HOMEおすすめ特集 > 城下町・村上

城下町・村上 城下町・村上

新潟県の最北に位置する村上市は

城跡武家屋敷町屋寺町と、城下町の四大要素が残る希少なまちです。

この魅力ある城下町・村上を、ちょっとひも解いてみましょう  

 

2018/09/07

小古路(ここみち)を歩こう【2】

 

これから紹介する村上の小古路は
村上ロータリークラブ2017-2018 村上小古路プロジェクトが作成した
「村上小古路マップ」からの転載です。

%e7%ad%8f%e5%a0%b4%e9%80%9a%e3%82%8a%e6%a1%88%e5%86%85%e6%9d%bf

小古路にはこのような案内板が設置されています。
下記のそれぞれのマップに設置場所が記載されています

 

 

小古路No.06 筏場(いかだば)通り

%e7%ad%8f%e5%a0%b4%e9%80%9a%e3%82%8a

庄内町から泉町に至る路で「筏場通り」といわれていた。筏場とは、三面川上流から筏を組んで流してきた木材の陸揚げ場で、ここから材木屋や木羽(こば)屋に運ばれた。
文政3(1820)年の『塩町軒付帳』には、木挽(こびき)9軒、木宿8軒。文久3(1861)年の『加賀町軒付帳』には、木挽11軒とある。
木挽とは、木材を製材する職人をいい、また木宿とは薪や炭を扱う薪炭(しんたん)屋をいう。
以後、近年まで塩町と加賀町には材木屋や製材所が集中していた。

 

 

 

 

小古路No.07 大手通り

%e5%a4%a7%e6%89%8b%e9%80%9a%e3%82%8a

大町から大手門に至る路。大手門(追手門ともいう)があったことに由来する。
村上市役所の駐車場辺りにあった大手門は、城の正門である。門は枡形(ますがた)形式で、大手通りから門のところで右折して入る。
現在の道路に「食い違い」があるのは、ここが大手門であったことの名残りである。
三の丸内を「丸の内」と称し、南を羽黒門、西を飯野門・大手門、北を山辺里(さべり)門で区切る。

 

 

 

 

小古路No.08 赤坂屋小路

%e8%b5%a4%e5%9d%82%e5%b1%8b%e5%b0%8f%e8%b7%af

赤坂屋は、大町の大手門脇にあった商家・大年寄伊與部助次郎である。赤坂屋小路の由来は、この赤坂屋の敷地内に造られた私道に由来すると思われる。
文政9(1826)年の町絵図では、間口22間5尺6寸、奥行は堀まで28間5尺という広大なものであった。
酒造業を営んでいたが、持株は5本で2,120株。村上町は全部で38本、10,109株であったから、その2割を持っていた。

 

 

 

 

小古路No.09 飯野門通り

%e9%a3%af%e9%87%8e%e9%96%80%e9%80%9a%e3%82%8a

城下絵図には飯野門が描かれているが、長井町・上町(かんまち)境から飯野門に至る路を飯野門通りといった。
江戸時代を通じて、羽黒神社祭礼の屋台や神輿は、朝から飯野門前に集合し、この門から城内を巡って、片町の庚申堂桝形(ますがた)から町人町(ちょうにんまち)に出て巡行を続けた。
沿道の藤基(ふじもと)神社入り口の石積の階段は、市道 飯野門線の道路拡幅の際、いったん撤去されたが、伝説の石工集団「穴太(あのう)衆」によって積み直され、復旧したものである。

 

 

 

 

小古路No.10 安善小路

%e5%ae%89%e5%96%84%e5%b0%8f%e8%b7%af1

小町(こまち)から寺町へ抜ける小路。ここは古くから安善小路(あんぜんこうじ)と呼ばれていた。安善寺に由来する。安善寺は浄土真宗大谷派。明暦元(1655)年創立。安善寺の寺伝によると、この土地は榊原公から拝領したものとある。
その榊原氏が城主の頃の『元禄村上城下絵図』には、安善寺と小路が描かれている。現在、黒塀小路(または黒塀通り)と呼ばれることもあるが、これは景観整備で黒塀を設置したもので当時はない。また、小町側の村上信金金庫 本店辺りは堀氏時代の絵図には「馬ヤ町」の記載があり、「お馬や小路」と呼ばれていた。

 

 

 

 

    小古路(ここみち)を歩こう【3へ続きます。

 

先頭に戻る