HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

快楽山称名院(けらくしょうみょういん) 浄念寺

jounenji_dscf2290

 

開基、明応(めいおう)(一四九二年~一五〇一年)の頃、浄念法師。

 

開山、天正年間(一五七三年~一五九二年)、秀譽萬立(しゅうよばんりゅう)上人。

 

本尊、阿彌陀如来座像(丈六(じょうろく)佛)。この寺の本堂(一八一八年再建)は白壁土蔵造りで国指定文化財(平成三年三月三十一日指定)である。村上城主 本多家、榊原家、間部(まなべ)家(一六四四年~一七二〇年まで)の菩提寺で、間部越前守詮房(まなべえちぜんのかみあきふさ)侯の御霊屋(おたまや)がある。元禄二年、奥の細道の道中、松尾芭蕉と弟子の曽良が参詣している。(当時 泰叟寺(たいそうじ))

 

jounenji_dscf2292

 

浄土宗 新潟県村上市寺町3-13

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
先頭に戻る