日本酒はお好きですか? 日本酒はお好きですか?

 

日本酒をこよなく愛する皆様へ、村上が誇る地酒をご案内します。

 

***** 

 

村上人の地酒愛、地酒 × 村上ならではの酒肴など
村上の日本酒(地酒)にまつわるお話を、どうぞご覧ください。

 

2019/12/29

ともに味わう(17) 酒粕クリームチーズ×熱燗

p1

今回の「ともに味わう」   
作ったのは、新酒の時期に出る酒粕を使った酒粕クリームチーズです。

酒粕というと、甘酒や粕漬け、粕汁などにも使ったりしますが、今回は日本酒に合うおつまみにアレンジしてみました。材料は酒粕とクリームチーズ、そして蜂蜜です。

 

p2

作り方はすごく簡単!
酒粕とクリームチーズの割り合いは好みで調整OKですが、私は5:5で。

クリームチーズの上に酒粕をのせて、その上から大さじ1杯の蜂蜜をかけて。
これを電子レンジ(500W)で約40秒ほどチンするだけ。
チンが終わったら、混ぜ合わせて出来上がりです。

 

p4

そのまま食べてもおいしいのですが
私はクラッカーの上にのせていただきました。

 

p3

この日は、寒い時期にぴったりの熱燗と一緒に堪能しました。

濃厚な酒粕のうま味とクリームチーズの爽やかな酸味。
そこに、蜂蜜のほんのりとした甘さが加わり
三つの食材が一体となって、最高のハーモニーを奏でます。

熱燗と酒粕で体もポカポカになりますよ♪

 

 

この時期限定の酒粕、スーパー等で見かけたらぜひお試しください。
簡単に作れるので、年末年始の人が集まった時にもオススメです。

 

2019/12/12

ともに味わう(16) アレンジ長ネギ×〆張鶴 純米吟醸「純」

0

今回の「ともに味わう」は、アレンジシリーズ第2弾・アレンジ長ネギです。そして、この一品に合わせる日本酒は、宮尾酒造〆張鶴 純米吟醸「純」です。

 

今が旬の長ネギ。そのまま塩・こしょうで焼いてもおいしく、お酒にも合うのですが、今回はちょっとひと工夫、長ネギのアレンジレシピにチャレンジ!
……とはいっても、工程はまたまた簡単(笑)。用意するものは、長ネギ・ほんだし・ゴマ油(アレンジシリーズの必須アイテム!)のみ。

 

1

まずは、長ネギをひたすら細切りにします。
ここが唯一、少々面倒な工程です。

 

2

細切りにした長ネギに、ほんだしを適量ふりかけます。
かけすぎに注意しましょう。

 

4

その上からゴマ油を適量かけます。
かけすぎると油っこくなります。注意してください。

 

5

最後に、ラップフィルムをかけ、電子レンジ(600W)で50秒ほどチンして出来上がり!(長ネギのシャキシャキ感が好きな人は、もう少し時間を短くしてもOK)。ゴマ油の風味とほんだしが効いて、お酒がすすみます!

 

6

ピリ辛感が欲しい方は、黒こしょうや七味唐辛子をかけてもおいしいです。
写真は黒こしょうをかけたもの。

 

7

この日は、たまたま豚タンがあったので、茹でてからアレンジ長ネギで和えました。実はこのアレンジ長ネギ、肉やご飯・ラーメンの具にもピッタリなんです。

 

この料理とともに味わう〆張鶴 純米吟醸「純」は、〆張鶴の中でも人気の高い純米吟醸酒。醸造アルコール・糖類・添加物を使用していない、米にこだわって醸した酒です。口当たりが良く、飲み飽きしません。説明書きに「冷や、ひと肌燗でお楽しみください」と書いてあったので、寒かったこの日はひと肌燗で堪能しました。

 

寒くなるこれからの季節、アレンジ長ネギを作って、〆張鶴 純米吟醸「純」で温まりましょう!

 

 

 

〆張鶴 純米吟醸「純」が2019年度 OMOTENASHI Selection金賞受賞!
>>> https://www.sake3.com/news/13429

 

先頭に戻る