HOMEおすすめ特集 > 旬、とれたて!

旬、とれたて! 旬、とれたて!

 

食材の宝庫である新潟県村上市。
その魅力たっぷりの海の幸・山の幸・里の幸の情報を
いち早く皆さまにお届けします!

 

※写真に写っている価格は取材当日のものです
※品ぞろえは天候や収穫・漁の状況などにより変わります

  

2019/08/08

六斎市 ― 立秋の候 ―

201908%e5%85%ad%e6%96%8e%e5%b8%82image

 

きょうは、二十四節気の一つ「立秋」。
暦の上では、きょうから秋が始まります。

とはいえ、新潟県村上市は梅雨明けから連日30℃を超える暑さ。
まだまだ夏の盛り、秋の気配はどこ?といった感じです。

さて、立秋前日の8/7は六斎市の開設日でした。
この日はどんなものが並んでいたでしょう。
秋の気配が感じられるものはあるかな?

 

%e6%9e%9d%e8%b1%86%ef%bc%88%e6%b9%af%e4%b8%8a%e3%82%8a%e5%a8%98%ef%bc%89

夏の食卓に欠かせない枝豆。
写真は「湯あがり娘」という早生品種です。
食味・香りともに良いのが特徴。

 

%e7%b1%b3%e3%83%8a%e3%82%b9

%e5%ba%84%e5%b1%8b%e5%a4%a7%e9%95%b7%e3%83%8a%e3%82%b9

%e3%83%8a%e3%82%b9%e3%81%ae%e6%bc%ac%e7%89%a9

新潟県はナスの作付面積が全国1位*!
多種多様なナスが各地で作られています。
*対して出荷量が少ないのは、新潟県民がナスを自家消費しているため
(≒新潟県民はナスが好き)といわれています。

六斎市で見かけたナス。
上から、米ナス・大長ナスです。

袋に入ったものは、お手製の浅漬け。
緑の輪ゴムで留まっているものは水ナス。
赤いのは「美男(びなん)」という名の水ナスです。

 

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%a4

新鮮なもぎたてのゴーヤも並んでいました。

 

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%ab

栄養たっぷりの生食用ケール。
サラダにしたり、スムージーにしたり。

 

%e3%83%a1%e3%83%ad%e3%83%b3

%e6%bc%ac%e7%89%a9%e7%94%a8%e3%83%a1%e3%83%ad%e3%83%b3

スイカやメロンといった、夏の果実もいっぱい。

下の画像は摘果したメロン。
浅漬け、辛子漬け、塩麹漬け …etc.
お好みの漬物でどうぞ。

 

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e6%83%a3%e5%9b%9b%e9%83%8e%e9%ba%b9%e5%ba%97%e3%81%ae%e3%81%bf%e3%81%9d

旬のものではありませんが
いい色・香りのみそもありましたよ。
老舗麹屋が造ったみそです。

 

市場内をウロウロしていて、やっと見つけた秋の気配!

%e7%a7%8b%e3%83%9f%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%82%ac

店の方いわく、初物の秋ミョウガとのこと。
甘酢に漬けたり、刻んでサラダやみそ汁、そうめんの薬味等に。

 

 

 

 

さて、前々回の記事で六斎市が100周年を迎えたと書きました。
>>> 六斎市 ― 入梅の候 ―

 

大正8(1919)年、1軒の古着屋から始まった六斎市。
最盛期には500軒もの出店があったそうです。

現在は、およそ50軒の店が立ち並び
「村上の台所」の愛称で親しまれています。

 

今回、100周年という節目を迎えたことを記念し
日頃、六斎市を利用している方へ感謝の気持ちを込めて
オリジナルボールペンのプレゼントが実施されました。

%e5%bc%95%e6%8f%9b%e5%88%b8

7月の六斎市で配付された引換券。

%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%9a%e3%83%b3%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9a%e3%83%b3

いただいたボールペンがこちら。
*オリジナルボールペンのプレゼントは終了しています。

 

 

100周年の節目を超え、これからも愛され続けるであろう六斎市。
さらに多くの方々に利用してもらい、次の100年へ続くことを願います。

 

 

六斎市
開設位置 村上市三之町(村上市役所脇道路)
開設日時 毎月2、7、12、17、22、27日 8:00頃~12:00頃
※1月2日と7月7日は休み、7月5日と12月30日は特別に開設されます
※毎月12日は「おまけの日」です

お問い合わせ 0254-53-2111(村上市役所 地域経済振興課)

 

2019/07/30

2019 旬の天然岩ガキ!

村上地域では夏が旬の岩ガキ。
ことしは身入りが良いと聞きます。

今回は、岩ガキ漁をしている
裕漁丸の渡辺裕太さんにお会いしてきました!

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%931

真ん中にいるのが渡辺さんです。
新潟漁業協同組合岩船港支所 技術改良研究会青年部の会長です。

渡辺さんは、普段は裕漁丸で板びき網漁をしていますが
7・8月の禁漁期間は採貝藻漁(モズク・サザエ・岩ガキ等)を行っています。
この日も、朝8時から11時まで漁を行ってきたそうです。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%932

岩船支所の漁師さんの岩ガキ漁は、三面川から荒川までが漁場。
岩ガキは、水深3mくらいのところに生息しているそうです。

1回の潜水で1~2個獲れるときもあれば
かたまりで6個(!)一緒に獲れるときもあるそうです。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%933

獲ったばかりの岩ガキには
写真のように海藻がたくさん付いています。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%934

この黒っぽい海藻、実はテングサなんです。
あの、ところてんの原料です。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%935

海藻等の付着物をきれいに取り除いてから競りに出します。
家族みんなで作業をされていました。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%936

渡辺さんのところでは
この道具でカキをきれいにしたり、カキむきしたりします。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%937

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%938

むき身を袋詰めしたものも取り扱いしています。

カキの形は一つ一つ異なるため
きれいに開け、身を取り出すには熟練した技術が必要です。

岩ガキは、お盆を過ぎると身入りが落ちるそうで
その頃になると漁を終了するそうです。

 

 

さて、来る8/3(土) には岩船港直売所にて
毎年恒例の「貝フェスティバル」が開催されます。
天然岩ガキファンの皆さん、ぜひお出掛けください!

%e8%b2%9d%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97

山と海が育んだ、ミネラル豊富な天然岩ガキ!
岩ガキは、山から注がれるミネラル豊富な場所に生息しています。
岩船では、三面川や荒川から山の豊かな栄養分が運ばれるため
大ぶりで良質な岩ガキが育ちます。

 

貝フェスティバル

【開催日時】
2019年8月3日(土) 9:00~14:00 (なくなり次第終了)
※外でお待ちいただく場合があります。暑さ対策をお願いいたします。
※水揚げ状況に応じて、内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

【内容】
漁師市場にて    
●天然岩ガキ販売(カキはその場で割って召し上がれます)
●つぶ貝煮付け、つぶ貝炊き込みご飯の販売

市場内にて    
●浜焼き(カキ・サザエ・ホタテ・イカ)
●魚のフライ各種
●かき氷
●ツブ貝入りタコ焼き
●生ビール 他

※割った岩ガキのお持ち帰りはできません。
※お買い上げいただいた岩ガキ等の商品は食堂内にて食べられます。
※食堂の全メニューは販売いたしませんのでご了承ください。

【お問い合わせ】
TEL 0254-56-7107(新潟漁業協同組合岩船港直売所)

 

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%939

現在も、岩船港直売所には大ぶりの岩ガキがありました。
岩ガキは店頭に置いてないので、店の方に声を掛けください。

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%9310

ゆでガキも販売されていましたよ。こちらもおいしそうです。
今の時期は、岩ガキ1個600円、ゆでガキ1個500円で販売されています。
※時期によって価格が変わる場合もあります。ご了承ください。

 

この旬の季節、岩船港の天然岩ガキをぜひ味わってください。

 

 

 

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%9311

岩船港直売所
所在地 村上市岩船港町3144-21
電話番号 0254-56-7107
営業時間 8:30~17:00(冬期間 9:00~16:00)
定休日 水曜日
公式サイト

2019/06/13

六斎市 ― 入梅の候 ―

20190612image

 

新潟県を含む、北陸地方のことしの梅雨入りは
平年より5日早い、6月7日とのことでした。
(日本気象協会ホームページより)

雑節の「入梅」は6月11日。
その翌日の12日は、市役所脇の道路で恒例の六斎市が催されました。

梅雨のさなかの六斎市は、青空が広がるいい天気。
まさに「梅雨の晴れ間」といった感じ。
訪れる人も多く、中には朝市を見学する小学生の姿も見られました。

 

前回の取材から約4カ月が過ぎ、朝市の商品もずいぶん変化しています。
今回は、夏の訪れが感じられる旬の野菜・山菜を紹介します。

 

%e6%96%b0%e7%8e%89%ef%bc%86%e6%96%b0%e7%8e%89%e7%b4%ab

みずみずしい新玉ネギが、あちらこちらの店先に並んでいました。
軟らかく、辛みも少ないので、生でも食べやすいです。

 

また、店の方に簡単でおいしい
オススメの調理法を聞いてきたので紹介します。

① 新玉ネギの皮をむき、厚めの輪切りにする。
② フライパンに油をひき、①を輪切りのまま焼く。
 【POINT】あまり動かさず、しっかり焼き目を付けましょう
③ バターを加え、塩・こしょうで味を調える。

工程はこれだけ。
簡単で、しかも新玉ネギのおいしさが存分に味わえます。
ぜひ試してみてください。

 

%e5%88%9d%e7%89%a9%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%83%81%e3%83%a3

初物のカボチャ。
スーパー等には一年中並んでいるカボチャですが
露地物は今頃から収穫が始まるそうです。

初物は皮も柔らかく、みずみずしいのが特徴です。

 

%e6%96%b0%e8%8c%b6

お茶の産地・村上ならでは!
ビニール袋にたっぷり入った、村上茶の新茶もありました。

収穫した茶葉をお茶屋さんで製茶してもらうので
味は折り紙つき、かなりのお買い得品です。

 

また、この日は豆類がたくさん並んでいました。

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6

%e8%b5%a4%e8%8a%b1%e4%b8%89%e5%ba%a6%e8%b1%86

%e3%82%bd%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%83%a1

上から順に
スナップエンドウ、インゲンマメ(赤花三度豆)、ソラマメ。

 

%e5%b1%b1%e3%81%b5%e3%81%8d

%e3%83%9f%e3%82%ba

山菜の山フキやミズもありました。

 

 

%e6%af%8e%e6%9c%8812%e6%97%a5%e3%81%af%e3%81%8a%e3%81%be%e3%81%91%e3%81%ae%e6%97%a5

さて、「村上の台所」の愛称で親しまれている六斎市。
その歴史は古く、大正8(1919)年に始まり
ことし100周年という節目を迎えました。

これを記念して、毎月12日の六斎市に「おまけの日」を実施。

「おまけ」の内容は店によってさまざま。
いろいろなお店で買い物をして
さまざまな「おまけ」を楽しんでください。

 

 

 

六斎市
開設位置 村上市三之町(村上市役所脇道路)
開設日時 毎月2、7、12、17、22、27日 8:00頃~12:00頃
※1月2日と7月7日は休み、7月5日と12月30日は特別に開設されます
※毎月12日は「おまけの日」です

お問い合わせ 0254-53-2111(村上市役所 地域経済振興課)

 

先頭に戻る