HOMEおすすめ特集 > 城下町・村上

城下町・村上 城下町・村上

新潟県の最北に位置する村上市は

城跡武家屋敷町屋寺町と、城下町の四大要素が残る希少なまちです。

この魅力ある城下町・村上を、ちょっとひも解いてみましょう  

 

2017/03/27

失われた天守 ~村上城の姿とは~

%e3%81%8a%e5%9f%8e%e5%b1%b1880

臥牛山(がぎゅうさん)山頂に築かれた村上城。
築城年数は不明ですが、16世紀前期には城が存在していたと考えられています。

 

戦国時代には本庄氏の本拠地として、永禄11(1568)年の上杉謙信との籠城戦(ろうじょうせん)など、幾度も戦いが繰り広げられました。江戸時代に入ると、村上氏・堀氏・松平氏らの城主によって、城の改造と城下町の建設が行われ、村上城は北越後の中心拠点として整備されました。

 

しかし、寛文7(1667)年、藩主・榊原政倫(さかきばら まさみち)の時代に落雷により天守が焼失。その後、城の再建が行われますが、天守は再建されず、以降、村上城は天守のない城となりました。

 

歴史ある村上城ですが、江戸期の度重なる火災、明治期の取り壊しや払い下げなどにより建物は現存せず、城の外観を知る手がかりは城絵図しかありません。

%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%85%83%e5%b9%b4%e6%9d%91%e4%b8%8a%e5%9f%8e%e4%b8%8b%e7%b5%b5%e5%9b%b3880

明治元年 村上城下絵図より一部抜粋

 

城の詳細が残っていないことは残念ですが、現存する城跡や資料などから想像を膨らませるのもまた一興です。
本丸の8メートルを超える石垣や天守台礎石跡、井戸、馬冷やし場など、往時の様子を感じることができる遺構も数多く残されているほか、東側斜面には、敵が斜面を横に移動しにくくするため、斜面の上下方向に設けられた竪堀(たてぼり)と呼ばれる堀の跡もあり、戦国時代の面影を感じることができます。

 

先頭に戻る