HOMEおすすめ特集旬、とれたて! > 器いっぱいの幸せ、枝豆の食べ比べ!

旬、とれたて! 旬、とれたて!

 

食材の宝庫である新潟県村上市。
その魅力たっぷりの海の幸・山の幸・里の幸の
情報をいち早く皆さまにお届けします!

 

※写真に写っている価格は取材当日のものです
※品ぞろえは天候や収穫・漁の状況などにより変わります

  

2022/08/10

器いっぱいの幸せ、枝豆の食べ比べ!

%e6%9e%9d%e8%b1%86image

夏の食卓に欠かせないものといえば、冷たいビールに枝豆!! 器いっぱいに盛られた枝豆は夏の風物詩ですよね……っと、ここまで書いてみて「器いっぱいの枝豆」という光景が、実は珍しいものであることを思い出しました。

新潟県は、枝豆の作付面積が全国1位なのですが、出荷量では全国7位(令和2年度 農林水産省 野菜生産出荷統計より)なのだそう。いっぱい作っているのに、出荷量が少ないってどういうこと? ≒ 作った枝豆を自家消費しているのでは?? ≒ 新潟県民は枝豆が好き!! と新潟県民は自負しているとかいないとか。ちなみにすがいは枝豆好きです。

 

%e5%85%ad%e6%96%8e%e5%b8%82image
(取材日:2022年7月27日)

というわけで「器いっぱいの枝豆」は新潟の夏の風物詩、ここ村上でも夏の定番です。そこで今回は、毎月2と7が付く日に開設される六斎市*で旬の枝豆を買ってきてみました。
*1/2と7/7は休み、7/5と12/30は特別に開設します

 

%e8%8c%b9%e3%81%a7%e3%82%8b%e5%89%8d%e3%81%ae%e6%9e%9d%e8%b1%86
(写真左から)いきなまる、湯あがり娘

この日、買ってきた枝豆はいきなまる湯あがり娘の2種類。いきなまるは、早生品種でほんのりとした香りが特徴。中早生品種の湯あがり娘は、香り・食感・甘みの三拍子がそろった品種です。
内容量は異なりますが、値段は300~400円ほどでした。

 

それでは茹でていきます。

%e4%b8%a1%e7%ab%af%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%97%e3%81%9f%e6%9e%9d%e8%b1%86

軽く水洗いし、さやの両端を切り落とします。
茹でムラを防ぎ、塩なじみがよくなります。
面倒な場合は割愛してOK!

 

%e5%a1%a9%e3%82%82%e3%81%bf

塩(適量)をふって塩もみします。
さやのうぶ毛を取り除き、塩なじみをよくするため。

 

%e9%8d%8b%e3%81%a7%e3%82%86%e3%81%a7%e3%82%8b

鍋で水2ℓを沸かし、塩を大さじ2杯入れます。塩もみした枝豆(塩は付いたままでOK)を投入し、4~6分ほど茹でます。
時折かき混ぜながら茹でます。5分くらい経ったらひとさや取り出し、茹で具合を確認してください。

 

%e3%81%96%e3%82%8b%e3%81%ab%e5%8f%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%86%b7%e3%81%be%e3%81%99

9割程度火が通ったら、ざるに取って冷まします。
水には絶対さらさないこと! 余裕のある方はうちわ等で扇いで粗熱を取ってください。

 

%e8%8c%b9%e3%81%a7%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a

2種類の枝豆が茹で上がりました!
(写真左から)いきなまる、湯あがり娘

 

では、さっそく食べ比べ。

%e3%81%84%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%be%e3%82%8b

いきなまるは、やや小ぶりで豆の形は扁平、しっかりとした食感があります。私にとってはなじみ深い味、夏の間によく食べる枝豆はまさにコレ!って感じです。

 

%e6%b9%af%e3%81%82%e3%81%8c%e3%82%8a%e5%a8%98

湯あがり娘は、実がふっくら太っていて食べ応えがあります。香りがよくて甘みもあり、ちょっとリッチな感じがしますね。

 

新潟県では、毎年5~10月頃までさまざまな品種の枝豆が作られています。おいしい枝豆が途切れることなく食べられるので、ビールのお供に欠かせない今の季節はもちろん、秋頃まで存分に楽しんでいただきたいです。

村上市内では、六斎市をはじめ農産物直売所等で新鮮な枝豆が手に入ります。お見かけの際には、ぜひお買い求めください。

先頭に戻る