせています。国道7号線の水明橋からの遠望は、魅力的で見る者を一層ひき付けます。

民宿 かねます

地元産の新鮮魚介料理でおもてなしをしています。

民宿・食堂 ちどり

家族のようにもてなします。 小さな民宿だから、のんびりしていってください。

交流の館「八幡」

廃校になった中学校を改装し、体験交流の宿泊施設に。温泉もあり! 地元の食材を使った料理が食べられます。 【日帰り入浴の営業時間変更について】 新型コロナウイルス感染症予防対策として、当面の間は下記の通りとさせていただきます。 11:00~18:00(最終受付17:30) 【食堂(食の工房 かがり火)営業時間変更について】 11:30~13:00(Lo 12:30) 17:30~19:30(Lo 19:00)

虚空蔵グリーンパーク

野鳥の森、散策、展望の森、やすらぎの森、大杉の森、さくら並木、花木の森、砦の森、虚空の森など、見る・歩く・楽しむ・学ぶといったエリアがそろっています。

あおぞら農産いちご園

新潟県のブランドイチゴ「越後姫」は大粒でジューシー! 甘みが強く、果肉が柔らかいのが特長です。 新型コロナウイルス感染症対策をしております。 ※マスク着用でお越しください 【2022年の開園情報】 ●2/5(土)、2/6(日)、2/9(水)、2/11(金・祝)~6月上旬(予定) ●食べ放題(30分)は3/25(金)から開始します。 【内容】 ・摘み取り量り売り ・パック販売 ・食べ放題(30分) ※「食べ放題」はイチゴの収量が安定した頃に開始します。 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「食べ放題」を中止する場合があります。

三面川の居繰網漁(みおもてがわのいぐりあみりょう)

【令和3(2021)年度 居繰網漁の中止について】 例年10月下旬~11月末に実施している居繰網漁ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、令和3(2021)年度も中止することになりました。「鮭のまち・村上」晩秋の風物詩、三面川の居繰網漁を楽しみにされていた方々には大変なご迷惑をおかけします。今後とも、当事業にご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 居繰網漁(いぐりあみりょう)は、現在は三面川(みおもてがわ)だけに残る江戸時代から伝わる伝統漁法です。居繰網漁は、「小回し舟」という川舟3艘で行います。3艘のうち2艘は網を操りながら川下に「八」の字で下ります。もう1艘は、2艘の舟の間に鮭を追い立てます。鮭が網にかかると双方の漁師が網を上げて鮭を捕らえます。居繰網漁は、村上の秋~初冬にかけての風物詩です。

神林 水辺の楽校

荒川の北岸に国土交通省の河川環境基本計画に基づいて完成した「水辺の楽校(がっこう)」。自然との触れ合いや水遊び、生き物たちの観察などさまざまな体験や学習ができる場です。植物浄化池では、カエルの卵が浮き、メダカやウグイの泳ぐ姿が間近で見られ、キャンプサイトではキャンプやバーベキューなどの遊びもできます。また、春には水辺の楽校内の桜並木が満開となり、桜の名所としても親しまれています。 【施設内容】 キャンプサイト、炊事場、トイレ・水飲み場(使用可能期間4/1~10/31)、東屋、芝生広場、水遊び広場、川の石教室、ホタル観察道、植物浄化池、レキ間浄化池 【桜の見頃】 例年4月中旬~下旬

縄文の里・朝日

奥三面ダム建設によって水没した、山間奥地・三面集落で使われていた民俗資料や考古資料(旧石器時代~縄文時代)を展示。まが玉・石器・土器づくりや火おこしの体験ができます。併設の食堂「食事処 やまびこ」(例年4月下旬~11月中旬オープン)では、地元農産物を使った料理と手打ちそばが人気です。

先頭に戻る