HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

常光山(じょうこうさん) 法音寺(ほうおんじ)

houonji_dscf2305

 

宝永二年(一七○五)の記録では元和(げんな)元年(一六一五)阿闍梨宗海(あんじゃりしゅうかい)の開基によるとあり、本寺は羽州(山形県)湯殿山滝水寺とある。その後、延宝六年(一六七八)明海(みょうかい)上人により再建された。

 

明治十六年(一八八三)の記録では、同寺は高野山明王院(みょうおういん)の末寺とある。

 

本尊の不動明王は、日本三大不動尊の一つの菅谷(新発田市)の不動尊を分霊したものである。菅谷の不動尊はインドから中国、そして最澄(さいちょう)によってわが国に伝えられ、菅谷へは源頼朝の叔父護念上人によって伝えられたという。

 

houonji_dscf2304

 

%e6%9c%b1%e5%8d%b0%e6%89%bf%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99

 

この「朱印承ります」表示板が「由来案内板」に下げられているときは、朱印の求めに応じられるときです。
ただし、朱印帳にそのとき記入押印して提供するか、予め作成した用紙で提供するかは、その時々により異なります。

 

高野山真言宗(こうやさんしんごんしゅう) 新潟県村上市小町3-9

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
鹽竈神社2012/03/04
西奈彌神社2012/03/04
先頭に戻る