HOMEおすすめ特集 > 日本酒はお好きですか?

日本酒はお好きですか? 日本酒はお好きですか?

 

日本酒をこよなく愛する皆様へ
村上が誇る地酒をご案内します。

 

***** 

 

村上人の深い地酒愛
地酒 × 村上ならではの酒肴など
村上の日本酒(地酒)にまつわる話を
どうぞご覧ください。

 

2022/08/20

ともに味わう(28)〆張鶴 純米吟醸 越淡麗原酒×梅キュー

1

「ともに味わう」28回目、今回の日本酒は、宮尾酒造の限定酒 〆張鶴 純米吟醸 越淡麗原酒。こちらに合わせる一品は、キュウリを梅干しで和えた梅キューです。

 

2

今が旬のキュウリ(いただく機会も多いですね)。浅漬けにしたり、みそやマヨネーズを付けてそのまま食べても晩酌のアテになる野菜ですが、今回もひと手間加えてみました。

 

3

用意したのはこちら、梅干しです。知り合いからいただいたもので、塩加減もちょうどよく、昔ながらの酸っぱい梅干しです。

 

5

この梅干しを細かく刻みます。

 

4

キュウリは乱切りにします。
※スライスでもいいのですが、乱切りの方が食べ応えがあります

 

6

食品用ポリ袋(わが家では「アイラップ*」を愛用しています)にキュウリと梅干しを入れ、顆粒タイプの和風だし・砂糖を少々加えてもみます。
*岩谷マテリアル(株)の「アイラップ」は、全国展開しているのに、売上の75%が新潟・山形・富山・石川・福井に集中しているというナゾ商品。食品の冷蔵・冷凍、レンチン(電子レンジでチン)&湯せんOKという素晴らしい商品なので、ぜひ使ってみてください。便利ですよ(PRじゃありません)

 

7

皿に盛り、最後にカツオ節をかけて完成です。

旬のキュウリを梅干しの酸味でさっぱりいただく簡単レシピです。梅干しには、食欲増進や夏バテ防止の効果もあるので、ぜひこの夏、作ってみてください。キュウリの大量消費にもオススメですよ。

 

8

今回紹介する〆張鶴 純米吟醸 越淡麗原酒は、宮尾酒造が毎年9月に発売する「〆張鶴 純米吟醸 越淡麗」の原酒です。

宮尾酒造では、酒米・越淡麗を育てる田んぼに酒販店を招き、春に田植え・秋に稲刈りを行っています。酒の大本である酒米がどのような環境で育っているのか、宮尾酒造の酒を扱う酒販店の方々に知ってもらい、お客様にも伝えていってほしいという想いから始まった取り組みです。

ことし行われた田植えの様子はこちらをご覧ください。
https://www.sake3.com/sake/507

 

〆張鶴 純米吟醸 越淡麗原酒は、この田んぼで育てた越淡麗を使って醸した特別な酒です。香りがよく、きれがあり、飲み口がよいので、ぜひ飲んでみてください。

2022/06/05

【宮尾酒造】酒米・越淡麗の田植え

%e9%9b%86%e5%90%88

2022年5月18日、村上市天神岡谷地の水田で宮尾酒造の酒米・越淡麗*(こしたんれい)の田植えが行われ、宮尾酒造の社員や酒米を作る農家の皆さん、宮尾酒造の商品を取り扱う酒販店の方々など約20名が参加しました。
*新潟県が育成した酒造好適米

 

%e6%9e%a0%e3%82%92%e3%81%93%e3%82%8d%e3%81%8c%e3%81%99

まずは、参加者による苗の手植えが行われました。枠(田植枠)を転がして、苗を植える場所に印を付けていきます。

 

%e7%94%b0%e6%a4%8d%e3%81%88%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e4%ba%ba1

越淡麗の苗を2~3本ずつ取り、印の付いた部分に植えていきます。

 

%e7%94%b0%e6%a4%8d%e3%81%88%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e4%ba%ba2

泥に足を取られ、悪戦苦闘する参加者の皆さん。

 

%e5%88%a9%e5%99%a8%e6%8a%95%e5%85%a5

終盤には田植え機も投入されました。

 

%e8%b6%8a%e6%b7%a1%e9%ba%97%e3%81%ae%e8%8b%97

2018年に始まった宮尾酒造の田植えですが、酒販店を招いての実施は3年ぶりでした。宮尾酒造の代表取締役社長・宮尾佳明さん(一番上の写真、前列左から4番目)は「2020年、2021年は社員と農家の皆さんとで田植えを行ったので、ことしは酒販店の皆さんも一緒に出来て良かった。いい原料を作っていただいているので、私たちはいい酒を造って世に送り出したい。酒販店の皆さんには、この日の体験をはじめ、宮尾酒造の酒がどのように造られているのかを消費者の皆様に伝えていただければうれしい。」と話しました。

 

image

この日植えた越淡麗は、9月下旬~10月上旬に収穫され、翌年秋に蔵出しの「〆張鶴 純米吟醸 越淡麗」になります。また、数量限定の原酒も販売予定なので、こちらも楽しみですね。

 

2022/05/30

ともに味わう(27)オシロイバナ 花酵母仕立て 純米吟醸 大洋盛×自家製おつまみメンマ

1

27回目の「ともに味わう」、今回の日本酒は大洋酒造の季節限定酒オシロイバナ 花酵母仕立て 純米吟醸 大洋盛です。そして、これに合わせて用意した一品は、タケノコを使って手軽に作れる自家製おつまみメンマです。

 

2

今が旬のタケノコ。茹でたものをそのまま食べてもおいしいのですが、日本酒に合うようひと手間加えました。

 

ちなみにタケノコはべべさんからご提供いただきました。すごく立派で新鮮です!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3_%e3%81%b9%e3%81%b9

 

では、さっそくLet's Cooking!

3-1

茹でたタケノコを食べやすい大きさにスライスします。ちなみにタケノコを茹でるのは大変手間なので、市販の水煮タケノコでもOKです。

フライパンにゴマ油を熱し、タケノコを入れたら水分が飛ぶまで焼きます。その後、水・しょうゆ・酒・砂糖・鶏ガラスープの素・オイスターソースを入れ(全て適量)、煮詰めます。

 

4

このまま食べてもおいしいのですが、日本酒に合うように長ネギとラー油、黒コショウを少々トッピング。これで完成です。

 

5

オシロイバナ 花酵母仕立て 純米吟醸 大洋盛は、花酵母*を使用した珍しい春季限定の日本酒です。香りは華やかで、少し甘みのある柔らかな味わいが特徴です。
*東京農大の花酵母研究会に加盟する酒蔵だけが使用できる、自然界の花々から分離培養した優良清酒酵母の総称

この日本酒と、しっかりと味が染み込んでピリ辛の自家製おつまみメンマは相性抜群です! 少し手間はかかりますが、ぜひお試しください。

 

先頭に戻る