HOMEおすすめ特集むらかみやげ > 野澤食品工業・NOZAWA

むらかみやげ むらかみやげ

村上市で生まれ、全国・世界で愛されている逸品の数々。
作り手の情熱、商品に込められた想いなどとともに紹介します。
※価格等の情報は取材当時のものです

 

 

こちらもご覧ください!
もらってうれしい・贈って喜ばれる村上の定番土産といえばコレ!

 

%e9%ae%ad %e5%9c%b0%e9%85%92 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e8%8c%b6

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%9c%a8%e5%bd%ab%e5%a0%86%e6%9c%b1 %e7%be%bd%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%81%aa%e5%b8%83

 

村上市観光キャラクター「サケリン」グッズや観光PR商品・書籍等は こちら をご覧ください 

 

 

%e7%89%a9%e7%94%a3%e4%bc%9a%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
新潟県村上市の自慢の特産品を紹介しています

 

2019/03/28

野澤食品工業・NOZAWA

%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%82%86%e3%82%92%e4%bb%95%e8%be%bc%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e6%9c%a8%e6%a1%b6
この春に仕込んだばかりのしょうゆの木桶

 

日本海に面し、清流・荒川の河口に位置する、村上市塩谷。
かつては北前船の寄港地として栄え、経済や文化の交流地点でありました。

また、塩谷は「醸造のまち」としても知られています。
かつては、みそやしょうゆ、酒を手掛ける蔵が軒を連ねており
それが北前船に乗せられ、北海道へと運ばれていきました。

今回訪れた野澤食品工業も、かつては酒造業を営んでいたとのこと。
みそやしょうゆを造り始めたのは戦後からだそうです。

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3

写真は、野澤食品工業の店舗(みそ・しょうゆ蔵)兼主屋。
江戸時代後期(1850年頃)に建てられたものです。

%e5%ba%97%e3%81%ae%e5%89%8d%e3%81%ae%e7%9c%8b%e6%9d%bf

塩谷の代表的な町屋として
2016年8月に登録有形文化財(建造物)として登録されました。
※写真左のパネル

ちなみに、写真中央の【Z】*の札は焼印(やきいん)と呼ばれるもの。
ゲタ印とも呼ばれ、塩谷の家々の玄関先に掲げられています。
*野澤家の焼印はアルファベットのZのようですが、そうではなく、本来の呼び方は分からないそう
*現在は便宜上「ぜっと」と呼んでいるそうです

%e5%ae%b6%e5%8d%b0%e3%81%ae%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%94%e3%81%a6

寄り合いなどで人が集まった際、自分のゲタを見分けるために付けたそう。
野澤家にも、かつて使われていた焼きごてが残っています。

 

%e6%9c%a8%e6%a1%b6%e3%81%8c%e4%b8%a6%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e6%a7%98%e5%ad%90

野澤食品工業の店舗(みそ・しょうゆ蔵)。
人の背丈よりも大きい木桶の中では、しょうゆが発酵中です。

蔵の中は、みそ・しょうゆの香ばしい匂いでいっぱい。
建物も道具も長い年月を経てきたものばかりですが、みんな現役です。
建物内は見学可能なので、ぜひご覧いただきたいです。

 

%e9%87%8e%e6%be%a4%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%99%e3%81%91%e3%81%95%e3%82%93

野澤食品工業の三代目、野澤陽祐(ようすけ)さん。
父・道雄さんとともに昔ながらのみそ・しょうゆ造りを行っています。

そして、伝統の味を守る一方では新しい取り組みにも挑戦。
焙煎小麦と丸大豆を使い、長期間熟成させたしょうゆ。
酒米のこうじを用い、ワイン樽で寝かせたみそ。
歴史ある蔵の、これまで培ってきた知恵や技術といった経験と
ユニークな発想が融合して生まれた品々です。

これらの商品は、野澤食品工業の新ブランド「NOZAWA」で扱われます。
今回は、このNOZAWAの商品2点を取り上げます。

 

%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%a4

ふたなつ(300㎖ 864円・税込)

ふたなつとは、夏を二度越したという意味。
自家焙煎した小麦と丸大豆を使い、木桶で長期熟成させたしょうゆです。
長期間熟成させることで、小麦と丸大豆のそれぞれのうま味が一体となり
優しい、円(まろ)いしょうゆになります。

%e9%ba%b9%e5%ae%a4

炒った小麦と丸大豆を合わせ、室(むろ)でしょうゆこうじを育てます。
熱した砂で焙煎した小麦は、遠赤外線の効果で甘みと香りが引き出されます。

%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%a4%e4%b8%ad%e8%ba%ab

おいしいしょうゆは赤い、という言葉もありますが
ふたなつは、まさに鮮やかな赤色。

味・香りを存分に楽しめる
かけしょうゆとしてお使いください。

 

 

%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%b3

ワイン樽仕込み天然醸成味噌 ふたたび(750g 1,200円・税込)
※サイズ・価格は村上市限定

「以前からワインやウイスキーの樽でみそを仕込んでみたかった」と話す陽祐さん。
プラスチックの樽では菌が住み着かず、大きな木桶では品質管理が難しい    
そこで行きついたのがワイン樽でした。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%82%92%e4%bb%95%e8%be%bc%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%a8%bd

2017年春、友人のつてを頼って手に入れたワイン樽がこちら。
原料の大豆には、新潟県産大豆のアヤコガネを。
米こうじには、こうじ菌が育ちやすい酒米を使用しています。
左の樽はたかね錦、右は五百万石とそれぞれの米こうじで仕込んでいます。

酒米を使うことで、こうじの溶けがよくなり、口触りも滑らかに。
深いこくやうま味を感じた後に、ふっとワインの香りが広がる
一風変わったみそに仕上がっています。

 

 

最後に、野澤食品工業のロングセラーを紹介。

%e6%b5%85%e6%bc%ac%e3%81%91%e3%81%ae%e7%b4%a0

味噌だれ千価
味噌屋が造った浅漬けの素
(300㎖ 400円・税込)

生みそを使用した、みそ屋だからこそ作れた浅漬けの素。
野菜はもちろん、肉や魚の味付けにも使えます。
「豆腐にかけてもおいしい」とのこと。ぜひチャレンジを。

 

 

醸造のまち・塩谷で、実直なみそ・しょうゆ造りを続ける野澤食品工業。
そして、その伝統から軽やかに跳躍した商品を造り出す、新ブランドNOZAWA。
どちらも、村上・塩谷の味として喜ばれる逸品といえるでしょう。

 

 

 

%e9%87%8e%e6%be%a4%e5%a4%96%e8%a6%b3

野澤食品工業・NOZAWA
所在地 村上市塩谷1227
電話番号 0254-66-5507
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日曜日、祝日
ウェブサイト

 

先頭に戻る