日本酒はお好きですか? 日本酒はお好きですか?

 

日本酒をこよなく愛する皆様へ
村上が誇る地酒をご案内します。

 

***** 

 

村上人の深い地酒愛
地酒 × 村上ならではの酒肴など
村上の日本酒(地酒)にまつわる話を
どうぞご覧ください。

 

2021/08/15

ともに味わう(24)冷酒×ナスのみそ田楽

p0-1

「ともに味わう」の24回目。冷酒と一緒に味わいたいナスのみそ田楽を紹介します。

 

p1

朝一番に夏野菜を求めて訪れたのは、道の駅 神林(穂波の里)のとれたて野菜市かみはやしです。

 

とれたて野菜市かみはやしの人気商品を紹介しています。
【むらかみやげ】【人気おみやげベスト5】道の駅 神林(穂波の里)

 

p2

店内には、キュウリやトマト、枝豆などの夏野菜がずらり。中でも一番多いのはナスです。焼きナスや水ナスなど、いろいろな形・品種のナスがいっぱいありました。

今回は、このナスを使ってみそ田楽を作ります。

 

p3

田楽にするナスは、皮がしっかりしていて、実が肉厚な丸ナスや米ナスがオススメ。

まずはナスを縦半分に切ってから素揚げします。油っぽいのが苦手な方はフライパン等で焼いてください。

 

p4

田楽みその材料は、みそ・料理酒・みりん・砂糖。お好みの分量で合わせてください。みそが多いと仕上がりが固くなるので注意が必要です。私は少し砂糖を多くして甘めにしました。

合わせたみそを焦がさないように混ぜながら10分ほど火にかけます。

 

p5

素揚げしたナスに先ほどのみそをのせてオーブントースターへ。ナスやみそには火が通っているので、みそに焦げ目が付くくらい焼けば完成です。

 

p6

甘じょっぱいみそが揚げたナスによく合います。

 

%e7%94%9f%e9%85%92image

日本酒はよく冷やした冷酒、期間限定の生貯蔵酒がオススメです。

 

酒屋さんイチオシの生貯蔵酒はコレ!
【日本酒はお好きですか?】おしえて、酒屋さーん【4】田村酒店

 

ナスのみそ田楽はちょっと手間かかりますが、手間をかけた分、味は最高です。冷酒と旬のナスとの組み合わせ、ぜひお試しください。

2021/06/05

ともに味わう(23)紫雲 大洋盛 生貯蔵×明太子ツナ

1

「ともに味わう」の23回目、地酒は大洋酒造の特約店限定酒「紫雲」の紫雲 大洋盛 生貯蔵(300㎖ 440円・税込)。ともに味わう一品は、簡単に作れて(…というより皿に盛り付けるだけ?)日本酒にピッタリの明太子ツナです。

 

2

用意するものは、お好きなツナ缶と明太子のみ。写真のようにツナ缶を皿に盛り付け、その上に明太子をのせるだけ。ツナの塩加減と明太子のウマ辛さ&つぶつぶ感が絶妙で日本酒によく合う。この一品で酒がグイグイ進みます。

 

3

紫雲 大洋盛 生貯蔵は、地元・村上ではリーズナブルで定番の一本。冷酒がおいしいこの季節にピッタリ! 香りがよく、まろやかで飲みやすいお酒です。季節限定・数量限定なので、この機会にぜひお試しください。

 

4

こちらは、宮尾酒造の〆張鶴 吟醸生貯蔵酒(300㎖ 594円・税込)。ことしデザインを一新し、グリーンボトルでラベルもより爽やかな印象に変わりました。紫雲 生貯蔵との飲み比べもオススメ、明太子ツナを肴にお楽しみください。

 

2021/05/10

ともに味わう(22)お城山 純米吟醸 生原酒×サバ缶アレンジ

1_880

「ともに味わう」22回目。今回の地酒は、宮尾酒造の新ブランド「お城山」第2弾、お城山 純米吟醸 生原酒(720㎖ 1,900円・税込)。ともに味わう一品は、旬の新玉ネギを使ったサバ缶と新玉ネギスライスのマヨネーズポン酢 ~カツオ節を添えて~です。

 

今回の一品、名前は長いのですが作り方はとてもシンプル。用意するものは、サバ缶(水煮)・新玉ネギ・マヨネーズ・ポン酢しょうゆ・カツオ節です。

2_880

はじめに、サバ缶の中身を皿に移します。

 

3_880

その上に、薄くスライスした新玉ネギをたっぷりのせます。
※辛みが気になる方は5~10分程度水にさらしてからお使いください

 

4_880

そこへマヨネーズとポン酢をかけて……

 

5_880

最後にカツオ節をのせて出来上がりです。

 

私はポン酢でサッパリ派ですが、しょうゆでもOKです。ピリ辛好きはキムチを加えてもGOOD! シャキシャキの玉ネギスライスにマヨネーズ&ポン酢だけでもおいしいのですが、サバ缶を加えることで日本酒との相性が抜群の一品になります。

 

 

6

お城山 純米吟醸 生原酒は、華やかな香りで口当たりは柔らかく、飲み口のよい酒です。日を追うごとに暖かくなる今の季節にピッタリ! サバ缶&新玉ネギとともにお楽しみください。

 

先頭に戻る