HOMEおすすめ特集 > 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 寺社の由来 城下町村上 寺社の由来

城下町村上 歴史の息吹が甦る

2012/03/04

遠壽山 長法寺

choubouji_dscf2956

 

開基、文禄元年(一五九二)善住院日遥(ぜんじゅういんにちよう)上人による。元は猿沢(朝日地区)にあった寺と伝えられ、隣寺の経王寺の末寺と『村上寺社旧例記』にある。

 

本尊の釈迦如来は仏教の始祖で、多宝如来は法華経の真実義を証明するために地より湧出(ゆうしゅつ)した仏である。もう一躯(いっく)の鬼子母神は、子の養育を助け、法華経を弘める行者を守護する神という。

 

本堂に用いられている柱材などは天保(てんぽう)年間(一八三〇~四四)に村上城の居館を解体、再建したときに払い下げられたものを用いたと伝えられている。

 

choubouji_dscf1303

 

%e6%9c%b1%e5%8d%b0%e6%89%bf%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99

この「朱印承ります」表示板が「由来案内板」に下げられているときは、朱印の求めに応じられるときです。
ただし、朱印帳にそのとき記入押印して提供するか、予め作成した用紙で提供するかは、その時々により異なります。

 

日蓮宗 新潟県村上市寺町3-24

目次

はじめに2012/03/04
神明宮2012/03/04
先頭に戻る