HOME観光スポット > 赤カブ漬け体験

観光スポット

赤カブ漬け体験

山の恵み・生業エリア
体験

伝統農法・焼畑で育てた赤カブを使い、赤カブ漬けを作ります

毎年8月に山を焼き、種まきをした赤カブを
山熊田に受け継がれるこだわりのレシピで漬け込みます。

【実施期間】毎年10月下旬~11月中旬の土・日曜日 ※8回程度
【所要時間】約3時間(11:30~14:30)
【定員】30名程度
※最少催行人数15名
※期間中、15名以上の申し込みで平日も実施
※申込は往復はがきで承ります。詳しくはお問い合わせください
住所 村上市山熊田325 さんぽく生業の里
電話番号 0254-76-2115 (さんぽく生業の里) 0254-76-2115 (さんぽく生業の里)
FAX 0254-76-2115
URL http://www.iwafune.ne.jp/~sanpokusho/kaiin/nariwai/nariwainosato.html
営業時間 8:30~17:00
アクセス(車) 日本海東北自動車道「朝日まほろばIC」から車で約1時間
日本海東北自動車道「あつみ温泉IC」から車で約50分
アクセス(電車・バス) JR羽越本線「府屋駅」からタクシーで約30分
駐車場(台数) 10台
料金 4,000円 ※昼食込み・自身で漬けた赤カブ漬け(2kg)
定員 1回 30名程度
定休日 お盆(8/12~20)、年末年始(12/29~1/7)、春分の日、秋分の日、11/4
予約
カード 不可
ペット可 不可
大きなマップで目的地までのルートチェック
スポットを
お気に入りに登録して
オリジナルのMy旅コースを作ろう!
My旅コースの作成

関連スポット

山のおいしさ学校 食堂IRORI(いろり)

手打ちそばに郷土料理の大海(だいかい)等が付く「そば定食」、イワナの塩焼きに地物の山菜や野菜を使った素朴な料理がセットになった「IRORI定食」が人気! 岩船産コシヒカリを使った「どぶろく雲上(くものうえ)」もオススメ。 石焼ピザ作り体験(要予約)もやっています! ●受入期間は例年4月中旬~11月中旬です。 ●具材(トッピング)はご持参ください。 ●体験希望日の1週間前までに予約をお願いします。 ●詳細はお問い合わせください。

三面川中州公園(みおもてがわ なかすこうえん)

国の「ふるさとの川モデル事業」で三面川の河川敷を利用して造られた、緑豊かな公園です。多目的芝生広場やバーベキュー施設、観光茶畑などがあります。

朝日シルクフラワー製作工房

村上市朝日産の繭を使った手作りのシルクフラワー。工房内で繭花の製作工程がご覧になれます。気軽にチャレンジできるキットもあります。 ※座繰り機による糸取体験や糸紡ぎもできます(要予約・体験料要相談) ※6月には蚕(かいこ)の観察ができます ※団体様のご予約承っております

大光シックスファーム(たいこうシックスファーム)

三面川や日本海、村上市街地を一望にする高台に、土と水にこだわり、おいしさにこだわったブルーベリー狩り観光農園がオープン。10品種・約500本のブルーベリーと素晴らしい眺めが、皆様のお越しをお待ちしております。 【2022年の開園情報】 ●2022年6月18日(土)オープン予定です。 ●開園は土・日曜日、祝日のみで完全予約制です。

村上地域コミュニティ空間「土間ん中」

町屋の「土間」と地域の「ど真ん中」を掛け合わせた、人と人とのつながりをつくる憩いの場。地域住民の休憩や観光客の情報収集等にご利用ください。また、まちづくり団体を支援する施設として、必要な空間と情報の提供もいたします。どなたも気軽にのぞいてみてください!

鳴海森林公園

朝日スーパーライン沿線のブナ原生林と重蔵山、枡形山を望むところにあり、近くには慶長年間全国一の産金量を誇った鳴海金山があります。緑と触れ合いながら、アウトドアライフを充分満喫できます。

日本国

◇標高555m ◇所要時間1時間30分 「日本国」は、新潟県の県北に位置する村上市伊呉野(いぐれの)と山形県鶴岡市温海大字鼠ヶ関字原海を起点とし、朝日連峰に連なる県境の稜線上約6.4kmの地点に位置し、すり鉢を伏せたような山容から別名・石鉢山とも呼ばれています。毎年5月5日に山開きおよび日本国イベントが開催されます。 ※水場あり

交流の館「八幡」

廃校になった中学校を改装し、体験交流の宿泊施設に。温泉もあり! 地元の食材を使った料理が食べられます。 【日帰り入浴の営業時間変更について】 新型コロナウイルス感染症予防対策として、当面の間は下記の通りとさせていただきます。 11:00~18:00(最終受付17:30) 【食堂(食の工房 かがり火)営業時間変更について】 11:30~13:00(Lo 12:30) 17:30~19:30(Lo 19:00)

一汁山菜 いろむすびの宿

いろむすびの宿がむすぶもの ――― 懐かしい田舎の家に帰り、かかさ(お母ちゃん)が温かく出迎える。 昔の家でくつろぎ、おいしい土地のものを食べ、楽しく語り合い、夜がふけていく。 目の前の山で山菜を採り、田畑に触れる。お昼は地元の食材で作ったにぎり飯や総菜を食べる。 新潟村上の佐々木集落にて、昭和40年築の旧磯部邸に息吹を吹きかけ、地元の方々と手をむすび、いろむすびの宿が完成いたしました。【いろどり豊かな地域の宝物をむすび合わせたい】、そのような想いで、私たちは「いろむすびの宿」を開業いたしました。 この地でむすびたいと感じておりますのは、ごくありふれた日常の中に眠っている有形・無形の【地域の宝物】、心温まる地域の人々の【心】、そして【暮らし】そのもののあり方です。新潟村上の農村集落にて、かかさ(お母ちゃん)と一緒に、忘れかけていた大切なものを見つけてみませんか。

Toi陶房(といとうぼう)

日々の生活に花を添えるような器との出合い。 Toi陶房で「特別な日常の器」を見つけてみませんか? 陶芸教室では「土」のぬくもりを感じて 自分だけのオリジナルの器を作ってみよう。

先頭に戻る