旬、とれたて! 旬、とれたて!

 

食材の宝庫である新潟県村上市。
その魅力たっぷりの海の幸・山の幸・里の幸の情報を
いち早く皆さまにお届けします!

 

※写真に写っている価格は取材当日のものです
※品ぞろえは天候や収穫・漁の状況などにより変わります

  

2019/06/13

六斎市 ― 入梅の候 ―

20190612image

 

新潟県を含む、北陸地方のことしの梅雨入りは
平年より5日早い、6月7日とのことでした。
(日本気象協会ホームページより)

雑節の「入梅」は6月11日。
その翌日の12日は、市役所脇の道路で恒例の六斎市が催されました。

梅雨のさなかの六斎市は、青空が広がるいい天気。
まさに「梅雨の晴れ間」といった感じ。
訪れる人も多く、中には朝市を見学する小学生の姿も見られました。

 

前回の取材から約4カ月が過ぎ、朝市の商品もずいぶん変化しています。
今回は、夏の訪れが感じられる旬の野菜・山菜を紹介します。

 

%e6%96%b0%e7%8e%89%ef%bc%86%e6%96%b0%e7%8e%89%e7%b4%ab

みずみずしい新玉ネギが、あちらこちらの店先に並んでいました。
軟らかく、辛みも少ないので、生でも食べやすいです。

 

また、店の方に簡単でおいしい
オススメの調理法を聞いてきたので紹介します。

① 新玉ネギの皮をむき、厚めの輪切りにする。
② フライパンに油をひき、①を輪切りのまま焼く。
 【POINT】あまり動かさず、しっかり焼き目を付けましょう
③ バターを加え、塩・こしょうで味を調える。

工程はこれだけ。
簡単で、しかも新玉ネギのおいしさが存分に味わえます。
ぜひ試してみてください。

 

%e5%88%9d%e7%89%a9%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%83%81%e3%83%a3

初物のカボチャ。
スーパー等には一年中並んでいるカボチャですが
露地物は今頃から収穫が始まるそうです。

初物は皮も柔らかく、みずみずしいのが特徴です。

 

%e6%96%b0%e8%8c%b6

お茶の産地・村上ならでは!
ビニール袋にたっぷり入った、村上茶の新茶もありました。

収穫した茶葉をお茶屋さんで製茶してもらうので
味は折り紙つき、かなりのお買い得品です。

 

また、この日は豆類がたくさん並んでいました。

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6

%e8%b5%a4%e8%8a%b1%e4%b8%89%e5%ba%a6%e8%b1%86

%e3%82%bd%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%83%a1

上から順に
スナップエンドウ、インゲンマメ(赤花三度豆)、ソラマメ。

 

%e5%b1%b1%e3%81%b5%e3%81%8d

%e3%83%9f%e3%82%ba

山菜の山フキやミズもありました。

 

 

%e6%af%8e%e6%9c%8812%e6%97%a5%e3%81%af%e3%81%8a%e3%81%be%e3%81%91%e3%81%ae%e6%97%a5

さて、「村上の台所」の愛称で親しまれている六斎市。
その歴史は古く、大正8(1919)年に始まり
ことし100周年という節目を迎えました。

これを記念して、毎月12日の六斎市に「おまけの日」を実施。

「おまけ」の内容は店によってさまざま。
いろいろなお店で買い物をして
さまざまな「おまけ」を楽しんでください。

 

 

 

六斎市
開設位置 村上市三之町(村上市役所脇道路)
開設日時 毎月2、7、12、17、22、27日 8:00頃~12:00頃
※1月2日と7月7日は休み、7月5日と12月30日は特別に開設されます
※毎月12日は「おまけの日」です

お問い合わせ 0254-53-2111(村上市役所 地域経済振興課)

 

先頭に戻る