HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

久遠山 妙法寺

myouhouji_dscf2277

 

開基、天正四年(一五七六年)
久成院日扇(くじょういんにっせん)上人による。文化二年十一月(一八〇五年)に全堂(本堂・庫裡・山門・番神堂・三重塔)を焼失。殿様も火災見舞に来られたと記事にある。

 

表より裏から見た方が見事な山門や唐破風の本堂は、その後に建てられたもの。
この寺には堀丹後守の家臣 堀大膳の、さほど大きくない自然石の墓がある。

 

「春の立つしるしやかすむ雪の山」小谷松帰一師の句碑もある。また、宗祖日蓮聖人真筆の手紙断片(宗宝)が保管されている。

 

myouhouji_dscf2281

 

日蓮宗 新潟県村上市寺町5-3

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
鹽竈神社2012/03/04
西奈彌神社2012/03/04
先頭に戻る