HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

西奈彌神社

%e5%af%ba%e7%a4%be%e7%94%a8_%e8%a5%bf%e5%a5%88%e5%bd%8c%e7%a5%9e%e7%a4%be

 

この神社は『延喜式』神名帳(927年完成)に載っている。所謂(いわゆる)式内社であって、祭神は保食神(うけもちのかみ)で食物を司る神である。

 

伝承によると福井県敦賀市に鎮座する気比神宮と関係が深く、往時永く気比宮、或いは気比大明神といわれていた。明治になってから西奈彌神社と称し、現在に至る。

 

明治18(1885)年10月の火事で焼失し、同21(1888)年9月に再建されたが仮殿であり、大正9(1920)年6月に本殿を再建、平成3(1991)年7月に拝殿等再建した。

 

例大祭は9月4日で、神輿一基と屋台車5台が町内を巡行する。

 

senamijinja_dscf2578

 

 

西奈彌神社(せなみじんじゃ)
所在地 村上市瀬波浜町4-16

 

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
鹽竈神社2012/03/04
西奈彌神社2012/03/04
先頭に戻る