HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

真寳山 常福寺

joufukuji_dscf2380

 

創立天文9年(1540)、開山は保山祝恕(ほざんしゅくじょ)和尚。同和尚の師は長岡鷺巣(さぎす)村の定正(じょうしょう)院を創建した曇英(どんえい)和尚である。

 

城主 堀直竒が長岡から村上へ転封されるとともに、常福寺も従ってきた。二十四代住職 仙翁(せんのう)和尚の書写した大般若経(だいはんにゃきょう)六百巻が所蔵され、写経に用いた筆を納めた筆塚がある。

 

また、土方雄隆(ひじかたかつたか)の墓所でもあった。土方は陸奥(むつ)国窪田(現いわき市)一万八千石の小名。家中騒動により城地没収、主君の雄隆は村上の榊原勝乗(さかきばらかつのり)に預けられたが、元禄(げんろく)4年(1691)6月12日、村上で没した。

 

joufukuji_dscf2944

 

曹洞宗 新潟県村上市羽黒町4-1

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
先頭に戻る